本サイトのご案内

はじめまして。

未来@パニック障害を克服! です。


約15年間の闘病生活の末、パニック障害を克服しました!

こちらのブログでは、

闘病生活で役立った情報を紹介しています。



パニック障害・うつ・自律神経失調症の方には、首のこりに悩まされている方が非常に多いです。


世界で初めて自律神経失調症の治療法を確立した松井孝嘉医師は、

パニック障害・うつ・自律神経失調症と診断され、精神科・心療内科に長年通っても一向に治らなかった方たちが、

首のこりを解消することで、続々と回復している!とおっしゃっています。


他にも、

日本で整形外科の医師をしていた後渡米し、ガンステッド・カイロプラクティックを学んだ『「首の後ろを押す」と病気が治る』の著者・松久正医師も、

首を調整することにより、パニック障害・うつ・自律神経失調症を治療することができる!とおっしゃっています。


私自身、自分の闘病経験から、パニック障害・うつ・自律神経失調症と首は非常に関係があると思っています。



体調不良にお悩みの方は、ぜひ!一度お読み下さい。


1日30分、自宅で毎日できるパニック障害・うつ・自律神経失調症克服法


嘔吐恐怖とつわり

妊娠していることを発表してから、

パニック障害の方で妊娠を考えている方からも質問やお問い合わせが増えました。

 

私自身、パニック障害の闘病中や克服した後も、

果たして、自分に妊娠・出産・育児ができるだろうか?とずっと不安に思っていましたので、

皆さんのお気持ちはよくわかります。

 

私は医師ではありませんので、自分の経験しか語れませんが、

経験から、私が思うことをお話したいと思います。

 

 

216000_201627499867923_2086102_n

 

 

相談を下さった方は、お二人目のお子さんを希望している嘔吐恐怖のある方です。

嘔吐恐怖があるため、つわりが不安で、二人目を考えてしまう・・・という相談でした。

 

私の答えは、ズバリ! 気にしない!

 

嘔吐恐怖は、私も長年ありましたから、その怖さは十分理解しています。
吐き気はあるのに、嘔吐恐怖がひどく吐けなくて、つらい日々を数年間送ってきました。

 

肺炎になってしまい、高熱で朦朧としている時に吐き気がして、

ついに我慢できずトイレで吐いてしまったときは、頭が真っ白になってパニックになってしまい、

そのまま救急車を呼んでもらい、救急車で運ばれました。

 

普通の人なら笑うでしょう。

吐いたくらいで、救急車って・・・笑

 

でも、嘔吐恐怖のある人間にとって、吐くということはものすごく怖いことです。

 

 

ただ!
その後、

嘔吐恐怖は少し減りました。

 

それでも、怖い気持ちは残っていたのですが、

実際吐いてしまったことで、

「吐くって、こういうことか」

「吐いても、死なないんだな・・・」

 

私の場合は、吐いたものが喉につまって窒息死したらどうしよう・・・という恐怖が強かったのですが、

「どうやら、吐いたものが喉につまることはなさそうだ・・・」

「トイレに向かって綺麗に吐けば、そんなに辛いものではない」

 

1度、吐くという行為を経験したことによって、

そんなに怖いものではない。という感覚を持つことができました。

 

 

数年後、また吐く機会に恵まれまして、

その時は、もう、吐くなら思い切り吐こう!と思いましたので、

体の欲求にまかせて、吐きたいだけ吐きました。

 

もちろん、口の中は気持ちが悪いですよ。。。

 

でも、「吐く」という行為自体は、

体の中に吐かなくてはならないモノがあるから、吐くわけで、

無理して吐く必要はありませんが、

それは排泄や下痢などと同じ、体の自然な機能です。

 

それ以来、私はまったく嘔吐恐怖はなくなってしまいましたので、

妊娠中もつわりはありましたが、まったく気にもなりませんでした。

 

1日10回くらい吐いていたと思いますが、

人に聞かれると、「つわりはありません^-^」

と答えていたくらいです。

 

まったく苦痛ではなかったんです。

 

 

私も経験者ですから、嘔吐恐怖の怖さは十分理解しています。

それにより、つわりも怖い。子供も諦めようか・・・という気持ちもわかります。

 

ただ、「恐怖」というのは、心の状態ですよね。

だからこそ、厄介なのも十分理解はしていますが、

自分の心が「怖い」と思っているから、怖いだけなんです。

 

 

それに、

1番思うのは、

つわりが起きるかどうか、わかりません。

 

起きるかどうかわからないことでも「怖い」と思ってしまうのが、

恐怖症の方ですから、仕方が無いことですが、

私は、あまり気にしなくても良いのではないかなぁ~と思ったりします。

 

もし、つわりが起きたとしても、

私の経験上、1度目はパニックになってしまいましたが、

2度3度と経験するうちに、まったく平気になってしまいました。

 

今なんて、「吐く」という行為が楽しかったりします。

体の中の悪いモノ・不要なモノを出すわけですから。

 

 

何度も言いますが、

経験者ですので、嘔吐恐怖の怖さは十分理解しています。

 

でも、

「吐く」という行為は、けして悪いことでもダメなことでもなく、

息を吸う・息を吐く・排泄・発汗 などと同じように、

私たちの体が、健康を保つために、大切な機能なのです。

 

闇雲に恐れる必要はないのです。

 

 

 

パニック障害なのにコーヒーがやめられない方へ。

パニック障害とカフェインの関係は、ご存知の方が多いと思いますが、
 
わかっているけど、やめられない!
 
という方も多いのではないでしょうか。

 

特にコーヒーは一杯に含まれるカフェインの量が多いため、注意が必要です。

 

紅茶や緑茶もカフェインを含むのですが、
一杯に含まれるカフェインの量がコーヒーほどではないため、あまり注意は必要ないそうです。

 

また、しっかりと焙煎したものが1番カフェインが多く、インスタントや缶コーヒーは比較的カフェインが少ないそうなので、
どうしても飲みたい方は、そちらを飲むと良いでしょう。

 

 

私自身、パニック障害を発症する前はコーヒーが大好きで、ものすごく飲んでいたので、
それも悪かったかなと反省しています。

 

また、ほとんどパニック発作がなく暮らしていたのに、
喫茶店で、本格的なアイスコーヒーを飲んだら、パニック発作が起きそうになったこともあります。

 

やはり、パニック障害の方はコーヒーはやめておいたほうが良いでしょう。

 

 

でも、どうしてもコーヒーが飲みたい!という方へ。
 
ノンカフェインの美味しいコーヒーを見つけました!
 
というのも、妊婦もコーヒーはNGなため、友人が教えてくれたんです。

 

ノンカフェインのコーヒーは、チコリコーヒーやタンポポコーヒーなど、いろいろありますが、
こちらは、本当に美味しいです☆

 

ノンカフェインコーヒー デカフェ・コロンビア レビュー

 

 

 

次回は、9月9日(月)18時更新です。

 

 

パニック障害と間違えられやすい病気

低血糖の誤診でパニック障害と診断される場合がある。

という話を聞いてから、誤診について調べてみました。

 

私はパニック障害と診断されましたが、結局は闘病生活の間、自律神経失調症・月経前症候群・慢性疲労症候群・過呼吸症候群などなど、いろんな病気の可能性も疑ってその克服法を取り入れたりしてみました。

 

西洋医学は数値の医学ですから、数値的に異常が表れないと診断名がつきません。

なので、もしかしたら少し傾向があるかもしれませんから、自分の症状が当てはまりそうな病気を調べてその克服法を試してみました。

 

ただ、薬は医師が処方してくれないと飲めませんから、やはり正確な診断をしてもらうということが治癒への第一歩だと思います。

 

 

本当はパニック障害なのに、これらの病気に間違えられるという場合もありますし、その逆もありますね。

 

<パニック障害と間違えられやすい病気>

 

・心臓神経症

・不安神経症

・自律神経失調症

・メニエール病

・過呼吸症候群

・狭心症

・不整脈

・僧帽弁逸脱症

・側頭葉てんかん

・褐色細胞腫

・バセドウ病

・低血糖

 

(引用:よくわかる パニック障害・PTSD

 

 

パニック発作では絶対に死なないので、自分で乗り越えるしかないと言われていますが、

その症状がパニック発作ではない場合もありますから、まず体に異常がないか検査をすることはパニック障害を克服する上で非常に重要です。

 

 

 

次回は、9月2日(月)18時更新です。

 

 

パニック障害と漢方薬

以前買った本が出てきたので、少しまとめます。

 

ちなみに私はパニック障害の治療に漢方薬を飲んだことはなく、いろいろな人に勧められましたが、結局処方してくれる医師には出会えませんでした。

ただ、月経前症候群の治療に飲んでいたことはあります。

 

効果があったかどうかは・・・・・・正直、わかりません。

 

 

 

普段、私たちが病院・医師・医学という場合の医学とは、西洋医学ですよね。

 

現代ですと、体に不調が起きた場合には、ほとんどの方が西洋医学の病院に行くのではないでしょうか。

 

もちろん、違う方もいます。

私の知人にも、風邪になった場合にも西洋医学の病院ではなく整体に行くという人がいます。

 

 

西洋医学と東洋医学の違いは、

西洋医学は健康状態を数値で測る医学なんですよね。

 

私は肺炎で死にそうになった経験があるのですが、最初に行った病院で「異常なし!」と判断されたのは、炎症があると増えるはずの白血球の数値が異常ではないからという理由でした。

 

これに比べ、東洋医学は体を全体として診ます。

また、病気になる前の未病のうちに体の調子を整えることで、病気になりにくい体をつくっていくのが東洋医学の目的です。

 

どちらが良い・どちらが悪いということではなくて、

それぞれの長所と短所を自分の健康管理にうまく利用したら良いと思います。

 

 

東洋医学が好きな方からは何かと批判される西洋医学ですが、救急や怪我の場合には本当に必要な医学ですし、新生児医療にも必要な医学だと思います。

 

 

ただ、西洋医学では治らないのではないか?と思われるような病気も昨今は増えているように思いますので、予防医学なんていう言葉もありますが、東洋医学の考え方を取り入れて健康管理をすることも大事なことでしょう。

 

 

 

漢方薬のことだけではなくて、東洋医学の健康の捉え方はとても興味深いですし、パニック障害やうつ・自律神経失調症の方には非常に役立つものだと思います。

 

漢方ではパニック障害を、「気」や「血」の異常からくると考えるそうです。

 

 

東洋医学は奥が深く、なかなか面白いですよ。

 

 

 

次回は、8月26日(月)18時更新です。

 

 

 

 

パニック障害と低血糖とレスキューレメディ

パニック障害と低血糖には何か関係はあるのではないか?ということで、少し調べていたりしますが、

実際、みなさん、診断名よりもパニック発作が起きないことのほうが重要ではないでしょうか。

 

パニック発作の症状と低血糖の症状が似ているというのもありますし、

Twitterのフォロワーさんで、病院の医師に「本当は低血糖なのに、パニック障害と誤診されている人が多い」と言われたという話を聞いたからです。

 

以前書いた記事は、こちら→パニック障害と低血糖

 

 

電車に乗る時・歯医者に行く時・パニック発作が起こりそうな時におすすめグッズで、
第1位で紹介している「バッチフラワー レスキュー・レメディ」ですが、ホメオパシーという、同種療法・同毒療法・同病療法で用いられます。

 

このホメオパシーというのは、数年前、乳児の死亡事件が起こり社会問題にもなりました。

 

このレメディですが、ただの砂糖玉ではないか!という論もあるそうで、プラセボ効果しかない!という説もあります。

 

 

ipp

 

 

レメディは飴タイプもあるのですが、私の紹介しているレメディはシロップタイプで、かなり濃縮されたタイプです。

 

私もなんとなく、これ、ただの砂糖水じゃないかな? と思った時がありますが、

自分では作れないくらい濃縮されているのと、パニック障害と低血糖の関係を考えると、砂糖水でも十分良いわけです。

 

そして何より、携帯に便利なので、外出時に多いパニック発作にはピッタリです。

 

 

パニック障害と低血糖の関係ははっきりしませんが、

調子が悪くなった時に、甘いものを少し摂取すると落ち着くというのは、やはり少し低血糖ぎみなのかもしれません。

 

何事も試してみなくてはわかりませんので、一度、パニック発作が起きそうな時に試してみてもらいたいものの一つです。

 

 

バッチフラワー・レスキューレメディ レビュー

 

 

 

次回は、8月19日(月)18時更新です。

 

 

 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
パニック障害闘病記

1年半家から1歩も出られなかった私が、薬なし!発作なし!予期不安なし!で16年間過ごしている話。


パニック障害闘病記は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ