本サイトのご案内

はじめまして。

未来@パニック障害を克服! です。


約15年間の闘病生活の末、パニック障害を克服しました!

こちらのブログでは、

闘病生活で役立った情報を紹介しています。



パニック障害・うつ・自律神経失調症の方には、首のこりに悩まされている方が非常に多いです。


世界で初めて自律神経失調症の治療法を確立した松井孝嘉医師は、

パニック障害・うつ・自律神経失調症と診断され、精神科・心療内科に長年通っても一向に治らなかった方たちが、

首のこりを解消することで、続々と回復している!とおっしゃっています。


他にも、

日本で整形外科の医師をしていた後渡米し、ガンステッド・カイロプラクティックを学んだ『「首の後ろを押す」と病気が治る』の著者・松久正医師も、

首を調整することにより、パニック障害・うつ・自律神経失調症を治療することができる!とおっしゃっています。


私自身、自分の闘病経験から、パニック障害・うつ・自律神経失調症と首は非常に関係があると思っています。



体調不良にお悩みの方は、ぜひ!一度お読み下さい。


1日30分、自宅で毎日できるパニック障害・うつ・自律神経失調症克服法


ヒステリー球の治し方

パニック障害や自律神経失調症の方には喉に何かつまっている感じ・喉に何かがひっかかっている感じ・喉に塊りがある感じという症状がある方が多いのではないでしょうか。

 

これは、咽喉頭食道異常感症といってヒステリー球と呼ばれています。

 

一般的には女性に多いとされていますが、原因の精神的要因として不安と緊張が挙げられますからパニック障害の方に多いのも納得です。

 

 

私もこのヒステリー球の症状が10年近く続き、パニック発作が起こらなくなっても喉に何か詰まっているという感覚が続きました。

 

私はそれを、24時間365日の吐き気と表現していたのですが、実際はまったく吐けないんですよね。

 

でも、何か詰まっている感じがするので、窒息死したらどうしよう・・・とかご飯を食べて逆流してきて詰まってしまったらどうしよう・・・と不安ばかりがつのり、ご飯が食べられなくなってしまった時期もありました。

 

嘔吐恐怖も同時にあったので、喉に何かが詰まっている感覚は本当に辛かったです。

 

 

 

226974_208721872491819_569368_n

 

 

 

 

このヒステリー球は東洋医学では梅核気と言い、うつ病や神経症・ヒステリーで表れる典型的な症状だそうです。

 

気が滞ると生じると考えられていて、半夏厚朴湯というシソの葉と生姜を中心とした漢方薬が非常によく効くと考えられているそうです。

 

 

シソの葉と生姜は気を開く・気の滞りを良くすると2000年も前からうつと神経症の妙薬だそうで、私は処方されたことはありませんが、半夏厚朴湯を処方されているヒステリー球の方は多いようです。

 

 

また、
ヒステリー球というと喉の問題のような感じがしますが、実は、首の問題かもしれません!

 

喉と首は、密接に関係していると言いますか、ほとんど同じですよね。

 

首のこりを解消することで、ヒステリー球(喉の違和感)が解消された!という事例もあります。

 

 

首のこりを解消することで、さまざまな不調が解消されています。

 

首のこりに関する記事は、こちらからすべて読むことが出来ますので、ぜひ!一度、お読み下さい。

 

首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

 

 

 

本気で病気と向き合いましょう!

「闘病」というと、字のごとく、病気と闘うような気がしますが、

結局は、自分との闘いだったと思います。
 

病気になった人が弱いとか、そういうことを言うつもりはまったくありませんが、

闘病というのは、弱い自分との闘いかな?と思ったりします。
 
 

病気になった最初の頃は、

病気になったら、病院に行く。

病気になったら、薬を飲む。

病気はお医者さんが治してくれる。

これが、当たり前だと思っていましたから、

私がやるべきことは、腕の良い医者を探すことだと思っていました。
 

でも、それは、違うんですよね。

 

お医者さんや薬の力を借りながら、

自分で自分の病気と闘っていく。
 

それが、闘病です。

 

それに気づくことができれば、治るのは早いと思います。

 
 
227398_206090296088310_480559_n

 
 

私の読者の方は若い方が多いので、まだ数年の闘病生活だと思いますが、

本気で闘病して下さい。
 

本気で病気と向き合えば、

必ず、何か見えてくると思います。
 

そうやって、少しずつ何かを掴んでいけば、

パニック発作は怖くなくなってきますし、

予期不安も少なくなって、

いつのまにか、パニック発作のことを忘れてしまうでしょう。
 
 

1日5分でもかまいません。

本気で病気と向き合いましょう。
 
 

テレビや雑誌に出演中の精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

テレビや雑誌にも登場する精神科医の方が開発した『パニック障害改善プログラム』があると聞き、

早速、取り寄せてみました。

 

精神科の医師が書いた本は結構ありますが、

大抵が、「精神科に行って処方された薬を用法通り服用すれば治ります」

といった感じの話ですので、

精神科の医師が、こうしたプログラムを開発してくれるのは有り難いですよね。

 

 

全247ページのテキストです。

 

 

パニック障害とはどんな病気か?から始まって、

精神科の医師らしく、投薬についてもとてもわかりやすく書かれています。

 

また、日本ではあまり知られていないのですが、
アメリカでパニック障害の短期改善報告がたくさん出ているという療法

紹介されています。

 

本田医師は、この療法を日本のパニック障害の方々に紹介したいようで、

かなり詳しく、自分で家で行えるようわかりやすく説明してくれているのですが、

パニック障害の方にとっては、とても興味深い療法です。

 

 

また、一つの療法に頼ることは、非常に危険ともおっしゃっています。

 

これは、約15年の闘病生活を経て、私がたどりついた答えでもあります。

 

 

同じパニック障害と言っても、

人それぞれ症状が違いますし、原因や環境も違います。

 

よく、「パニック障害にはパキシルが効く」と言われますが、

それならパキシルを処方された方は、みんなとっくに治っているはずです。

もちろん、パキシルがよく効いて、簡単に治った方もいるとも思いますが、

なかなか良くならないから、みなさん悩んでいるのですよね。

 

 

このテキストの中では、

パニック障害を克服するための、10個以上の療法が紹介されています。

 

自分の症状に合ったものから、少しずつ試していくことが出来ますね。

 
 

もちろん本田医師は精神科医なので、

薬についてもかなり詳しい話が、わかりやすく書かれています。

 

また、パニック障害の方のなかには、

病気を周りの人から理解してもらえなかったり、

周りの人との関係に悩んでいる方もたくさんいるのですが、

そうした周りの方との付き合い方なども書かれています。

 

 

パニック障害とはどういう病気か? ということから、

治療について、薬について、

そして、10個以上の自分でできるパニック障害克服法が、

このテキストには書かれています。

 

私がパニック障害に苦しんでいた10年前に、このテキストがあったのなら、

即、購入していたと思いますし、

このテキストがあれば、15年も苦しむことはなかったのではないか?と

すごく悔しいです。

 

あの頃、このテキストに出会っていれば・・・・・・。

 

 

 

パニック障害は、薬だけ飲んでいれば治るというものではありません。

 

カウンセラーに話を聞いてもらえば治るわけでもありません。

 

パニック障害を克服するためには、自分でやるべきことがたくさんあって、

そのやるべきことを、

一つ一つ、丁寧に説明してくれているテキストです。

 

 

このテキストを読んで、

パニック障害への理解を深め、

一つずつ、少しずつ試してみて、

ゆっくりと、確実に、回復への道を歩いていきましょう!!!

 
 

おすすめです。

 


テレビや雑誌に出演中の精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

 

 

 

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。

 

2015年も、よろしくお願い致します。

 

 

お待たせしました!!!

 

ついに、
新メルマガ『誰も教えてくれない!パニック障害との闘い方』が完成しました!

 

今回のメルマガは、

約15年におよぶ闘病生活の中で得た知識・情報・経験などの集大成。

 

かなりの自信作となっております。

 

近日中に発表しますので、

ぜひ!ご登録ください!!!

 

本当におすすめです。

 

 

 

また、新たに、

パニック障害の素晴らしい克服プログラムを発見しました!

 

こちらも近日中に公開します。

 

 

 

今年は、新しい企画も行いたいと思っていますので、

楽しみにしていて下さい。

 

本年も、よろしくお願い致します。

 

 

 

パニック障害の人が食べてはいけないモノ。

パニック障害の人が食べてはいけないモノは何でしょう?

 

「食べてはいけない」は言いすぎですが、食べないほうが良いものとは??
 

ズバリ! コーヒーです。

 
 

私も闘病当初、まったく知らなかったのですが、ふとしたきっかけで知り驚きました。
 

というのも、私は大のコーヒー好きで、

ひどい頃は1日13杯~15杯くらい飲んだりしていましたし、

落ち着いてからも、1日2杯(朝・夜)は必ず飲んでいました。
 

長期的に飲むのが悪いというわけではなくて、

コーヒーを飲んだ後にパニック発作が起きやすいということだそうです。
 

その情報を知ってからも、怠惰な私は毎日飲んでいたのですが、

ある日、外出先で、バスの時間を待つ間に、喫茶店でアイスコーヒーを飲んだところ、

バスが到着する少し前くらいから、ヤバイ!久々の発作が・・・という状況になったことがあります。

 

それ以来、

やっぱりコーヒーは止めよう!と思い、止めています。
 

 

009

 
 

この話をTwitterでしたところ、

初めてのパニック発作が、コーヒーを飲んだ直後だった!

という人が何人かいました。
 

また、

大のコーヒー好きです。コーヒーは止められない!

という人も何人かいました。

 

中には、

「え!? コーヒーってダメなんですか?」

という人もいましたが、

パニック障害 コーヒー で検索すると、いろいろと情報が得られます。

 
 

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、

コーヒーというか、カフェインですね。

1杯分に含まれるカフェイン量が紅茶やお茶よりコーヒーが多いので、注意が必要なのだそうです。
 

コーヒーが癒しだという方もいらっしゃると思うので・・・、

そういう方は、

外出先では控えるとか、パニック発作が起きると困る日は飲まないなど、工夫してみると良いでしょう。

 

 

1 / 2512345...1020...最後 »
 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ