本サイトのご案内

はじめまして。

未来@パニック障害を克服! です。


約15年間の闘病生活の末、パニック障害を克服しました!

こちらのブログでは、

闘病生活で役立った情報を紹介しています。



パニック障害・うつ・自律神経失調症の方には、首のこりに悩まされている方が非常に多いです。


世界で初めて自律神経失調症の治療法を確立した松井孝嘉医師は、

パニック障害・うつ・自律神経失調症と診断され、精神科・心療内科に長年通っても一向に治らなかった方たちが、

首のこりを解消することで、続々と回復している!とおっしゃっています。


他にも、

日本で整形外科の医師をしていた後渡米し、ガンステッド・カイロプラクティックを学んだ『「首の後ろを押す」と病気が治る』の著者・松久正医師も、

首を調整することにより、パニック障害・うつ・自律神経失調症を治療することができる!とおっしゃっています。


私自身、自分の闘病経験から、パニック障害・うつ・自律神経失調症と首は非常に関係があると思っています。



体調不良にお悩みの方は、ぜひ!一度お読み下さい。


1日30分、自宅で毎日できるパニック障害・うつ・自律神経失調症克服法


ありのままを受け止めてくれる人を見つける。

心の病の人のことを、甘えてる!とか弱い!とか言う人がいますが、

私はどうしても、そうは思えません。

 

確かに、一部にはただ甘えているだけの人もいるとは思いますが、

基本的には、みなさん、頑張りすぎて疲れ果ててしまった・・・。

そんな方が多いように思います。

 

 

そもそも、

日本社会は、肉体的に頑張っている人への評価が高いように思います。

 

「汗水垂らして…」という言葉がありますが、

体を使って汗水垂らしている人に対しては、「頑張ってるね」などと声をかけるのですが、

心を使っている人に対しては、何も言いません。

 

心を使うというのは、気を遣ったり、気を配ったりしている人だと思うのですが、

もちろん、そうした人が評価される場合もありますが、

都合の良い人として、利用されて終わる場合もあります。

 

そして、そうした優しい人が、我慢に我慢を重ね、疲れ果てて、心が病んでしまったのだと私は思います。

 

218106_203525503011456_301666_n

 

 

そうした人は、子供の頃から、

自分の意志を抑え込んで、周りの顔色をうかがって生きてきたタイプの方が多いように思います。

 

 

要は、

自分よりも、周りに気を遣ってきたら、

自分の中の「気」が枯渇してしまった。

 

そんな感じだと思います。

 

 

まずは、自分の中に気(エネルギー)を溜めることです。

 

そのためには、とりあえず、寝ることをおすすめします。

 

 

まずは寝て、最低限のエネルギーを確保したら、

次は、ありのままを受け止めてくれる人を見つけましょう!

 

ありのままを受け止めてくれる人とは、否定したり説教したりしてこない人です。

 

 

否定されたり、説教されたりすることも大切ですが、

心が病んでいる時は無用です。

 

 

だいぶ回復してきて、最後の一歩に叱咤激励してもらうことは重要ですが、

心が疲れ果てている時に、叱咤激励は必要ありません。

 

 

足が骨折している時に、

「立ち上がれ!走れ! そんなんでどうする!甘えだ!」

なんて言う人のそばにずっといたら、疲れてしまいます。

 

 

厳しいことを言ってくれる人も、時には必要です。

 

ただ、

今は、その時では、ありません。

 

 

 

真面目なあなたのことですから、

甘えているのではないか? 迷惑をかけているのではないか?

そんなことを考えてしまうかもしれません。

 

 

いいんです!

 

とにかく、今は、心を休めましょう。

 

 

元気になれば、いくらでも、自分にムチを打つことができます。

 

 

それまでは、どうか、自分を大切に・・・。

 

 

 

 

 

パニック発作と季節差。

今年の夏、突然めまいが起きて、急いで病院に行きました。

 

結局、耳からくるめまいとのことだったのですが、

「暑いと重くなる場合がある」

と、医師に言われました。

 

 

パニック障害にも、季節差があるかもしれません。

パニック発作が起こりやすい時期とそうでもない時期。

 

 

私はどちらかというと、冬がダメでした。

冬の電車の暖房は、本当に苦手でした。

今思い出しても、冬に倒れた記憶はたくさんありますが、

夏は意外とありません。

 

 

うつは春に重くなったり、

5月はうつっぽくなる人が多かったり、

日照時間が短い冬もうつっぽくなるなどと言いますよね。

 

パニック障害については、とりたててそうした話は聞きませんね。

 

 

個人差もあると思いますので、

自分のパニック発作はどんな時に起きやすいのだろう?

と分析してみると良いかもしれません。

 

悪い時期がわかってしまうと、予期不安が大きくなってしまう・・・。

という方もいるとは思うのですが、

 

パニック発作を乗り越えるには、

自分のパニック発作を分析するしかないと思います。

 

 

電車や歯医者、美容院など、

場所についての分析はたくさんあると思いますので、

季節についても、ぜひ、分析してみましょう!

 

 

 

パニック障害と一生懸命

自分で言うのもヘンですが・・・。

よく、こんなにブログに書くことがあるなぁ~と、自分で少し感心します(笑)

 

 

でも、よくよく考えると、それだけ一生懸命パニック障害と闘ってきたんですよね。

というか、結果的に一生懸命になってしまったわけです。

 

 

一生懸命を辞書で引くと、「命がけで事に当たること」と書いてあります。

 

 

そもそも、パニック発作が死ぬかもしれない!という恐怖と闘うわけですから、

結果として、命がけでパニック発作と闘うことになるわけです。

 

 

怖いですよね!

めちゃくちゃ怖いですよね!

 

 

私は闘病中、誰も理解してくれませんでしたが、

本当に怖かったです。

 

 

216000_201627499867923_2086102_n

 

 

パニック発作というのは、脳の伝達物質が誤作動して、さまざまな症状を起こします。

 

動悸やめまい、吐き気など、身体面の症状もありますが、死ぬかもしれない!という精神的な症状がありますよね。

 

この「死ぬかもしれない!」という状況は、

本当に怖いと思います。

 

 

だって、

死ぬかもしれない! んですよ???

 

 

 

私は重症の時は、家から出ることができませんでした。

 

パニック発作が怖いというのもありますが、

「死ぬかもしれない!」という恐怖と闘うのに疲れ果ててしまっていたというかんじもします。

 

周りが理解してくれないことにも疲れていたかもしれません。

 

 

パニック障害や病気で、家でゆっくりしていたり、ゴロゴロしていると、怠けているように感じるとは思いますが、
一生懸命、パニック発作と闘っているのだと思います。

 

一生懸命取り組んだことというのは、

いつか必ず、結果が出るものだと私は思います。

 

 

少しずつ、ゆっくりと、です。

 

 

パニック障害が治らない理由。

パニック障害の方は、長期間闘病している方が多いのではないでしょうか。

 

私も19歳での初めての発作から、病院に通い薬を服用するまで、約4年。

病院に通い、薬を服用していた期間が、約4年。

薬を飲んでいても治らない!と気づき、自分で勉強をしていたのが、約4年。

 

その後も、5年間くらい予期不安はありました。

 

発作はほとんどなくなって、予期不安もなく普通に外出できるようになってからも、

電車に乗って、ぼぉ~っと外を見ていたら、

突然、パニック発作を思い出し、発作が起きそうになったこともあります。

 

克服した後、一度だけ行った心療内科でその話をしたところ、

「脳が覚えているからね」

と医師に言われました。

 

 

208267_202415736455766_4025703_n

 

 

パニック障害が長引いてしまう理由の一つに、

「予期不安」

があると思います。

 

突然パニック発作に襲われたことにより、

同じ状況、同じような状況の場面に遭遇すると、

「また、あの発作が起きたらどうしよう・・・」
「また、あの発作が起きるのでは???」

ひどくなると、

「また、あの発作が起きるかもしれまいから、あそこに行くのはやめよう!」

となってしまいます。

 

電車やバス、エレベーター、人ごみ、歯医者・・・。

いろんな場面に行くことができなくなって、家にひきこもるようになってしまいます。

 

 

 

パニック障害の克服とは、

パニック発作が起きないようにするのはもちろんですが、

予期不安に打ち勝つ!ということがとても重要ではないでしょうか。

 

そのためには、「認知行動療法」というものがあります。

こちらについては、後日、連載としてサイトにアップしたいと思います。

 

 

一番簡単な予期不安に打ち勝つ方法は、小指のマッサージです。

 

小指の爪より3ミリ下をマッサージします。

副交感神経が刺激されますので、交感神経の暴走であるパニック発作を抑えることが出来ます。

 

 

 

 

【お知らせ】祝☆メルマガ読者 100人突破!

お蔭さまで、

メルマガ読者が、100人を突破しました!

 

(ありがとうございます!)

 

 

出産後は、配信が不定期になってしまっていますが、

今は、どうにか、月曜配信の週1ペースで配信しています。

 

 

こちらのサイトの更新は、まだまだ不定期が続くと思いますので、

新しい記事を読みたい!という方は、ぜひ、メルマガにご登録下さい。

 

 

 

 

また、

メルマガ読者100人突破!を記念しまして、

アメブロ時代の記事をまとめた無料レポートを作成したいと思います。

 

詳細は、またこちらのサイトで紹介します。

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ