1日5分副交感神経アップで健康になれる! レビュー

 

 

■内容■

35年に渡り10万人以上の不定愁訴・自律神経失調症の患者の首の治療をしてきた脳神経外科医がたどり着いた答え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想

 

精神科でうつ病と診断された人も治癒。

 

現在の医療では、交感神経が過剰に働いているとみなし交感神経の働きを抑える治療がなされるそうです。
が、実は、副交感神経を正常に働かせることが重要で、そのためには体のどこの部位が大切でどのようにしたら良いか詳しく説明してくれています。

 

 

総合得点

 

98点

 

体に不調を感じるすべての方へ。

いろいろな科を回っても一向に良くならなかった患者さんを治療してきた著者が出した結論。
同じ結論に達している医師は何人もいますので、信用できる内容です。

 

 

おすすめの方

 

・パニック障害の方
・うつの方
・自律神経失調症の方
・不定愁訴が長引いている方
・いろいろな科を回っているのに、良くならない方
・健康を維持したい方
・なんとなく体調のすぐれない方

 

 

詳細はこちら

 

1日5分副交感神経アップで健康になれる! [ 松井孝嘉 ]

 

 

●松井孝嘉医師と同じ結論に達した整体師の方が開発したプログラムは、こちら→
1日30分、自宅で毎日できるパニック障害・うつ・自律神経失調症克服法

 

 

ストレス時代を生き抜くための首こり解消法【第3回】

前回、前々回と首の疲労が副交感神経の働きを抑え、さまざまな不調を招いているというお話をしました。

 

首こりは万病のもと【第1回】
パニック障害・うつ・自律神経失調症と首のこり【第2回】

 

 

自律神経というものは私たちの体の生命を維持している神経ですが、環境の変化・不測の事態にすみやかに対応するための神経システムでもあります。

 

自分にとって大変な状況の変化に見舞われた時、速やかに反応して対応することができる順応力や適応力を司っているのが自律神経システムです。

 

 

これからというのは、何が起きるかわからない時代です。

 

 

どんな時代の変化にも速やかに反応していくためには、自律神経を整える・正常に保つことが重要でしょう。

 

そのためには、首。

 

知らず知らずのうちに溜め込んでいる首の疲労をしっかりととり、首こりを解消することで副交感神経を正常に働かせ、
さまざまなストレスから身を守る「生きる力」を獲得しましょう!

 

 

副交感神経は私たちに幸せをもたらす神経です。

 

 

首のこりを解消し副交感神経を正常に働かせることにより、精神科や心療内科では治らなかったパニック障害やうつ、何年も悩まされた自律神経失調症や不定愁訴が治っています。

 

松井孝嘉著『首こりは万病のもと』の中には書かれていませんでしたが、
パニック障害の方に多いヒステリー球も、首こりと関係があるのでは?と私は思っています。

 

 

では、首のこりを解消するためにどうしたら良いのでしょうか?

 

もちろん、『首こりは万病のもと』の著者である松井孝嘉医師の病院に通うことができれば、そこで治療して頂くことができるでしょうが、
すべての方が通えるわけではないと思いますので、有効な首こり解消法を探してみました。

 

 

首こり解消法

 

1、首を休ませる

 

2、首を温める

 

3、首のストレッチ

 

 

一つ一つ解説していきます。

 

 

<1、首を休ませる>

 

人間の首は、頭と体を繋いでいるというだけではなく、脳から体に繋がっている神経や動脈・静脈などの大事な血管がすべて通っている、いわば命の要所です。

 

人の頭の重さは約4~6kg。
デスクワークやパソコン作業など、うつむくだけでその約3倍もの負荷が首にかかります。

 

 

まずは、首を休ませることが大事です。

 

 

1日8時間は、低い枕で横になりましょう。

 

睡眠をとらなくても結構です。
横になって本を読んだり音楽を聴いたりするだけでも、首を休ませることができます。

 

その時、なるべく低い枕を使用すると良いでしょう。

 

 

<2、首を温める>

 

首には、脳から体に繋がっている神経や動脈・静脈などの大事な血管がすべて通っています。

 

首が冷えると、神経や血液の流れが悪くなって、スムーズに全身に流れていきません。

 

また、首が冷えると首の筋肉が固くなりますから、首のこりに繋がります。

 

 

冬でしたら、首が寒風にさらされないようマフラーを巻く。

 

夏も意識して、首を冷やさないようにしましょう。

 

 

気をつけたいのは、入浴後の濡れた髪です。

 

入浴後、髪が濡れたままでいますと、頭皮だけではなく首も冷えます。

 

なるべく早めにドライヤーで温めましょう。

その際に、ドライヤーで首を温めても良いですね。

 

 

入浴する際は半身浴ではなく、首までしっかり浸かりましょう。

 

ホットタオルを首に巻いても良いですね。

 

とにかく、首を冷やさないように気をつけましょう!

 

 

<3、首のストレッチ>

 

デスクワークやパソコン作業のように、一つに姿勢を長時間とっていると、首の筋肉が固定し血流が悪くなり、首のこりに繋がります。

 

デスクワークやパソコン作業の多い方は、15分に1度は首を動かしましょう。

 

オフィスですとなかなか大きな運動はできないと思いますので、少し首や肩を動かす程度で大丈夫です。

 

 

帰宅したら、ラジオ体操小学校の体育の授業でやったような首の体操をしてみましょう。

 

 

とにかく、首を柔軟に保つことが大事です。

 

 

出来ることから始めましょう!

 

 

次回は、1日30分、自宅で毎日できるパニック障害・うつ・自律神経失調症克服法【最終章】です。

 

 

 

パニック障害・うつ・自律神経失調症と首のこり【第2回】

前回は、世界で初めて自律神経失調症の治療法を完成させた松井孝嘉医師の『首こりは万病のもと』という本を紹介しました。
(前回の記事→首こりは万病のもと【第1回】

 

 

今回は、もう少し詳しく、

パニック障害・うつ・自律神経失調症と首のこりの関係をお話したいと思います。

 

 

パニック障害と首のこり

 

パニック障害とは緊張・集中などを司る交感神経が過剰に優位になることで生じると考えられています。

 

電車や人ごみで突然起こるめまい・吐き気・発汗・死ぬかもしれないという恐怖などのパニック発作は、
交感神経が過剰に優位になったときに生じる症状です。

 

通常、精神科や心療内科で治療を受けるのですが、これらの科で施される薬物療法や心理療法では治らないことが非常に多いのです。

 

というのも、
パニック発作は「自律神経発作」と言っていいほど、自律神経失調症の不調からくる症状を主体としており、
ストレスなどの精神的な問題から引き起こされているものではないからです。

 

 

現在の医療では、交感神経が過剰に働いているとして交感神経の働きを抑える薬が投与されるのですが、
実は、副交感神経(交感神経とは逆の作用・リラックスさせる神経)を正常に働かせることが重要なのです。

 

 

首のこりという首の筋肉疲労を解消することで副交感神経が正常に働くようになり、何年かかっても症状がとれなかった患者さんの90%以上が松井医師の病院では完治しています。

 

 

うつと首のこり

 

本物のうつ病、正式には「大うつ病」といわれる精神疾患は精神科における専門治療が必要ですが、
最近では、仮面うつ・軽症うつ・新型うつといわれるうつが急増しています。

 

医学的に見て、本物のうつ病「大うつ病」の発症が急増することはそうは考えられないため、
昨今急増している仮面うつ・軽症うつ・新型うつは、明らかに大うつ病とは別ものだと考えることができます。

 

 

肩こりや腰痛はその部位に痛みが起こりますが、
首こりは首は痛くありませんが他の部位、不眠やめまいを始め自律神経失調症の症状や慢性疲労、精神症状なども起こります。

 

首疲労により首の筋肉がこり副交感神経が阻害され、その働きが鈍ることによって自律神経が失調をきたした状態が続くと、うつ・慢性疲労・パニック障害といった病気に進行し、精神科や心療内科に通院しても何年も治らないという人がたくさんいます。

 

 

ストレスという「精神的な原因」ではなく、首の筋肉疲労・首のこりという「肉体的な原因」を解決することにより、
精神科や心療内科で診断されたうつ・うつ病から回復された人がたくさんいます。

 

 

自律神経失調症と首のこり

 

自律神経とは、交感神経と副交感神経からなる生命を維持するうえで重要な体の機能をコントロールしている神経です。

 

交感神経は緊張・集中・興奮などストレスを感じると活発になり、副交感神経はリラックスしストレスがなくなると活発になります。

 

交感神経と副交感神経がバランス良く働いていると私達は健康で快適に暮らせるのですが、バランスが崩れると様々な不調が心身に現れます。

 

それを、自律神経失調症といいます。

 

 

現在の医療では、交感神経が過剰に働いているとみなし交感神経の働きを抑える薬が投与されるのですが、実は、副交感神経を正常に働かせることが重要です。

 

首がこっていると、ブレーキである副交感神経が働かなくなり、アクセルを踏みっぱなしの状態=交感神経が活動しっぱなしの状態になってしまうため、

首の筋肉異常→自律神経を圧迫→自律神経失調状態に陥ります。

 

不調は、まず身体症状に現れ、うつなどの精神症状は最後に現れます。

 

 

改善するためには、ブレーキである副交感神経をしっかりと機能させて体を休ませることが大事です。

 

 

副交感神経を正常に働かせるためには、首の筋肉疲労を取り除き、首のこりを解消することによって、
まずは精神症状が先に消え、続いて身体症状が消失していきます。

 

 

 

●首のこりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法については・・・、

 

首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

 

 

首のこりは万病のもと【第1回】

今日から4回にわたり、首のこりについてお話したいと思います。

 

 

と言いますのも、『首こりは万病のもと』という非常に素晴らしい本を読みましたので、ご紹介させて頂きます。

 

 

著者の松井孝嘉医師は、30年以上にわたり自律神経失調症や不定愁訴などの体調不良の患者さん10万人以上の首の治療をし、世界で初めて自律神経失調症の治療法を完成させました。

 

首のこりが副交感神経の働きを鈍らせ、自律神経失調症の症状を生んでいたことを突き止め、「頚性神経筋症候群」と名づけました。

 

 

松井医師の治療により首のこりをとることで、90%~100%という非常に高い確率で完治した疾患は・・・、

 

緊張性頭痛・めまい・自律神経失調症・うつ状態・パニック障害・ムチウチ・更年期障害・慢性疲労症候群・ドライアイ・多汗症・機能性胃腸症・過敏性腸症候群・機能性食道嚥下障害・血圧不安定症・VDT症候群・ドライマウス

 

精神科や心療内科、さまざまな科に何年間も通っても治らないという人が、首のこりをとることで治った例もたくさんあるそうです。

 

 

●下記の常識は、間違いかもしれません。

 

・うつの原因は精神的ストレスである。
・長時間デスクワークをしていると、頭痛やコリ、めまいや目の疲れなどを感じるのもストレスのせいだ。
・自律神経失調症もストレスが原因で起こる。
・首の凝りや疲れは、肩こりと同じようなもので、そんなに深刻ではない。
・原因不明の不定愁訴は、病院に行ってもいろんな科をたらい回しにされるだけで、どんな治療を受けても治らない。
・うつや自律神経失調症、パニック障害などになったら、心療内科で治療を受けるのがベストだ。
・うつ症状や自律神経失調症は薬を飲んでつらさをまぎらわすしかなく、根本的に治すことはできない。

 

 

また、松久正医師という方も『「首の後ろを押す」と、病気が治る』という本の中で、
首を調整することでパニック障害やうつのような心の病も治すことが出来るとおっしゃっています。

 

 

 

明日は、パニック障害・うつ・自律神経失調症と首のこり【第2回】について、詳しくお話したいと思います。

 

 

病気を治すのは自分

先日、ツイッターで、

 

「私たち素人は信じるしかない。 自分では治せないのだから」

 

という@を頂きました。

 

精神薬についてです。

 

 

確かに信じることというのは重要で、プラシーボ効果なんかもありますから、闇雲に疑うよりも信じたほうが良い場合もあります。

 

ただ、明らかに副作用の症状が出ているのに信じ続けるというのは危険ですし、その症状を医師が副作用と判断してくれるかわかりません。

 

 

これが、精神科治療の難しいところだと思うのですが、例えば、私は最大で1日50錠以上の薬を飲んでいた時期がありました。

 

その時、ただの肌荒れで皮膚科に行ったのですが、今飲んでいる薬ということで精神科の薬を持って行きました。

 

すると、その皮膚科の医師に、

 

「私は専門外なのではっきりはわかりませんが、あなたがこんなにたくさん薬を飲まなくてはならない人には、私にはどうしても見えない。

他の病院を紹介してあげるから、行ってみなさい」

 

と言われ、他の病院を紹介してくれました。

 

次の日、紹介された病院に行くと、夕食後2錠だけになりました。

 

特に悪化することもありませんでしたから、何のために毎日50錠も飲んでいたのかわかりません。

 

 

まぁ、離脱症状もありませんでしたから、その点は良かったなと思っています。

 

1日50錠以上飲んでいたのは、3か月間くらいだったと思います。

 

 

227398_206090296088310_480559_n

 

 

パニック障害になり初めて心療内科に通っていた頃の私は、病気は医師が治してくれるものだと思っていました。

 

専門家である医師が処方した薬を飲んでいれば、病気は治るものだと思っていました。

 

 

約4年間の病院巡りとたくさんの医師との出会い、大量の薬、そして自分の気づきから、

今の私は、病気は自分で治すものだと思っています。

 

 

もちろん、医師や専門家の力を借りることはあるでしょう。

薬の力を借りる時もあります。

 

 

でも、

病気と闘うのは、あなたです!!!

 

 

病気を治すのは自分。

 

それに気づいた時から、本当の闘病が始まるのかなと思います。

 

 

私も先に闘い終えた人間として、出来る限り役に立つ情報を発信できたら・・・と思っております。

 

 

次回は、5月20日(月)18時更新です。

 

 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

テレビや雑誌に引っ張りだこの「精神科医」が監修

最短9分でパニック障害が改善!


自宅で出来る

『パニック障害改善プログラム』は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ