本サイトのご案内

はじめまして。

未来@パニック障害を克服! です。


約15年間の闘病生活の末、パニック障害を克服しました!

こちらのブログでは、

闘病生活で役立った情報を紹介しています。



パニック障害・うつ・自律神経失調症の方には、首のこりに悩まされている方が非常に多いです。


世界で初めて自律神経失調症の治療法を確立した松井孝嘉医師は、

パニック障害・うつ・自律神経失調症と診断され、精神科・心療内科に長年通っても一向に治らなかった方たちが、

首のこりを解消することで、続々と回復している!とおっしゃっています。


他にも、

日本で整形外科の医師をしていた後渡米し、ガンステッド・カイロプラクティックを学んだ『「首の後ろを押す」と病気が治る』の著者・松久正医師も、

首を調整することにより、パニック障害・うつ・自律神経失調症を治療することができる!とおっしゃっています。


私自身、自分の闘病経験から、パニック障害・うつ・自律神経失調症と首は非常に関係があると思っています。



体調不良にお悩みの方は、ぜひ!一度お読み下さい。


1日30分、自宅で毎日できるパニック障害・うつ・自律神経失調症克服法


首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

3回にわたり、首こりを解消することで、精神科・心療内科の治療では長年治らなかったパニック障害・うつ・自律神経失調症・不定愁訴というさまざまな不調が改善されるお話をしました。

 

首こりは万病のもと【第1回】
パニック障害・うつ・自律神経失調症と首のこり【第2回】
ストレス時代を生き抜くための首こり解消法【第3回】

 

パニック障害・うつ・自律神経失調症で苦しんでいた私が、精神薬を止めてから病気を克服するまでにとても良かったと思うものに、整体があります。

 

 

Twitterや以前のアメブロでも何度か整体をおすすめしているのですが、

 

体の歪みを整え、神経や気の流れを正常に戻すことは健康を維持するために非常に重要だと痛感しました。

 

 

それまでは体の具合が悪いと、すぐに通常の病院(西洋医学の病院)に通って薬を服用していたのですが、 整体で体の歪みを整えることが健康に良いと気づいてからは、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服した後も、体に不調を感じると整体に通うようになりました。

 

 

ただ、1度の施術で体の歪みが解消されることは少なく、何度か続けて通わなくてはなりません。

 

たいてい私は、最初の3日間は毎日通い、次から1日おき、2日おき、3日おきと間を空けて、10回~12回位は通います。

 

整体は保険が適応されないので1回の施術に5000円近くかかり、私の場合でも1回の不調に、5万円~6万円は費用がかかってしまいます。

 

 

整体が、パニック障害やうつ・自律神経失調症はもちろん、健康を維持するのにとても良いということはわかっているので、どうしても高くなってしまう費用がどうにかならないか・・・と思っていたところ、 ある整体師の方のサイトを見つけました。

 

 

その整体師の方(金本博明先生)も、 ご自身がうつ・自律神経失調症の症状に悩まされた経験があり、薬は病気を根本的には治さないと気づいてから、 あらゆる流派の整体法を始め、鍼灸・マッサージ・漢方・心理療法・認知療法・森田療法・自律訓練療法・カウンセリング・心理分析・呼吸法・サプリメントなどなど、さまざまなことを試してみたそうです。

 

7年間の試行錯誤の結果、辿り着いた答え・・・、

 

 

それは、

 

 

 

 

・首がこると交感神経が刺激されるため、パニック障害が起こる。

 

・首がこると副交感神経の働きが低下し、自律神経失調症が起こる。

 

・首がこると脳への血流も悪くなるため脳内の神経伝達物質の働きが低下し、うつ病になる。

 

 

これが、2000人以上のパニック障害・うつ・自律神経失調症の方を改善に導いた金本整体師の持論だそうです。

 

 

30年以上首の研究を続け、自律神経失調症の治療法を世界で初めて完成させた『首こりは万病のもと』の著者である脳神経外科医・松井孝嘉医師が至った結論と同じです。

 

 

金本先生の元には、全国から患者さんが来院しているそうですが、もちろん通うことができない方もいます。

 

 

そうした方のために、金本整体師がパニック障害・うつ・自律神経失調症改善プログラムを開発してくれました。

 

 

全206ページのテキストとDVD、そして頸椎の歪みを調整する美骨枕を使って、美骨マッサージ・美骨ストレッチを行うことで、 頭痛・動悸・不眠・倦怠感などの不定愁訴から、パニック障害・うつ・自律神経失調症などの辛い症状までが治まり、 病気で苦しむ前の状態にまで戻ることができるそうです。

 

また、こちらのプログラムは再発予防にもなり、日々の健康維持に役立つそうです。

 

 

002

 

 

早速購入し、試してみたところ・・・・・・。

 

 

まず、テキストが素晴らしい!!!

 

美骨枕を使って首の歪みを解消してパニック障害・うつ・自律神経失調症を克服することを中心として、

パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服するためにやるべきさまざまなことが解説されており、

金本先生自身、病気を経験されているので、病気で苦しんでいる方の状態をとてもよく理解されていて、とても読みやすい構成となっています。

 

テキストにもこの美骨枕を使ったストレッチの方法が書いてあるのですが、わかりづらい方のためにDVDで解説してくれています。

 

毎日30分行うのは大変かもしれませんが、DVDを見ながら、真似して行えばそんなには苦ではないと思います。

 

 

とにかく、テキストが素晴らしく、

私の約8年間の闘病生活の間、このテキストに書かれているようなことをすべて教えてくれる医師はいませんでしたし、整体にもずいぶん通いましたが、説明してくれる方はいませんでした。

 

その後、自分でいろいろと勉強し、
パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服するにはやるべきことがたくさんあるということがわかりましたが、私が何十冊(いや、百冊を超えるかも?)という本を読んで、自分で勉強して辿り着いた答えと同じことが、このテキストにはすべて書かれています。

 

やはり、経験し、なおかつ克服した人は、同じ答えに辿り着くのだな~と思いました。

 

 

 

枕は医療器具ではないので、すべての方に必ず効果が出るとは限らないようですが、

テキストを読むだけでも十分価値があると私は思いました。

 

 

 

闘病生活を経て、私が感じたのは、

健康を維持するためには、これを飲めば良い!とかこれをやれば良い!ということではなく、

毎日、自宅で、自分で行うことが非常に重要!ということです。

 

 

体も心も、結局は自分で作っていくしかありません。

 

 

自分で自分の体と心をメンテナンスする。

そのお手伝いをしてくれるプログラムだと思いました。

 

 

私もこの美骨枕を使ってストレッチをし、首に疲れを溜めないようにしたいと思います。

長時間PCを使ったりスマホを見ていたりしても、首が凝りますよね。

現代にうつが多いのは、そうした時間が増えたことも原因かもしれませんね。

 

 

パニック障害・うつ病・自律神経失調症改善プログラム

 

 

 

パニック障害 ~不安との闘い~

パニック障害とは、以前は不安神経症と呼ばれていました。

 

名前の通り、パニック障害とは不安に取りつかれてしまった状態だと思います。

最初のきっかけであるパニック発作は、交感神経が過剰に緊張したことによって生じたかもしれませんが、

その後の予期不安(「また起きたらどうしよう・・・」)は、まさに不安の状態です。

 

 

最近では、パニック障害は心の病ではなく脳機能障害だという説もありますから、パニック発作を起こすのは心は関係ないのかもしれません。

 

 

ただ、その後の予期不安は明らかに心の作用ですよね。

 

 

パニック発作を抑制するには、SSRIなどお薬が効果があるかもしれませんが、

予期不安を抑制するには、認知行動療法が有効と言われています。

 

 

 

226097_206089172755089_6204525_n

 

 

 

電車に乗る→パニック発作が起こる→また起きたらどうしよう・・・→電車に乗る→パニック発作が起こる→また起きたらどうしよう・・・→

 

こうしたサイクルになってしまった心を、

 

電車に乗る→パニック発作が起こる→冷静に対処する→電車に乗る→パニック発作が起こる→冷静に対処する→

 

こうしたサイクルにすれば良いわけです。

 

 

 

パニック発作が起きないようにしよう!ということも大事ですが、人によっては、そこは難しい場合もあると思いますので、

「パニック発作が起こる」という前提で、パニック発作に冷静に対処できる自分になりましょう!

 

 

こうした私も、約8年くらい大きな発作はありませんが、

実際は、パニック発作が起こらないという状態になったわけではなく、パニック発作が起きても冷静に対処できるようになったということです。

そうしたら、「また起きたらどうしよう・・・」と不安を感じることが少なくなりましたから、

それと共に、私の場合はパニック発作が起きることがなくなりました。

 

 

パニック障害は、不安との闘いですね。

 

大丈夫! 闘っているのは、あなただけではありません。

 

 

 

 

 

 

パニック障害と低血糖

 

パニック障害と低血糖の関係について、最近注目しています。

 

 

というのも、うつなどの心の病の人は白砂糖は止めたほうが良いというのは以前から知っていましたが、

白砂糖について調べているうちに、低血糖の症状がパニック障害の症状と似ているような気がしたからです。

 

低血糖には、自律神経症状と中枢神経症状があるそうなのですが、

特に、自律神経症状の発汗・震え・不安・動悸・口唇乾燥などはパニック発作の時の症状にそっくりですし、これらは交感神経が活発になることによって起きると言われています。

(パニック発作は、交感神経が緊張することによって起こります)

 

 

では、なぜ低血糖が起きるかと言いますと・・・。

 

お菓子や炭酸飲料などを食べることにより、血液中の糖分濃度(血糖値)が下がるため体は常にエネルギー不足の状態に陥ってしまいます。この影響を最も受けるのが脳であり、脳は全身に指令を出している部位ですから、そこが正常に働くことができないと全身症状が現れます。

 

お菓子などに含まれる糖分は急激に血糖値を上げるため、危険を感じた体がすい臓からインスリンを分泌し血糖値を急激に下げて行きます。

 

ここまでは正常な体の働きなのですが、

あまりにそうしたことが続くと、すい臓の機能が低下し、必要な時ではないのにインスリンを分泌して血糖値を下げたり、大量のインスリンを分泌して血糖値を下げ過ぎてしまったりするそうです。

 

 

 

247136_214175648613108_3411304_n

 

 

 

 

うちの祖父は病院嫌いだったので診断はされていませんが、パニック障害に似た症状になる時があり、

突然、「苦しい!動悸が!・・・死にそうだ・・・」などと苦しみ始め、「ようかんを取ってくれ!」なんて言うことがありました。

本当に苦しそうで、いつも必ず「死ぬかもしれない!」みたいなことを言うのですが、甘い物をパクリと食べるとおさまるのです。

祖母や母は「仮病だ」なんて言っていましたが、確かにパニック発作と似ています。

 

ちなみに私は、パニック障害の時も今もですが、夜どうしても眠れない時は必ず甘い物を食べます。

いけないのはわかっていますが、アメをなめながら寝る時もあります。

そうすると、なぜか落ち着いて眠れるんです。

 

 

しかし、おそらく病院で検査をしても、低血糖という診断は出ないように思います。

西洋医学の診断には数値が使われますが、例えば80以下は確定だった場合、81だったらどうなるでしょうか。

数値としては異常なしであっても、本人にとって自覚症状があれば本人は辛いわけですから、何らかの改善策はとらなくてはなりません。

 

 

低血糖の治療をする必要はないと思いますが、発作が起きた時・発作が起きそうな時、甘い物を少し食べてみるという対策は試してみても良いかもしれません。

 

ただ、先ほども書きましたように、低血糖は甘い物の食べ過ぎでなる場合がありますから・・・、量には気をつけたほうが良いと思います。

 

 

 

 

 

 

パニック障害と自律神経失調症

 

パニック障害の方で、自律神経失調症を併発している方は多いのではないでしょうか。

 

 

私がパニック障害を発症したのは、19歳の時でしたが、
1番最初に「自律神経失調症かもしれません」と言われたのは、10歳の時でした。

当時、小学5年生だった私は、ある日給食の後に吐き気に襲われました。
トイレに行くのですが吐けず、保健室に行きましたが解決しない。
そのうち夕食の後も気持ちが悪くなるようになり、ご飯を食べることが怖くなってしまいました。
当時は、内科に行きました。
子供だったからか、胃カメラはやりませんでしたが、いろいろな検査をしても原因がわからず・・・。
女の子なので、「もしかしたら・・・」ということでエコーで妊娠の可能性まで調べたのですが、原因はわかりませんでした。

 

ただ、女の子の10歳といえば、月経の始まる時期です。
それが理由なのかはわかりませんが、9歳までは活発なスポーツ大好きな子どもだったのですが、突然大人しくスポーツの出来ない子どもになってしまいました。
また、それまでは色黒でクラスの黒んぼ大賞にも選ばれていたくらいだったのですが、突然色白になりました。

 

そうした明らかな変化があったので、
原因不明の体調不良も、もしかしたらホルモンの変化による症状かもしれない。と思い、「自律神経失調症かも・・・」という医師の言葉はあまり気に留めませんでした。
当時、「自律神経失調症」という言葉が、まだあまりメジャーではなかったということもあります。
また、生活にそれほど支障がなかったため、いつの間にか自分も親も忘れてしまいました。

 

この、「生活に支障がなかった」というのが、病気には決定的なマイナスとなります。

 

 

 

247001_214172958613377_6875158_n

 

 

 

どんな病気も、悪化すること・慢性化すること・重症化することが1番厄介であり、1番避けたい状態です。

 

結局私が初めて心療内科に行ったのは、パニック障害が悪化し、もう家から出られない・・・という状態になってから。
要は、生活に支障が出るようになってからですから、いかに人間が問題を先送りにしてしまうかということがわかります。

 

と言いましても、病院で自律神経の検査をしても異常が出たことは私はありません。
ですので、完璧な自律神経失調症なのではなく、自律神経失調症ぎみということだと思います。 未病と言ってもよいかもしれません。

ただ、自律神経失調症というのは非常に厄介でして、 ある意味では生活習慣病のような面がありますから、手術や薬で治るものではありません。

 

 
交感神経と副交感神経のバランスを乱さないようにする。
パニック障害の方は、交感神経が優位になりやすい方が多いと言われています。
ですので、意識して、副交感神経を優位にする。
ぬるめのお風呂に入ったり、気持ちが良いマッサージを受けたり、呼吸法などもあります。

 

 

●こちらの爪もみ療法も、自律神経を整えるのには効果的でしょう。

 

奇跡が起こる爪もみ療法

 

 

 

パニック障害の死ぬかもしれない!という恐怖

パニック障害で、1番厄介なのは、死ぬかもしれない!という恐怖だと思います。

吐き気・めまい・動悸など、急激に体を襲う症状ももちろん辛いですが、
それらは比較的我慢ができるというか、自分で冷静になだめることも可能だと思うのですが、
「死ぬかもしれない!」という恐怖に襲われた時は、完全に、自分を見失ってしまいます。

とにかく、怖いですよね。

 

パニック発作が生じるのは、交感神経が過剰に緊張して脳が誤作動して発動してしまっている。
ということは頭では理解できますが、実際にその状況になったら、どんな人でも相当な恐怖だと思います。

 

体に異常がなくパニック障害だと診断されている方なら、「実際に死ぬことはない」と言われていますが、

やはり、頭では理解できても、感情としては恐怖だと思います。

 

 

216253_202604223103584_2438493_n

 

 

「死ぬかもしれない!」という恐怖は、人間が持っている1番根源的な恐怖ですよね。

すべての人が、心の奥底には「死」への恐怖を持っています。

本来なら心の奥底に沈めてある「死」への恐怖が、心の表面に出てきてしまい、なおかつそれに捉われてしまうことを、「神経症」というそうですが、

パニック障害が、以前は「不安神経症」と呼ばれていたことを考えると納得することができます。

 

 

まずは、パニック発作を怖れる自分を責めないで下さい。

あれだけの発作を経験すれば、誰だって、怖い・・・と思ってしまうはずです。

また起きたらどうしよう・・・と思い、同じ場面に行くことを尻込みしてしまう。予期不安が起きてしまうのも、当たり前だと思います。

電車に乗れない自分・人込みに行けない自分・閉鎖空間にいられない自分。
そんな自分を責める必要はありません。

あなたが弱いわけではありません。

 

 

そうは言っても、自分を責めちゃうのがパニック障害の方なんですけどね。

自分を責める必要はありません。

 

 

 

 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ