パニック発作と季節差。

今年の夏、突然めまいが起きて、急いで病院に行きました。

 

結局、耳からくるめまいとのことだったのですが、

「暑いと重くなる場合がある」

と、医師に言われました。

 

 

パニック障害にも、季節差があるかもしれません。

パニック発作が起こりやすい時期とそうでもない時期。

 

 

私はどちらかというと、冬がダメでした。

冬の電車の暖房は、本当に苦手でした。

今思い出しても、冬に倒れた記憶はたくさんありますが、

夏は意外とありません。

 

 

うつは春に重くなったり、

5月はうつっぽくなる人が多かったり、

日照時間が短い冬もうつっぽくなるなどと言いますよね。

 

パニック障害については、とりたててそうした話は聞きませんね。

 

 

個人差もあると思いますので、

自分のパニック発作はどんな時に起きやすいのだろう?

と分析してみると良いかもしれません。

 

悪い時期がわかってしまうと、予期不安が大きくなってしまう・・・。

という方もいるとは思うのですが、

 

パニック発作を乗り越えるには、

自分のパニック発作を分析するしかないと思います。

 

 

電車や歯医者、美容院など、

場所についての分析はたくさんあると思いますので、

季節についても、ぜひ、分析してみましょう!

 

 

 

パニック障害と一生懸命

自分で言うのもヘンですが・・・。

よく、こんなにブログに書くことがあるなぁ~と、自分で少し感心します(笑)

 

 

でも、よくよく考えると、それだけ一生懸命パニック障害と闘ってきたんですよね。

というか、結果的に一生懸命になってしまったわけです。

 

 

一生懸命を辞書で引くと、「命がけで事に当たること」と書いてあります。

 

 

そもそも、パニック発作が死ぬかもしれない!という恐怖と闘うわけですから、

結果として、命がけでパニック発作と闘うことになるわけです。

 

 

怖いですよね!

めちゃくちゃ怖いですよね!

 

 

私は闘病中、誰も理解してくれませんでしたが、

本当に怖かったです。

 

 

216000_201627499867923_2086102_n

 

 

パニック発作というのは、脳の伝達物質が誤作動して、さまざまな症状を起こします。

 

動悸やめまい、吐き気など、身体面の症状もありますが、死ぬかもしれない!という精神的な症状がありますよね。

 

この「死ぬかもしれない!」という状況は、

本当に怖いと思います。

 

 

だって、

死ぬかもしれない! んですよ???

 

 

 

私は重症の時は、家から出ることができませんでした。

 

パニック発作が怖いというのもありますが、

「死ぬかもしれない!」という恐怖と闘うのに疲れ果ててしまっていたというかんじもします。

 

周りが理解してくれないことにも疲れていたかもしれません。

 

 

パニック障害や病気で、家でゆっくりしていたり、ゴロゴロしていると、怠けているように感じるとは思いますが、
一生懸命、パニック発作と闘っているのだと思います。

 

一生懸命取り組んだことというのは、

いつか必ず、結果が出るものだと私は思います。

 

 

少しずつ、ゆっくりと、です。

 

 

パニック障害が治らない理由。

パニック障害の方は、長期間闘病している方が多いのではないでしょうか。

 

私も19歳での初めての発作から、病院に通い薬を服用するまで、約4年。

病院に通い、薬を服用していた期間が、約4年。

薬を飲んでいても治らない!と気づき、自分で勉強をしていたのが、約4年。

 

その後も、5年間くらい予期不安はありました。

 

発作はほとんどなくなって、予期不安もなく普通に外出できるようになってからも、

電車に乗って、ぼぉ~っと外を見ていたら、

突然、パニック発作を思い出し、発作が起きそうになったこともあります。

 

克服した後、一度だけ行った心療内科でその話をしたところ、

「脳が覚えているからね」

と医師に言われました。

 

 

208267_202415736455766_4025703_n

 

 

パニック障害が長引いてしまう理由の一つに、

「予期不安」

があると思います。

 

突然パニック発作に襲われたことにより、

同じ状況、同じような状況の場面に遭遇すると、

「また、あの発作が起きたらどうしよう・・・」
「また、あの発作が起きるのでは???」

ひどくなると、

「また、あの発作が起きるかもしれまいから、あそこに行くのはやめよう!」

となってしまいます。

 

電車やバス、エレベーター、人ごみ、歯医者・・・。

いろんな場面に行くことができなくなって、家にひきこもるようになってしまいます。

 

 

 

パニック障害の克服とは、

パニック発作が起きないようにするのはもちろんですが、

予期不安に打ち勝つ!ということがとても重要ではないでしょうか。

 

そのためには、「認知行動療法」というものがあります。

こちらについては、後日、連載としてサイトにアップしたいと思います。

 

 

一番簡単な予期不安に打ち勝つ方法は、小指のマッサージです。

 

小指の爪より3ミリ下をマッサージします。

副交感神経が刺激されますので、交感神経の暴走であるパニック発作を抑えることが出来ます。

 

 

 

 

首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

3回にわたり、首こりを解消することで、精神科・心療内科の治療では長年治らなかったパニック障害・うつ・自律神経失調症・不定愁訴というさまざまな不調が改善されるお話をしました。

 

首こりは万病のもと【第1回】
パニック障害・うつ・自律神経失調症と首のこり【第2回】
ストレス時代を生き抜くための首こり解消法【第3回】

 

パニック障害・うつ・自律神経失調症で苦しんでいた私が、精神薬を止めてから病気を克服するまでにとても良かったと思うものに、整体があります。

 

 

Twitterや以前のアメブロでも何度か整体をおすすめしているのですが、

 

体の歪みを整え、神経や気の流れを正常に戻すことは健康を維持するために非常に重要だと痛感しました。

 

 

それまでは体の具合が悪いと、すぐに通常の病院(西洋医学の病院)に通って薬を服用していたのですが、 整体で体の歪みを整えることが健康に良いと気づいてからは、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服した後も、体に不調を感じると整体に通うようになりました。

 

 

ただ、1度の施術で体の歪みが解消されることは少なく、何度か続けて通わなくてはなりません。

 

たいてい私は、最初の3日間は毎日通い、次から1日おき、2日おき、3日おきと間を空けて、10回~12回位は通います。

 

整体は保険が適応されないので1回の施術に5000円近くかかり、私の場合でも1回の不調に、5万円~6万円は費用がかかってしまいます。

 

 

整体が、パニック障害やうつ・自律神経失調症はもちろん、健康を維持するのにとても良いということはわかっているので、どうしても高くなってしまう費用がどうにかならないか・・・と思っていたところ、 ある整体師の方のサイトを見つけました。

 

 

その整体師の方(金本博明先生)も、 ご自身がうつ・自律神経失調症の症状に悩まされた経験があり、薬は病気を根本的には治さないと気づいてから、 あらゆる流派の整体法を始め、鍼灸・マッサージ・漢方・心理療法・認知療法・森田療法・自律訓練療法・カウンセリング・心理分析・呼吸法・サプリメントなどなど、さまざまなことを試してみたそうです。

 

7年間の試行錯誤の結果、辿り着いた答え・・・、

 

 

それは、

 

 

 

 

・首がこると交感神経が刺激されるため、パニック障害が起こる。

 

・首がこると副交感神経の働きが低下し、自律神経失調症が起こる。

 

・首がこると脳への血流も悪くなるため脳内の神経伝達物質の働きが低下し、うつ病になる。

 

 

これが、2000人以上のパニック障害・うつ・自律神経失調症の方を改善に導いた金本整体師の持論だそうです。

 

 

30年以上首の研究を続け、自律神経失調症の治療法を世界で初めて完成させた『首こりは万病のもと』の著者である脳神経外科医・松井孝嘉医師が至った結論と同じです。

 

 

金本先生の元には、全国から患者さんが来院しているそうですが、もちろん通うことができない方もいます。

 

 

そうした方のために、金本整体師がパニック障害・うつ・自律神経失調症改善プログラムを開発してくれました。

 

 

全206ページのテキストとDVD、そして頸椎の歪みを調整する美骨枕を使って、美骨マッサージ・美骨ストレッチを行うことで、 頭痛・動悸・不眠・倦怠感などの不定愁訴から、パニック障害・うつ・自律神経失調症などの辛い症状までが治まり、 病気で苦しむ前の状態にまで戻ることができるそうです。

 

また、こちらのプログラムは再発予防にもなり、日々の健康維持に役立つそうです。

 

 

002

 

 

早速購入し、試してみたところ・・・・・・。

 

 

まず、テキストが素晴らしい!!!

 

美骨枕を使って首の歪みを解消してパニック障害・うつ・自律神経失調症を克服することを中心として、

パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服するためにやるべきさまざまなことが解説されており、

金本先生自身、病気を経験されているので、病気で苦しんでいる方の状態をとてもよく理解されていて、とても読みやすい構成となっています。

 

テキストにもこの美骨枕を使ったストレッチの方法が書いてあるのですが、わかりづらい方のためにDVDで解説してくれています。

 

毎日30分行うのは大変かもしれませんが、DVDを見ながら、真似して行えばそんなには苦ではないと思います。

 

 

とにかく、テキストが素晴らしく、

私の約8年間の闘病生活の間、このテキストに書かれているようなことをすべて教えてくれる医師はいませんでしたし、整体にもずいぶん通いましたが、説明してくれる方はいませんでした。

 

その後、自分でいろいろと勉強し、
パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服するにはやるべきことがたくさんあるということがわかりましたが、私が何十冊(いや、百冊を超えるかも?)という本を読んで、自分で勉強して辿り着いた答えと同じことが、このテキストにはすべて書かれています。

 

やはり、経験し、なおかつ克服した人は、同じ答えに辿り着くのだな~と思いました。

 

 

 

枕は医療器具ではないので、すべての方に必ず効果が出るとは限らないようですが、

テキストを読むだけでも十分価値があると私は思いました。

 

 

 

闘病生活を経て、私が感じたのは、

健康を維持するためには、これを飲めば良い!とかこれをやれば良い!ということではなく、

毎日、自宅で、自分で行うことが非常に重要!ということです。

 

 

体も心も、結局は自分で作っていくしかありません。

 

 

自分で自分の体と心をメンテナンスする。

そのお手伝いをしてくれるプログラムだと思いました。

 

 

私もこの美骨枕を使ってストレッチをし、首に疲れを溜めないようにしたいと思います。

長時間PCを使ったりスマホを見ていたりしても、首が凝りますよね。

現代にうつが多いのは、そうした時間が増えたことも原因かもしれませんね。

 

 

パニック障害・うつ病・自律神経失調症改善プログラム

 

 

※残念ながら、こちらの克服法は販売が終了してしまったようです。

パニック障害 ~不安との闘い~

パニック障害とは、以前は不安神経症と呼ばれていました。

 

名前の通り、パニック障害とは不安に取りつかれてしまった状態だと思います。

最初のきっかけであるパニック発作は、交感神経が過剰に緊張したことによって生じたかもしれませんが、

その後の予期不安(「また起きたらどうしよう・・・」)は、まさに不安の状態です。

 

 

最近では、パニック障害は心の病ではなく脳機能障害だという説もありますから、パニック発作を起こすのは心は関係ないのかもしれません。

 

 

ただ、その後の予期不安は明らかに心の作用ですよね。

 

 

パニック発作を抑制するには、SSRIなどお薬が効果があるかもしれませんが、

予期不安を抑制するには、認知行動療法が有効と言われています。

 

 

 

226097_206089172755089_6204525_n

 

 

 

電車に乗る→パニック発作が起こる→また起きたらどうしよう・・・→電車に乗る→パニック発作が起こる→また起きたらどうしよう・・・→

 

こうしたサイクルになってしまった心を、

 

電車に乗る→パニック発作が起こる→冷静に対処する→電車に乗る→パニック発作が起こる→冷静に対処する→

 

こうしたサイクルにすれば良いわけです。

 

 

 

パニック発作が起きないようにしよう!ということも大事ですが、人によっては、そこは難しい場合もあると思いますので、

「パニック発作が起こる」という前提で、パニック発作に冷静に対処できる自分になりましょう!

 

 

こうした私も、約8年くらい大きな発作はありませんが、

実際は、パニック発作が起こらないという状態になったわけではなく、パニック発作が起きても冷静に対処できるようになったということです。

そうしたら、「また起きたらどうしよう・・・」と不安を感じることが少なくなりましたから、

それと共に、私の場合はパニック発作が起きることがなくなりました。

 

 

パニック障害は、不安との闘いですね。

 

大丈夫! 闘っているのは、あなただけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

テレビや雑誌に引っ張りだこの「精神科医」が監修

最短9分でパニック障害が改善!


自宅で出来る

『パニック障害改善プログラム』は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ