本気で病気と向き合いましょう!

「闘病」というと、字のごとく、病気と闘うような気がしますが、

結局は、自分との闘いだったと思います。
 

病気になった人が弱いとか、そういうことを言うつもりはまったくありませんが、

闘病というのは、弱い自分との闘いかな?と思ったりします。
 
 

病気になった最初の頃は、

病気になったら、病院に行く。

病気になったら、薬を飲む。

病気はお医者さんが治してくれる。

これが、当たり前だと思っていましたから、

私がやるべきことは、腕の良い医者を探すことだと思っていました。
 

でも、それは、違うんですよね。

 

お医者さんや薬の力を借りながら、

自分で自分の病気と闘っていく。
 

それが、闘病です。

 

それに気づくことができれば、治るのは早いと思います。

 
 
227398_206090296088310_480559_n

 
 

私の読者の方は若い方が多いので、まだ数年の闘病生活だと思いますが、

本気で闘病して下さい。
 

本気で病気と向き合えば、

必ず、何か見えてくると思います。
 

そうやって、少しずつ何かを掴んでいけば、

パニック発作は怖くなくなってきますし、

予期不安も少なくなって、

いつのまにか、パニック発作のことを忘れてしまうでしょう。
 
 

1日5分でもかまいません。

本気で病気と向き合いましょう。
 
 

テレビや雑誌に出演中の精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

テレビや雑誌にも登場する精神科医の方が開発した『パニック障害改善プログラム』があると聞き、

早速、取り寄せてみました。

 

精神科の医師が書いた本は結構ありますが、

大抵が、「精神科に行って処方された薬を用法通り服用すれば治ります」

といった感じの話ですので、

精神科の医師が、こうしたプログラムを開発してくれるのは有り難いですよね。

 

 

全247ページのテキストです。

 

 

パニック障害とはどんな病気か?から始まって、

精神科の医師らしく、投薬についてもとてもわかりやすく書かれています。

 

また、日本ではあまり知られていないのですが、
アメリカでパニック障害の短期改善報告がたくさん出ているという療法

紹介されています。

 

本田医師は、この療法を日本のパニック障害の方々に紹介したいようで、

かなり詳しく、自分で家で行えるようわかりやすく説明してくれているのですが、

パニック障害の方にとっては、とても興味深い療法です。

 

 

また、一つの療法に頼ることは、非常に危険ともおっしゃっています。

 

これは、約15年の闘病生活を経て、私がたどりついた答えでもあります。

 

 

同じパニック障害と言っても、

人それぞれ症状が違いますし、原因や環境も違います。

 

よく、「パニック障害にはパキシルが効く」と言われますが、

それならパキシルを処方された方は、みんなとっくに治っているはずです。

もちろん、パキシルがよく効いて、簡単に治った方もいるとも思いますが、

なかなか良くならないから、みなさん悩んでいるのですよね。

 

 

このテキストの中では、

パニック障害を克服するための、10個以上の療法が紹介されています。

 

自分の症状に合ったものから、少しずつ試していくことが出来ますね。

 
 

もちろん本田医師は精神科医なので、

薬についてもかなり詳しい話が、わかりやすく書かれています。

 

また、パニック障害の方のなかには、

病気を周りの人から理解してもらえなかったり、

周りの人との関係に悩んでいる方もたくさんいるのですが、

そうした周りの方との付き合い方なども書かれています。

 

 

パニック障害とはどういう病気か? ということから、

治療について、薬について、

そして、10個以上の自分でできるパニック障害克服法が、

このテキストには書かれています。

 

私がパニック障害に苦しんでいた10年前に、このテキストがあったのなら、

即、購入していたと思いますし、

このテキストがあれば、15年も苦しむことはなかったのではないか?と

すごく悔しいです。

 

あの頃、このテキストに出会っていれば・・・・・・。

 

 

 

パニック障害は、薬だけ飲んでいれば治るというものではありません。

 

カウンセラーに話を聞いてもらえば治るわけでもありません。

 

パニック障害を克服するためには、自分でやるべきことがたくさんあって、

そのやるべきことを、

一つ一つ、丁寧に説明してくれているテキストです。

 

 

このテキストを読んで、

パニック障害への理解を深め、

一つずつ、少しずつ試してみて、

ゆっくりと、確実に、回復への道を歩いていきましょう!!!

 
 

おすすめです。

 


テレビや雑誌に出演中の精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

 

 

 

パニック障害と睡眠障害

パニック障害の方で、睡眠障害も抱えている方は多いのではないでしょうか?
 

私もパニック障害の間は、夜、まったく眠れず・・・そのまま朝を迎えるなんてことが

たびたびありました。
 

今、思い出すと、

初めて心療内科に通い、抗不安薬をもらってからですから、

おかしいといえばおかしいですね。
医師には「副作用で眠くなりますよ」と言われましたが、

最初は、どちらかというと冴えてしまう感じでした。

 

パニック障害は、脳の神経伝達物質のバランスが乱れて、
自律神経のバランスも乱れることで生じます
から、

睡眠も乱れてしまうのは仕方がないように思います。

 
 

うつを併発する方も多いと思うのですが、

うつになると、夜眠れないのに朝起きれなかったり、

昼間や夕方に急激に眠くなったり、

また、一度寝ると16時間くらい寝てしまったりと、

睡眠のリズムが狂ってしまいますよね。

 

私もこうした症状に悩まされ、ずいぶんと思い悩んだのですが、

途中で発想を変え、開き直ったことで少しだけ心が楽になりました。

 
 
216253_202604223103584_2438493_n
 
 

闘病中、働いていない時期もありましたから、

別に、昼間寝ていても差し障りはありません。
朝起きれなくても、16時間寝てしまっても、特に困ることはないわけです。
そうしたら、別に、寝ててもいいじゃないか!

と発想の転換をしました。
また、夜眠れないのも、

朝、どうしても起きなくてはならない用事もないわけですから、

別に、夜眠れなくてもいいじゃないか!

と開き直り、

眠れない・・・眠れない・・・と布団の中で鬱々とするのなら、

いっそのこと起きてしまって、楽しいことをしたほうが良いだろう!

と思い、

眠れない夜は、起きて、本を読んだりネットをしたりしていました。

 

あと、これは私も感覚なのですが、

やはり、うつの方いうのは、心が疲れています。
表面的にはわからなくても、心の奥のほうに精神的な疲労が溜まっています。
だから、たくさん寝てしまうのかな。と思いました。

 

疲れている時は、寝るのが1番です!

 

体が疲れてヘトヘトの時に、倒れこむように寝てしまう時ってありますよね。
それと同じで、精神がヘトヘトの時も、
まったく起き上がれないということがあってもおかしくありません。

 

パニック障害の方は、真面目な方が多いですから、

昼間から寝てしまう自分を責めてしまったりする場合もあると思いますが、

足を骨折して走れない人に、「走れ!」なんて言わないですよね。

それと同じです。
 

疲れている時は、寝て下さい。
 

それが、疲労回復の1番の方法だと思います。
 
 

うつと首凝りの関係。

先日テレビ番組に、かみ合わせの専門家の方が出演されていました。

歯のかみ合わせですが、さまざまな心身の不調と関係があるようです。

今回は、その中から、精神面の不調についてお話したいと思います。

 

まず、かみ合わせというのは歯のことですが、

上下のかみ合わせがずれてしまうと、さまざまな問題が出てきます。

肩が凝ったり、首が凝ったり、偏頭痛がしたり・・・。

その中でも注目したのは、首の凝りですが、

かみ合わせが悪いと、首が凝るそうです。

そして、うつや不眠になるそうです。

 

メカニズムを説明しますと、

上下の歯がずれてしまったのを、首がバランスをとろうとします。

すると、首の筋肉が緊張し収縮します。

首にはもちろん血管が通っていますから、

首の筋肉が収縮することによって、

脳への血流が悪くなってしまいます。

脳への血流が悪くなるのですから、

脳は正常に働くことが難しくなります。

それにより、うつなどの精神症状が出てしまうそうです。

 

うつは、セロトニンが不足しているというのはよく聞きますが、

そのセロトニンの材料となるのはトリプトファンという物質です。

首が凝り、首の筋肉が緊張し、血管を圧迫し血流が悪くなると、

セロトニンの材料であるトリプトファンも、

血液中をスムーズに流れることができなくなってしまいますから、

うつや不眠の症状が出るそうです。

 

 

227398_206090296088310_480559_n

 

 

私が見たテレビ番組は、短い時間でしたが、

非常に納得のいく内容で、

やはり、首の凝りとうつには関係があるのだ!と再確認しました。

 

現代人は、PCやらスマホやら、

首を硬直させたままの姿勢をとることが多いですから、

首を柔らかく保つことはとても大事だと言えるでしょう!

 

 

首凝りを解消することで、

パニック障害・うつ・自律神経失調症が改善することを発見した

金本整体師のお話は、

 

こちら⇒首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法

 

 

 

うつと冷えの関係

パニック障害になったばかりの頃は、「冷え」についてなんて、まったく考えなかったのですが、

薬を飲んでいても良くならないということに気づいてから、

健康になるための方法をたくさん勉強しました。

その中でも、「冷え」は、すごく重要な項目に思います。

 

冷えは万病の元

などと言って、女性は特に、「体を冷やしちゃいけない!」なんて言われたことがあるかもしれません。

 

冷え取り療法で有名な石原結寛先生という方は、うつも冷えが原因だ!とおっしゃっています。

 

確かに、

寒い時と暑い時期、どちらがうつっぽいか?と言ったら、寒い時期に思いますよね。

実際、北欧の日照時間の少ない地域はうつ病が多いと言われますし、

冬は、うつっぽい人が多いとも言われます。

 

また、

体温が下がると、人間は免疫力が下がるそうで、

風邪などをひきやすくなりますし、いろいろな不調が表れてきます。

 

 

226097_206089172755089_6204525_n

 

イメージですが、

寒い環境の中にいる時よりも、

ポカポカとした暖かな場所にいるほうが、

心もポカポカとしてきますよね。

南国に陽気な人が多いのも、それが理由かもしれません。

 

私は、闘病から得られた知恵として、

「入浴」を強くおすすめしますが、

それも、

血行を良くしたり、毒素を排出したりという理由もありますが、

1日に1度、体を温めるのは、パニック障害やうつ、自律神経失調症など、心の病にも有効だと思います。

 

パニック障害は、交感神経が優位になることで生じます。

 

交感神経が優位になるとは、

簡単に言ってしまえば、体がギューっと固くなるということです。

1日の終わりに、しっかりと湯船につかって入浴することで、

交感神経の逆、副交感神経(リラックスする神経です)を優位にして、

そのまま寝ることができれば、

日中のストレスも、少しは解消することができるでしょう!

 

冷え取りには、入浴以外にも日光浴や靴下、食事法など、いろいろと方法があります。

またの機会に、お話したいと思います。

 

1 / 812345...最後 »
 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ