本サイトのご案内

はじめまして。

未来@パニック障害を克服! です。


約15年間の闘病生活の末、パニック障害を克服しました!

こちらのブログでは、

闘病生活で役立った情報を紹介しています。



パニック障害・うつ・自律神経失調症の方には、首のこりに悩まされている方が非常に多いです。


世界で初めて自律神経失調症の治療法を確立した松井孝嘉医師は、

パニック障害・うつ・自律神経失調症と診断され、精神科・心療内科に長年通っても一向に治らなかった方たちが、

首のこりを解消することで、続々と回復している!とおっしゃっています。


他にも、

日本で整形外科の医師をしていた後渡米し、ガンステッド・カイロプラクティックを学んだ『「首の後ろを押す」と病気が治る』の著者・松久正医師も、

首を調整することにより、パニック障害・うつ・自律神経失調症を治療することができる!とおっしゃっています。


私自身、自分の闘病経験から、パニック障害・うつ・自律神経失調症と首は非常に関係があると思っています。



体調不良にお悩みの方は、ぜひ!一度お読み下さい。


1日30分、自宅で毎日できるパニック障害・うつ・自律神経失調症克服法


パニック障害と覚醒。

読者様からのメールです。

 

>パニックからの回復は「覚醒・アセンション」というように思うんです。

>パニックから回復された方の多くは、

>覚醒したかのように才能を発揮していく方も多いように思います。
とのことです。

 

 

 
覚醒・アセンションの正確な意味がわからなかったので、ちょっと調べてみました。

 

覚醒の基本的な意味は、目を覚ますこと・目が覚めること・迷いからさめ、過ちに気づくこと。

地道な努力や鍛錬の積み重ねによってではなく、何らかのきっかけによって突発的に潜在能力が引き出される現象。

のことを言うそうで、

きっかけは、強い恐怖や怒り、悲しみ、愛などの感情の変化・自身にはどうすることもできない危機的状況に直面・トラウマを克服する・瀕死状態。

などだそうです。

 

アセンションというのは、スピリチュアル用語ですかね。

(一応、軽く意味は知っていますが、今回は説明は省きます。)

 
 

208267_202415736455766_4025703_n

 
 

 
私は常々、パニック障害を克服したら最強になる!と言っていますが、

それは、そういうことかもしれません。

 

パニック障害で、皆さんが1番怖いのは「死ぬかもしれない!という恐怖」だと思います。

 

確かに、めまいがしたり吐き気がしたりするのも不快ですが、怖いわけではありませんよね。
怖い!不安だ!という感情が湧いてくるのは、

やはり、「死ぬかもしれない!」という発想があるからです。

 

 

考えてみて下さい。
(実際、死ぬかどうかは関係ありません。)

 

死ぬかもしれない!という状況になるというのは、ものすごい恐怖です。
例えば、火事とか事故とか、私も何度かヒヤリとした経験はありますが、

あれと同じ状況が、何度も何度も突然襲ってくるわけです。

 

これは、かなりの恐怖です。

 

 

人間にとって、「死」というものほど怖いものはありません。
おそらく、不安や恐怖といったマイナスの感情は、

そもそもは「死」というものから発生しているのだと思います。

 

例えば、どうしてライオンが怖いのでしょう。

吠えるから。追いかけてくるから。咬むから。

突き詰めていけば、咬まれて死ぬかもしれないから。ですよね。

 

そうしたことを日常的に、それも何年間も経験していれば、

克服した時には、相当強くなっていてもおかしくはありません。

 

上記の覚醒のきっかけで、

強い恐怖・自身にはどうすることもできない危機的状況に直面・トラウマを克服する・瀕死状態。

とありましたが、

まさに、パニック発作なんですよね。

 

トラウマを克服する。というのが、

パニック発作を克服する。予期不安を克服する。と同じだと思います。

 

 

「死」の恐怖から逃げずに対峙して、それを克服できたのなら、

それは、覚醒したような状態になってもまったくおかしい話ではないと思います。

 

だから私は、

パニック障害の方には、この病気を乗り越えた時に、素晴らしい可能性があるのではないか?

と思っていますし、

間違った処方などで薬漬けになってしまうのは、非常に勿体ないと思っています。

 

 

薬は病気を治さない!

薬では病気は治らない!というのは、最近はよく聞きますね。
 

これは、別に、驚くことでもなんでもなくて、当たり前のことですよね。

今日は、病気と薬の関係のお話です。

 

 

簡単なお話をします。

 

 

以前、虫歯がものすごく痛くなった私は、かかりつけの歯医者に行きました。

前日の夜中から痛くなり、ほとんど眠れないまま、朝一番で行ったのですが、 なんと! 先生が高熱で、急遽歯医者さんがお休みでした。

詳しいことは忘れましたが、 仕方がないので、次回の予約をし、その日は痛み止めをもらって帰ってきました。

家に着き、もらった痛み止めの薬を飲んで少しすると、歯が痛いのが収まりました。

 

 

さて、ここで問題です。

 

 

私の虫歯は治ったでしょうか?

答えは、わかりますよね。

 

 

治っていません。

薬を飲んだので、痛いのは治りましたが、虫歯は治っていません。

 

 

222033_206097529420920_3661866_n

 

 

こうした治療を、対症療法といいます。

症状を抑える療法です。

解熱剤なんかも同じですね。

解熱剤を飲むと熱は下がりますが、

そもそも熱を出している根本の問題は治ってはいません。

 

 

医師もそのつもりで処方していると思います。

 

 

時々、処方された薬で病気が治らないと、その医師を詐欺呼ばわりしてしまう人がいますが、 詐欺ではありません。

まあ、腕は良くないとは思いますが・・・。

 

 

医師は、患者さんも対症療法だということがわかった上で、薬を求めてきていると思っています。

患者さんは、医師が治してくれると思って、病院に行きます。

 

ここで誤解が生じているのですが、

医師は患者さんの無知に気づいていなかったりします。

 

 

たまに善良な医師がいて、
「薬は症状を抑えるだけで、根本的には治してくれない」
という話をしてくれる人もいます。

まあ、ほとんどいませんけれども…。

 

 

 

症状が激しい時は、薬で軽くするのが賢明でしょう。

何でもかんでも我慢すれば良いというものでもありません。

 

ただ、

薬は病気を、根本的には治してはくれない。
ということは覚えておいたほうが良いでしょう。

 

 

完治への道は、そこから始まると言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

薬は病気を治さない!

 

覚えておきましょう。

 

 

パニック障害と睡眠障害

パニック障害の方で、睡眠障害も抱えている方は多いのではないでしょうか?
 

私もパニック障害の間は、夜、まったく眠れず・・・そのまま朝を迎えるなんてことが

たびたびありました。
 

今、思い出すと、

初めて心療内科に通い、抗不安薬をもらってからですから、

おかしいといえばおかしいですね。
医師には「副作用で眠くなりますよ」と言われましたが、

最初は、どちらかというと冴えてしまう感じでした。

 

パニック障害は、脳の神経伝達物質のバランスが乱れて、
自律神経のバランスも乱れることで生じます
から、

睡眠も乱れてしまうのは仕方がないように思います。

 
 

うつを併発する方も多いと思うのですが、

うつになると、夜眠れないのに朝起きれなかったり、

昼間や夕方に急激に眠くなったり、

また、一度寝ると16時間くらい寝てしまったりと、

睡眠のリズムが狂ってしまいますよね。

 

私もこうした症状に悩まされ、ずいぶんと思い悩んだのですが、

途中で発想を変え、開き直ったことで少しだけ心が楽になりました。

 
 
216253_202604223103584_2438493_n
 
 

闘病中、働いていない時期もありましたから、

別に、昼間寝ていても差し障りはありません。
朝起きれなくても、16時間寝てしまっても、特に困ることはないわけです。
そうしたら、別に、寝ててもいいじゃないか!

と発想の転換をしました。
また、夜眠れないのも、

朝、どうしても起きなくてはならない用事もないわけですから、

別に、夜眠れなくてもいいじゃないか!

と開き直り、

眠れない・・・眠れない・・・と布団の中で鬱々とするのなら、

いっそのこと起きてしまって、楽しいことをしたほうが良いだろう!

と思い、

眠れない夜は、起きて、本を読んだりネットをしたりしていました。

 

あと、これは私も感覚なのですが、

やはり、うつの方いうのは、心が疲れています。
表面的にはわからなくても、心の奥のほうに精神的な疲労が溜まっています。
だから、たくさん寝てしまうのかな。と思いました。

 

疲れている時は、寝るのが1番です!

 

体が疲れてヘトヘトの時に、倒れこむように寝てしまう時ってありますよね。
それと同じで、精神がヘトヘトの時も、
まったく起き上がれないということがあってもおかしくありません。

 

パニック障害の方は、真面目な方が多いですから、

昼間から寝てしまう自分を責めてしまったりする場合もあると思いますが、

足を骨折して走れない人に、「走れ!」なんて言わないですよね。

それと同じです。
 

疲れている時は、寝て下さい。
 

それが、疲労回復の1番の方法だと思います。
 
 

当サイトについて

サイトの目的

 

当サイトは、パニック障害・うつ病を克服した運営者が、
その闘病の中で得た情報・知識・体験などを提供します。
 

また、闘病に役立つグッズ・本・プログラムなどを紹介します。

 
 

サイトの利用について

 

当サイトは、闘病に役立つ情報の提供を行うものであり、

医療行為(診察・治療行為など)を行うものではありません。

 

医療行為が必要な場合は、医療機関(病院・クリニックなど)にご相談下さい。

 

サイト内の記事は、運営者の体験談です。
薬・治療法など、個人的感想です。

 
 

免責事項

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては、
当サイトは、一切責任を問わないものとします。
 

リンク先サイトは、独立して管理・運営されているサイトです。
当サイトからリンクによって他のサイトに移動した場合、
移動先サイトで提供される情報、サービス等について当サイトは一切の責任を負いません。

 
 

発想の転換。

先日、Twitterで、

『病気を悲観的に考える必要はありません。
私もずいぶん悲観して、もう死ぬしかない…などと思っていましたから、
悲観する気持ちはわかります。
でも、要は、考え方なんです。
発想の転換。
同じ事象でも、認知の仕方で現実って変わるんです。
発想の転換です☆』

とツイートしたら、

『治ったから言えるんじゃ?』

というコメントを頂きました。

 
確かにそうです。

治ったから言える。
ただ、それだけではありません。

 

 

私も闘病中、たくさんの方から助言やアドバイスを頂きましたが、

「病気になったことがないから言えるんじゃないか?」
「自分は元気だから言えるんだろう」
「そんなこと言うなら、このパニック障害を経験してみればいい!」
「どうせ、このパニック発作の怖さがわからないでしょ!」

などと思っていました。
そして、どんどん孤独に陥っていきました。

 
 

ツイートでも書いてありますが、

私も経験者ですから、

悲観する気持ちはわかります。

 

パニック発作は本当に怖ろしいですし、

予期不安も厄介です。

外出もななまらず、

このまま人生どうなってしまうんだろう・・・。

不安で不安で仕方ありませんでした。
もう死ぬしかない・・・。

何度も何度も、そう思いました。

 
 

でも、

『発想の転換』

なんです。
考え方を変えるしかないんです。

 

そもそも、

本当に、「病気」というものは、マイナスの経験でしょうか?
パニック発作という恐ろしい経験をすることは、マイナスですか?
パニック障害という病気になったことで、得たものはありませんか?
本当に、マイナスしかありませんか?
 
 
216000_201627499867923_2086102_n
 
 

私は病気を経験することで、

たくさんの大切なことに気づくことができました。
体や心などについての知識も増えましたし、

薬や医療についての知識も増えました。
自分の体と心の限界がわかりました。
大事な人と大事でない人がわかりました。

 

すべて、パニック障害になったから、得られたものです。

 

治ったから言えるんじゃ?

というフォロワーの方の言葉は、

正しいといえば、正しいですが、

間違っているといえば、間違っています。

 

正確には、

『発想の転換』が出来たから、治った。

のです。
 
発想の転換が出来てから、

周りの現実が変わり始めました。
見える世界が変わるのです。

 

それこそ、経験したことがない方には理解するのが難しいかもしれませんが、

発想の転換によって、過去さえも変わるんです。

 

要は、考え方なんです。

 

パニック障害になったことは、

絶対に、マイナスではありません。

 

パニック障害になった経験を、

マイナスにするか、プラスにするかは、

『あなた』なのです。

 

 

2 / 2512345...1020...最後 »
 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ