「死にたい!」という気持ちは、甘え

「死にたい!」「死にたい!」とすぐに思ってしまう方がいるんではないでしょうか。

 

私もパニック障害が長引き、うつも併発した時に、よく言っていました。

 

もちろん、「じゃあ、死ねば?」と言われたら死ぬ勇気なんてないのですが、「死にたい!」という気持ちが勝手に湧き上がってきて、口に出して誰かに言いたくなってしまうんです。

 

 

理由なんて自分ではわからなくて、1番信頼できる友人に、

「死にたい!って思う時ない?」

と聞いたら、

「思う時はあるけど、口には出さないよ。親が悲しむから・・・」

と言われました。

 

親との関係が上手くいっていなくて、それが長年のストレスとなってパニック障害を発症した私としては、親を悲しませる・・・という発想がありませんでした。

(ちなみに、今も、ありません。これは、自分と親との関係を省みると、仕方がないことだと思っています。)

 

 

結局、死にたい!というのは、甘えなんですよね。

 

その友人は小学校1年生の時からの友人なので、私のことをとてもよく知っています。

 

「未来ちゃんは、子どもの頃甘えられなかったんだよ。

だから、今、大人なのに甘えが出てきてしまう。

子供の頃、甘えることを許されなかったから、甘え下手なんだよ。

上手に甘えられないから、その代わりに、死にたい!死にたい!って言っちゃうんだよ」

と言われました。

 

 

当時の私は、甘えることはダメなこと! 甘えは悪! だと思っていたので、

1番の友人に、甘えてると言われたことはすごくショックで、やはり自分はダメな人間なんだ・・・と思って落ち込みました。

 

 

でも、違うんですよ。

 

甘えはけして悪いことではありません。

 

 

 

226097_206089172755089_6204525_n

 

 

 

私は大学で心理学を専攻したので、発達心理学という子供の成長段階の心理発達にも興味がありまして、いろいろ本を読みました。

 

 

その中で、すごく心に響いたのが、

 

ひきこもりや不登校、ニートになってしまい自立できない若者について、

甘えているから、自立できないのではありません。

甘えていないから、自立できないのです。

十分に心から親に甘えることができた子供から、自分に自信を持って、外の世界に自立していきます。

 

 

この言葉を読んで、まさにその通りだと思いました。

 

 

子供の頃から、親に甘えられないので、心が安心することができないのです。

 

安心できる基地がなかったら、人間は外には出て行けません。

 

外でも家でも戦闘態勢のような状態になってしまいます。

 

 

外で最強のように見える人というのは、ちゃんと甘えられる心の基地があるんです。

 

 

 

これについては、またの機会に詳しく書きたいと思いますが、

 

私がお世話になった医師は、

「死にたいんじゃなくて、生きたいんだよね」

と言っていました。

 

その時は、真意がわかりませんでしたが、

今になると、わかります。

 

 

「死にたい!」のではありません。

「生きたい!」のです。

 

 

生きるために、誰かにこの心の苦しみをわかって欲しいんです。

 

自分ひとりでは、もう支えきれないくらい心の中に苦しみが溜まってしまっているんです。

 

 

それを上手に伝えられないので、

「死にたい!」「死にたい!」になってしまうのです。

 

 

死にたい!=愛されたい!

 

なのかもしれませんね。

 

 

甘えはけして悪いことではありません。

 

甘えが十分満たされれば、甘えの気持ちは消えていき、ちゃんと自分で立てるようになります。

 

今はまだ、甘えが満たされていないだけ。

 

 

けして、自分を責めないで下さい。

 

 

 

次回は、7月22日(月)18時更新です。

 

 

死にたい!死にたい!という声と闘う

SSRIの副作用で恐ろしいことになり、精神薬を止めよう!と決心してから、離脱症状なのか薬が抜けたからかわかりませんが、かなり重度のうつ状態になりました。

 

朝起きられないのは当たり前ですが、カーテンから漏れてくる光にも耐えられない。

人と5分会話するだけで疲れて起きていられない。

食欲がまったくなく、ごはんも食べられない。

感情がまったくない。

1日中、起き上がれない。

 

「死にたい!」「死にたい!」という自分の声が頭の中でして、起き上がると自殺してしまうのではないか?と自分でも思う。

 

などなど。

 

 

正直、数年間のパニック障害との闘いよりも、数ヶ月のこの状態のほうが辛かったです。

 

 

そんな時、そうなる前に購入した「人はどうして死にたがるのか」という本があったので、どうにか起きていた時に少しずつ読んでみました。

 

 

216253_202604223103584_2438493_n

 

 

 

この本は、自分自身もうつを経験した心理カウンセラーの方が自殺予防を第一の目的に書かれた本で、「死にたい!」という気持ちが湧いてくる心のメカニズムを非常にわかりやすく説明してくれています。

 

図なども入っていて、同じ内容を何度も何度も理解できるように説明してくれますので、1冊しっかり読めば、うつという状態・死にたい!という状態がどういうことなのかということがわかります。

 

 

私は、この本の論理を頭に叩き込むことで、心の底から湧き上がってくる「死にたい!」「死にたい!」という声と闘いました。

 

 

うつ状態・「死にたい!」と思う状態は、けしてあなたが弱いからではなく、人間として生きるための正常な反応なのです。

 

ただ、普通は正常に働くべきその反応が、誤作動してしまっているのです。

 

 

自分を責める必要は、まったくありません。

 

 

 

うつ状態の方・死にたい!とすぐに思ってしまう方・うつと闘うご家族がいる方・・・そうした方々に、ぜひ読んでみてほしい本です。

 

 

 

これから、もし、またうつ状態になることがあったら、私は真っ先にこの本を読むつもりです。

 

 

 

うつが本当にひどい時は、本など読む気力がないのはわかります。

 

それでも読んでみて欲しいなと思います。

 

 

頭にも心にも元気をくれる本です。

 

 

人はどうして死にたがるのか レビュー

 

 

 

次回は、7月15日(月)18時更新です。

 

 

うつ病治療の真実

先日、「うつ病治療 常識が変わる」という本を読みました。

 

この本は、2009年にNHKで放送された「NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる」と「クローズアップ現代 抗うつ薬の死角」の内容に追加取材を加えて書かれた本です。

 

 

前半は、現代日本で行われているうつ病治療・抗うつ薬の多剤処方について書かれているのですが、これが、非常に興味深い。

 

 

精神科、心療内科に通われている方・精神薬を服用中の方・ご家族に闘病中の人がいらっしゃる方・・・ぜひ読んでみてほしい本です。

 

 

 

目次から少し紹介しますと、

 

第一章 ”不適切”な投薬  症状を悪化させる多剤併用

 

第二章 クリニック乱立の闇  なぜ診断がバラバラなのか?

 

第三章 抗うつ薬の死角  封印されてきた危険な副作用

 

・・・・・・・・・・・

 

けして、精神薬を全面的に否定する内容ではないですし、私たちは、決して抗うつ薬の効能や存在意義を否定しているわけではないとプロローグにも書かれています。

 

 

208267_202415736455766_4025703_n

 

 

私が特に興味深いと思ったのは、

 

・「抗うつ薬の投与は基本的に1種類」というのが国際的にも共通の大原則だそうで、2種類以上抗うつ薬を処方する多剤療法は日本独特の治療法だそうです。

 

・本当は躁うつ病であるのに、うつ病と誤診され、うつ病治療の薬を投与されたことにより、症状が悪化して暴力性などが高まる場合があるそうです。

 

・同じ患者さんが複数のクリニックに行き、同じように症状を訴えても、診断名も処方される薬もバラバラ。

1種類のみの処方の病院もあれば、初診から数種類の処方をしてくる病院もあります。

 

・SSRIは危険な副作用があるということで、アメリカでは訴訟なども行われているそうです。

 

 

精神医療や精神薬というものは、長年の研究を重ねて確立されてきたものですから、

けして、全面否定するようなものではないと私は思っています。

 

 

ただ、どんなこともそうですが、何事にもプラスとマイナスがありますから、ちゃんと知識を得て、賢い判断をしなくてはなりません。

 

 

自分の体・心は、自分で守るしかありません。

 

 

医師や薬が守ってくれるわけではありません。

 

 

うつ病治療 常識が変わる レビュー

 

 

 

次回は、7月8日(月)18時更新です。

 

 

 

【読者様レビュー】首こりを解消して、パニック障害を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

先日、全4回にわたり連載しました「パニック障害・うつ・自律神経失調症と首こりの関係」

 

お読み頂けたでしょうか?

 

Twitterやメールなどで、たくさんの方から反響を頂き、

やはり、皆さん、パニック障害と首の関係について薄々気づいていたという方が多いようです。

 

経験から得られた感覚は大事ですよね!

 

現代人はPCに向かっての作業やデスクワークが多いので、首がこってしまう人が多いようです。

 

休職するまでになってしまった不調の原因がわかった!という方もいらっしゃいましたよ。

 

 

今日は、頂いた反響の中から、興味深かったものをご紹介したいと思います。

 

 

※全4回の連載をまだお読みでない方は、こちらからすべてお読み頂けます。
首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

 

 

 

タマネギマさんからのコメントです。

 

金本先生のセット、私昨年購入しました!

 

返金保証もついていますよね。私の場合、一時期調子が上がったのにまた不調になったのは、美骨枕は毎日使っているのですが、首こりを取る体操を今年に入ってからさぼり気味だったからかなとも思っています。

 

とにかく私の肩こりその他はもう20年以上の筋金入りなので、しっかりやった方がいいと思いました。

 

ちなみに、金本先生もおっしゃっているのですが、枕がいくらストレートネックなどの矯正に効果があるからと言って、いきなり長時間使うと陽転反応と言うか、調子が悪くなることがあるようです。私もうっかり、そのまま朝まで寝てしまったことがありますが、余程慣れてこない限りは先生のご説明通りやった方がいいようで、やや調子が落ちる日もありました。

 

多分、軽度の人やもう寛解している方がメンテナンスで行うなら、効果は早いと思います。重症の人は根気がいると思いますが、基本「筋弛緩法」の動きに似ていますので、とっつきやすく、継続は力なりですね。

 

金本先生のセットを買ったのに、ちょっとおもしろそうな接骨院を見つけたので行ってみましたが、そこはそこで良かったです。でも、やはり保険がきかないのが痛すぎて、連続で通えそうにないです。

 

ブログを拝見し、もう一度金本先生の体操を、しっかりやろうと決意しました。

 

 

 

私がこちらの金本先生のプログラムに注目したのは、

 

やはり、自宅で毎日できるという部分にあります。

 

もちろん、世界で初めて自律神経失調症の治療法を開発した松井医師の病院に通い首の治療をしたり、

金本先生の整体院に通い、首の施術をしてもらうことがベストですが、すべての人が通えるわけではありません。

 

それに、こうした治療は、1回施術すればすぐに治るというものではなく、

継続して通う必要が出てきます。

 

ただでさえ、1回の施術料が約5000円の整体ですから、

私は毎回、1回の不調に5万円~6万円くらいのお金を使っています。

 

 

だったら、この金本先生のプログラムを購入して、

毎日自宅で、継続して首のメンテナンスをして自律神経を整えたほうが、

 

より安価で、健康を維持できるのではないかな?と思いました。

 

美容院でトリートメントしてもらう時もあるけど、毎日はお金もかかって大変だから、
毎日自宅で、髪のケアをするのと似ていますね。

 

 

自律神経については、またの機会に詳しく記事を書こうと思っていますが、
体全体を正常に機能させる非常に重要な神経ですよね。

 

私はパニック障害は克服しましたが、

少し無理をすると、やはり自律神経が乱れて軽い不調が起きるので、

 

日常のメンテナンスとして、こちらのプログラムを試してみたいと思います。

 


パニック障害・うつ病・自律神経失調症改善プログラム

 

 

もし、他にも、試されたことがある方がいらっしゃいましたら、ぜひ感想を聞かせて下さい!

 

 

 

健康と幸せを手に入れるために・・・私のおすすめ一覧

初めてのパニック発作(1997年)から約16年。

 

闘病生活の中で、私が読んだ本・試したグッズ・試した療法など、100%私の独断でのおすすめです。

 

効果・効能には個人差がありますので、ご自身の判断でよろしくお願い致します。

 

 

 

・おすすめ克服法

 

☆首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~☆ NEW!

 

 

・おすすめ連載

 

<首こりについて>

首こりは万病のもと【第1回】

パニック障害・うつ・自律神経失調症と首のこり【第2回】

ストレス時代を生き抜くための首こり解消法【第3回】

首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

【読者様レビュー】首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

 

 

・おすすめグッズ

 

☆電車に乗る時・歯医者に行く時・パニック発作が起こりそうな時におすすめグッズ☆
☆うつな気分を前向きに・・・うつな朝におすすめ☆

 

 

・おすすめアロマ

 

☆パニックになった時におすすめのアロマ☆
☆うつの時におすすめのアロマ☆
☆不安な気持ちの時におすすめのアロマ☆

☆おすすめのアロマ使用法☆ 
 

 

・おすすめ食べ物
☆うつに良いおすすめの食べ物☆

 

 

・おすすめ本

 

☆パニック障害・自律神経失調症の方におすすめの本☆
☆食の改善に取り組みたい方におすすめの本☆
☆うつの方におすすめの本☆ 

 

 

・おすすめNAVERまとめ

 

☆なかなかうつが治らない方へ。 ~抗うつ薬の真実~ :うつ病治療 常識が変わる☆
☆1日5分でストレスを消す方法 ~脳からストレスを消す技術~☆

 

 

 

随時、追加していきます。

 

 

 

 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ