本サイトのご案内

はじめまして。

未来@パニック障害を克服! です。


約10年間の闘病生活の末、パニック障害を克服しました!

今現在は、薬なし!・通院なし!・発作なし!で約16年暮らしています。

こちらのブログでは、

闘病生活で役立った情報を紹介しています。



また、

パニック発作が怖くて怖くて、

予期不安で1年半、家から1歩も出られなかった私が、

パニック障害を克服して、

約16年、薬なし!発作なし!予期不安なし!に到達するまでのすべて

をお話したパニック障害闘病記を公開しています。


ぜひ!一度お読み下さい。


パニック障害闘病記


本当に優秀な精神科医は感謝されない。

本当に優秀な精神科医は感謝されない。

 

 

先日、こんな話を聞きました。

 

患者さんが何かしら問題があると思って病院に行くが、話していて、「あれ?俺、問題なかったじゃん!」と思って治ってしまうというのが本当に優秀な精神科医。

 

一般的に感謝される精神科医というのは、長い時間をかけて話を聞いてくれたりして、「こんなに俺のために時間をさいてくれた!」と思われる人。

 

だそうです。

 

 

確かになぁ~と思うことはあります。

 

 

 

私が診てもらった精神科医の中で、大嫌い!なおかつ人間としても最低だな・・・と思った医師がいます。

 

その地域でパニック障害治療の第一人者と言われていた人で、パキシルを異常に勧めてきた医師ですが、副作用でとんでもないことになってももちろんそんなことは認めなくて、自分こそは最高の医療を提供している!みたいな感じを常に出していて、本当に嫌な奴だ・・・と思っていました。

 

 

ルボックスを服用して、記憶が飛んでしまったり名前や住所がわからない状態になっているのに、

「それは治療方法がないので、仕方がありません。名前と住所を紙に書いて、持ち歩いたら?」

 

パキシルを服用し、自殺衝動がひどくマンションから飛び降りてしまいそうだと訴えても、

「死ぬ時は、死ぬ。寿命だね」

 

というかんじで、最低の医者だ!と当時は思っていました。

 

 

ただ、症状が落ち着いて、少しずつ元気に回復してくると、もしかしたらあの医師はやはり優秀な人なのかもしれないな・・・と思う時があります。

 

 

感情的には頭にきてるので(笑)認めたくはないのですが、でも、やはり、優秀な人なのかもしれない・・・と時々思います。

 

 

 

208267_202415736455766_4025703_n

 

 

 

パニック障害で苦しんでいた頃の自分は、こんなに苦しいのにどうして誰もわかってくれないんだ!どうして誰もいたわってくれないんだ!という気持ちが強かったように思います。

 

 

パニック障害という病気が、そのくらい人を追いつめるといますか、周りのことなんて考えられない状態にするのは仕方がない部分もあると思いますが、とにかくパニック障害の頃の私は優しい言葉をかけてくれる人に飢えていました。

 

「大変だね」「ゆっくりしなよ」「無理はしないで」

そうした言葉が欲しくて、自分の辛さをわかってもらいたくて、そればかりだったような気がします。

 

 

 

ただ、実際、治すとなると、それはまた別の話です。

 

ゆっくりしたり、無理はしないのは大切ですが、優しい言葉をかけてもらっているだけで治るわけではありません。
やはり、パニック発作が起きる場所に無理矢理行ったりしなくてはなりません。

 

薬を飲めばそれでOKではなくて、薬の服用以外にもやるべきことがたくさんあります。

 

パニック障害は鬱と併発しやすいですから、やるべきことをやるということは本当に大変なことです。

 

しかし、やらなくては治りません。

 

 

私のかかっていたその医師は、ぶっきらぼうといいますか言葉のチョイスが下手な部分はありましたが、治すということに関してはやはり優秀な人だったのかもなぁ~と思う時はあります。

 

 

優秀な人、愛情の深い人ほど、厳しいことを言ったりしますからね。。。

 

 

とはいえ、あまりに言われたことはひどく、副作用もひどかったので、いまだに感謝する気持ちにはなれませんが・・・。

 

 

そうした観点で考えると、パキシルも、副作用はひどいし離脱症状も大変ですが、やはり良薬なのかもしれません。

結局、本当に良いものというのは、薬であることと毒であることと表裏一体。劇薬でしょうね。

 

 

 

100人の愛情が1人からのいじめで消える時

基本的に、心の問題を考える時、私はコップを思い浮かべます。

 

 

心の中にコップがあるとします。

そのコップの中に入っている水が愛情です。

 

100ccのコップとして、

 

80cc入っていれば、元気に明るく前向きに暮らせます。

60ccくらいだと、少し精神的にアンバランスになっているかもしれません。でも、まだ頑張れます。

 

40ccになると、体調が悪くなります。考え方は後ろ向き、マイナス思考になります。

 

20ccになると、自殺を考え始めます。

 

 

私たちは、心のコップの中の水を分け与えながら生きています。

 

こんにちは!と笑顔で挨拶する時、自分のコップの水を少しだけ相手に分け注いでいます。

相手がこんにちは!と返してくれた時、相手からコップの水を少しだけもらうことができます。

 

 

このバランスがとれていれば、コップの中の水が枯渇することはないと思いますが、世の中には人のコップの水を奪うだけの人間がいます。

 

 

206432_203526583011348_240223_n

 

 

基本的に、誰からも愛されなかった人間というのはこの世に存在しないと私は思います。

 

もし、本当に誰からも愛されなかった(誰からもコップに水を貰えなかった)としたら、今日まで生きてこれなかったと思うのです。

 

 

赤ちゃんの頃世話をしてくれた人をはじめとして、たくさんの人達から心のコップに水を貰ったはずなのです。

 

 

では、なぜ、自分は誰からも愛されてはいない・・・と考えてしまうのか。

 

 

それは、人の心のコップから大量に水を盗む人がいるからではないか?と私は思います。

 

いますよね、そういう人。

 

 

もちろん、その人の心のコップも水は枯渇していますから、その人も必死です。

 

残量によって必要とする量が違いますから、残量70ccの人は少し休んで友達や家族と馬鹿話でもすればすぐに80ccになるかもしれませんが、残量20ccの人は大変です。

 

 

100人から貰った愛情が、たった一人からのいじめで消えてしまう時。

 

それは、ものすごく愛情に飢えた人に、心のコップの中の水を大量に盗まれた時かもしれません。

 

 

一生懸命働いてお金を稼いだとしても、横から根こそぎ盗んでいく人がいたら・・・お金はなくなって、自分も困窮してしまいますよね。

 

 

 

あなたの心のコップの水が減ってしまっているのは、自分で使っているからですか?

 

それとも・・・・・・。

 

 

次回は、5月13日(月)18時更新です。

 

まずは頓服を目指したらどうでしょう。

Twitterやブログでコメントを下さる方で、

精神薬を飲んでいる自分を責めている方が、時々いらっしゃいます。

 

「早く、薬を飲まなくても良いようになりたい!」とか、「早く、薬を止めたい!」という気持ちはわかりますが、

「また薬が増えてしまいました・・・」とか、「毎食後、飲んでいます・・・」とか、

薬が増えたこと・薬を飲んでいることをマイナスに捉えているといいますか、なんとなく悪いことのように感じているのかな?と思う時があります。

 

処方されている以上に大量に精神薬を飲んでしまったり、過度に薬に依存してしまうのはあまりおすすめできませんが、

普通に処方されている通りに飲んでいる分には、

そんなに自分を責めなくても良いのではないかなぁ~。と思ったりします。

 

 

そういう私も、なるべく薬は飲まないようにしたほうが良い!なんてブログで言っていますから、薬を服用している方を責めているように感じる方もいらっしゃると思います。
(実際、時々反論など頂きますし・・・)

 

ただ、今、飲まなくてはならない状態なのに、その今の状態を責めたりマイナスに考えるのは、精神衛生上あまりよくありません。 

 

嫌だ、嫌だと思いながら飲むよりも、

これを飲むことでよりよい生活を送ろう!と思うほうが、体に与える影響もプラスになるのでは?なんて思います。

 

 

208479_201936566503683_818407_n

 

 

ただ、何度も言いますが、私が経験して思うことは、

 

・病気の症状なのか薬の副作用なのか、よくわからない場合がある。

・薬を服用したことで、悪化したのではないか?と考えられるような場合がある。

・同じ症状でも、もっと軽い薬を処方する医師もいる。

 

こうした場合があるので、ただ盲目的に服用するのではなくて、

ある程度自分で知識をつけて、自分で判断したほうが良いでしょう。

 

信頼できる医師を見つけることも、結局は自分の判断ですよね。

 

 

 

私も一時期は、1日に50錠以上精神薬を服用していた時期がありました。

 

今はまったく服用していませんが、

50錠以上から、いっきに0錠になったわけではなく、段階的に少しずつ少しずつ良くなってきましたから、

今、薬を服用している自分を責めたりしないで、少しずつ量が減るように、少しずつ軽い薬に変わるように、

 

 

そして、最終的には、頓服を目指したら良いのではないでしょうか?

 

 

頓服で大丈夫な状態になったら、パニック障害は克服したようなものだと思います。

 

自分で判断して、必要な時だけ薬の力を借りれば良いわけですから。

 

 

 

精神薬=悪 とか、薬を飲んでいる自分はダメだ・・・とか思う必要はまったくありません。

 

 

パニック障害と腸の関係

パニック障害は、脳の神経伝達物質のバランスが崩れることで発症すると言われています。

交感神経が過剰に優位になることも原因のひとつです。
また、首が凝っていて、神経がつまっていることが原因という説もあります。

 

今日は、もう一つ。
パニック障害は腸が原因だった!というお話をしたいと思います。

 

 

最近は「腸は第二の脳」などと言って、腸の重要性が言われていますよね。

血液でさえも、腸で造られるなどという説もあるようです。

 

腸は、私たちが食べたものを吸収する部位ですから、

重要であることは確かです。

 

腸が綺麗で、私たちが食べたものがそのまま吸収されれば、

良質な栄養が血液となって、全身を回りますが、

腸の中が汚くて溜まっていれば、

私たちが食べたものの吸収も悪くなりますし、

何より、腐敗した栄養が血液となって、全身を回ってしまいます。

 

脳も、体の一部ですから、血液で動いていることを考えると、

良質な血液を脳に送ってあげるのが、脳の健康にとって1番良いことでしょう。

 

そうした観点から、便秘の解消というのはとても大切な問題です。

 

苦しくなるくらいの便秘は、誰しもが解消しなくては!と思うと思いますが、

ちょっとの便秘、それも慢性化してしまうと、

ま、いつものことだし。と放置してしまう方もいるのではないでしょうか。

 

 

215030_203527519677921_7971607_n

 

 

便秘は万病の元です。

 

腸を綺麗にすることは、血液を綺麗にすることですから、

肌も綺麗になりますし、脳に良質な血液が回れば精神状態も良くなります。

 

人それぞれ、合う・合わないはあると思いますが、

私は、便秘対策として、

・バナナ
・プルーン
・セロリ
・リンゴ

などを食べるようにしています。

 
最近便秘がちだな・・・と思ったら、セロリ。

バナナは毎朝、食べるようにしています。

 

「パニック障害、うつ病は腸のバイ菌が原因」

という本があるのですが、近くの図書館にないんですよね。。。
近いうちに取り寄せて、また皆さんにご紹介したいと思います。

 
対症療法(薬物療法)だけではなく、

いろいろな角度から、自分の不調を考えることは大事です。

 

パニック障害と闘うために必要なこと

敵を知り、己を知れば、百戦危うからず という言葉がありますが、

 

敵の実力を見極め、己の実力を客観的に判断して敵と戦えば、100戦したところで、危機に陥るようなことはない。

という意味だそうです。

 

これを、パニック障害の闘病に置き換えると、

パニック障害という病気を知り、自分の体・心というものを知れば、100回発作が起きたところで、怖がることはない。

 

そんな風に置き換えることができると思います。

 

 

パニック発作は、どうして起きるのか?

パニック障害に有効と言われている療法は何ですか?

パニック障害の方が摂取しないほうが良いと言われているものは何ですか?

今服用している薬には、どのような副作用があると言われていますか?

 

これらの質問に、すぐに答えることはできますか?

 

 

私は素人だからわかりません。では、済まされません。

 

 

なぜかと言えば、

パニック障害と闘うのはあなた!だからです。

 

パニック障害になっているのは、あなたの体です。

 

パニック発作が怖いと思うのは、あなたの心です。

 

 

222033_206097529420920_3661866_n

 

 

 

医師・カウンセラー・精神薬は、あくまでも補助役。

パニック障害と闘うあなたを手助けしてくれるものです。

 

 

まずは、知識の習得に励みましょう!

 

 

突然、めまい・吐き気・動悸・発汗・死ぬかもしれないという恐怖に襲われたときは、本当に怖かったことでしょう。

 

これは一体何だろう?

自分はどうなってしまうんだろうか?

どこか体でも悪いのだろうか?

 

でも、それが「パニック発作」というものだと知ってからは、少しだけ怖さは減っているはずです。

 

そして、パニック発作というものが交感神経が過剰に優位になることで生じるということを知れば、

これまた少しだけ、恐怖は減るはずです。

 

どこか体が悪いわけではない。

死ぬわけではない。とわかりますからね。

 

 

そして、交感神経が優位になるということは、自律神経のバランスをとれば良いということがわかれば、

少しずつ、自分がやるべきこともわかってきます。

 

 

ただただ突然の発作に怯えていた頃とは、心持ちが全然違います。

 

 

こうした基本的な努力をしないで、ただ早く治りたい!早く楽になりたい!と思っていても、なかなか良くはなりません。

 

 

パニック障害という病気を知ること。

自分の体と心という仕組みを知ること。

 

これらは、パニック障害と闘う上で、最低限必要なことだと思います。

 

 

 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
パニック障害闘病記

1年半家から1歩も出られなかった私が、薬なし!発作なし!予期不安なし!で16年間過ごしている話。


パニック障害闘病記は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ