本サイトのご案内

はじめまして。

未来@パニック障害を克服! です。


約15年間の闘病生活の末、パニック障害を克服しました!

こちらのブログでは、

闘病生活で役立った情報を紹介しています。



パニック障害・うつ・自律神経失調症の方には、首のこりに悩まされている方が非常に多いです。


世界で初めて自律神経失調症の治療法を確立した松井孝嘉医師は、

パニック障害・うつ・自律神経失調症と診断され、精神科・心療内科に長年通っても一向に治らなかった方たちが、

首のこりを解消することで、続々と回復している!とおっしゃっています。


他にも、

日本で整形外科の医師をしていた後渡米し、ガンステッド・カイロプラクティックを学んだ『「首の後ろを押す」と病気が治る』の著者・松久正医師も、

首を調整することにより、パニック障害・うつ・自律神経失調症を治療することができる!とおっしゃっています。


私自身、自分の闘病経験から、パニック障害・うつ・自律神経失調症と首は非常に関係があると思っています。



体調不良にお悩みの方は、ぜひ!一度お読み下さい。


1日30分、自宅で毎日できるパニック障害・うつ・自律神経失調症克服法


うつと首凝りの関係。

先日テレビ番組に、かみ合わせの専門家の方が出演されていました。

歯のかみ合わせですが、さまざまな心身の不調と関係があるようです。

今回は、その中から、精神面の不調についてお話したいと思います。

 

まず、かみ合わせというのは歯のことですが、

上下のかみ合わせがずれてしまうと、さまざまな問題が出てきます。

肩が凝ったり、首が凝ったり、偏頭痛がしたり・・・。

その中でも注目したのは、首の凝りですが、

かみ合わせが悪いと、首が凝るそうです。

そして、うつや不眠になるそうです。

 

メカニズムを説明しますと、

上下の歯がずれてしまったのを、首がバランスをとろうとします。

すると、首の筋肉が緊張し収縮します。

首にはもちろん血管が通っていますから、

首の筋肉が収縮することによって、

脳への血流が悪くなってしまいます。

脳への血流が悪くなるのですから、

脳は正常に働くことが難しくなります。

それにより、うつなどの精神症状が出てしまうそうです。

 

うつは、セロトニンが不足しているというのはよく聞きますが、

そのセロトニンの材料となるのはトリプトファンという物質です。

首が凝り、首の筋肉が緊張し、血管を圧迫し血流が悪くなると、

セロトニンの材料であるトリプトファンも、

血液中をスムーズに流れることができなくなってしまいますから、

うつや不眠の症状が出るそうです。

 

 

227398_206090296088310_480559_n

 

 

私が見たテレビ番組は、短い時間でしたが、

非常に納得のいく内容で、

やはり、首の凝りとうつには関係があるのだ!と再確認しました。

 

現代人は、PCやらスマホやら、

首を硬直させたままの姿勢をとることが多いですから、

首を柔らかく保つことはとても大事だと言えるでしょう!

 

 

首凝りを解消することで、

パニック障害・うつ・自律神経失調症が改善することを発見した

金本整体師のお話は、

 

こちら⇒首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法

 

 

 

うつと冷えの関係

パニック障害になったばかりの頃は、「冷え」についてなんて、まったく考えなかったのですが、

薬を飲んでいても良くならないということに気づいてから、

健康になるための方法をたくさん勉強しました。

その中でも、「冷え」は、すごく重要な項目に思います。

 

冷えは万病の元

などと言って、女性は特に、「体を冷やしちゃいけない!」なんて言われたことがあるかもしれません。

 

冷え取り療法で有名な石原結寛先生という方は、うつも冷えが原因だ!とおっしゃっています。

 

確かに、

寒い時と暑い時期、どちらがうつっぽいか?と言ったら、寒い時期に思いますよね。

実際、北欧の日照時間の少ない地域はうつ病が多いと言われますし、

冬は、うつっぽい人が多いとも言われます。

 

また、

体温が下がると、人間は免疫力が下がるそうで、

風邪などをひきやすくなりますし、いろいろな不調が表れてきます。

 

 

226097_206089172755089_6204525_n

 

イメージですが、

寒い環境の中にいる時よりも、

ポカポカとした暖かな場所にいるほうが、

心もポカポカとしてきますよね。

南国に陽気な人が多いのも、それが理由かもしれません。

 

私は、闘病から得られた知恵として、

「入浴」を強くおすすめしますが、

それも、

血行を良くしたり、毒素を排出したりという理由もありますが、

1日に1度、体を温めるのは、パニック障害やうつ、自律神経失調症など、心の病にも有効だと思います。

 

パニック障害は、交感神経が優位になることで生じます。

 

交感神経が優位になるとは、

簡単に言ってしまえば、体がギューっと固くなるということです。

1日の終わりに、しっかりと湯船につかって入浴することで、

交感神経の逆、副交感神経(リラックスする神経です)を優位にして、

そのまま寝ることができれば、

日中のストレスも、少しは解消することができるでしょう!

 

冷え取りには、入浴以外にも日光浴や靴下、食事法など、いろいろと方法があります。

またの機会に、お話したいと思います。

 

【緊急】重要なお知らせ【メルマガ】

年末より準備しておりました新しいメルマガが、

 

本日・18時創刊!

 

となります。

 

 

たくさんの方にご登録頂き、ありがとうございます。

 

準備にお時間がかかりまして、本当に申し訳ありません。

 

 

最新情報・ブログではお話できない話などは、メルマガで配信します。

 

毎週月曜日発行です。

 

 

ご登録は→『パニック障害を克服して、健康と幸せを手に入れる方法』

 

 

バックナンバーは非公開ですので、

登録がまだお済みでない方は、お急ぎ下さい。

 

 

知らないでは済まされないクスリの話。

精神科や心療内科、メンタルクリニックに関して、わかりやすい動画を見つけました。

 

 

私は精神医療について、ここまで否定的ではありませんが、

多方面から考えることは重要でしょう。

 

 

 

 

【重要なお知らせ】

先月末お知らせしました、新しいメルマガですが、

こちらの手違いにより、まだ準備が出来ておりませんでした。

 

昨年12月25日~今年1月7日までの間に、

メルマガにご登録された方

(新しいメルマガに登録して下さった方、全員です)は、

もう一度、下記より、ご登録下さい!!!

 

お手数をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

 

 

・ご登録→【メルマガ】パニック障害を克服して、健康と幸せを手に入れる方法

 

 

3 / 2512345...1020...最後 »
 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ