パニック障害と低血糖

 

パニック障害と低血糖の関係について、最近注目しています。

 

 

というのも、うつなどの心の病の人は白砂糖は止めたほうが良いというのは以前から知っていましたが、

白砂糖について調べているうちに、低血糖の症状がパニック障害の症状と似ているような気がしたからです。

 

低血糖には、自律神経症状と中枢神経症状があるそうなのですが、

特に、自律神経症状の発汗・震え・不安・動悸・口唇乾燥などはパニック発作の時の症状にそっくりですし、これらは交感神経が活発になることによって起きると言われています。

(パニック発作は、交感神経が緊張することによって起こります)

 

 

では、なぜ低血糖が起きるかと言いますと・・・。

 

お菓子や炭酸飲料などを食べることにより、血液中の糖分濃度(血糖値)が下がるため体は常にエネルギー不足の状態に陥ってしまいます。この影響を最も受けるのが脳であり、脳は全身に指令を出している部位ですから、そこが正常に働くことができないと全身症状が現れます。

 

お菓子などに含まれる糖分は急激に血糖値を上げるため、危険を感じた体がすい臓からインスリンを分泌し血糖値を急激に下げて行きます。

 

ここまでは正常な体の働きなのですが、

あまりにそうしたことが続くと、すい臓の機能が低下し、必要な時ではないのにインスリンを分泌して血糖値を下げたり、大量のインスリンを分泌して血糖値を下げ過ぎてしまったりするそうです。

 

 

 

247136_214175648613108_3411304_n

 

 

 

 

うちの祖父は病院嫌いだったので診断はされていませんが、パニック障害に似た症状になる時があり、

突然、「苦しい!動悸が!・・・死にそうだ・・・」などと苦しみ始め、「ようかんを取ってくれ!」なんて言うことがありました。

本当に苦しそうで、いつも必ず「死ぬかもしれない!」みたいなことを言うのですが、甘い物をパクリと食べるとおさまるのです。

祖母や母は「仮病だ」なんて言っていましたが、確かにパニック発作と似ています。

 

ちなみに私は、パニック障害の時も今もですが、夜どうしても眠れない時は必ず甘い物を食べます。

いけないのはわかっていますが、アメをなめながら寝る時もあります。

そうすると、なぜか落ち着いて眠れるんです。

 

 

しかし、おそらく病院で検査をしても、低血糖という診断は出ないように思います。

西洋医学の診断には数値が使われますが、例えば80以下は確定だった場合、81だったらどうなるでしょうか。

数値としては異常なしであっても、本人にとって自覚症状があれば本人は辛いわけですから、何らかの改善策はとらなくてはなりません。

 

 

低血糖の治療をする必要はないと思いますが、発作が起きた時・発作が起きそうな時、甘い物を少し食べてみるという対策は試してみても良いかもしれません。

 

ただ、先ほども書きましたように、低血糖は甘い物の食べ過ぎでなる場合がありますから・・・、量には気をつけたほうが良いと思います。

 

 

 

 

 

 

パニック障害と自律神経失調症

 

パニック障害の方で、自律神経失調症を併発している方は多いのではないでしょうか。

 

 

私がパニック障害を発症したのは、19歳の時でしたが、
1番最初に「自律神経失調症かもしれません」と言われたのは、10歳の時でした。

当時、小学5年生だった私は、ある日給食の後に吐き気に襲われました。
トイレに行くのですが吐けず、保健室に行きましたが解決しない。
そのうち夕食の後も気持ちが悪くなるようになり、ご飯を食べることが怖くなってしまいました。
当時は、内科に行きました。
子供だったからか、胃カメラはやりませんでしたが、いろいろな検査をしても原因がわからず・・・。
女の子なので、「もしかしたら・・・」ということでエコーで妊娠の可能性まで調べたのですが、原因はわかりませんでした。

 

ただ、女の子の10歳といえば、月経の始まる時期です。
それが理由なのかはわかりませんが、9歳までは活発なスポーツ大好きな子どもだったのですが、突然大人しくスポーツの出来ない子どもになってしまいました。
また、それまでは色黒でクラスの黒んぼ大賞にも選ばれていたくらいだったのですが、突然色白になりました。

 

そうした明らかな変化があったので、
原因不明の体調不良も、もしかしたらホルモンの変化による症状かもしれない。と思い、「自律神経失調症かも・・・」という医師の言葉はあまり気に留めませんでした。
当時、「自律神経失調症」という言葉が、まだあまりメジャーではなかったということもあります。
また、生活にそれほど支障がなかったため、いつの間にか自分も親も忘れてしまいました。

 

この、「生活に支障がなかった」というのが、病気には決定的なマイナスとなります。

 

 

 

247001_214172958613377_6875158_n

 

 

 

どんな病気も、悪化すること・慢性化すること・重症化することが1番厄介であり、1番避けたい状態です。

 

結局私が初めて心療内科に行ったのは、パニック障害が悪化し、もう家から出られない・・・という状態になってから。
要は、生活に支障が出るようになってからですから、いかに人間が問題を先送りにしてしまうかということがわかります。

 

と言いましても、病院で自律神経の検査をしても異常が出たことは私はありません。
ですので、完璧な自律神経失調症なのではなく、自律神経失調症ぎみということだと思います。 未病と言ってもよいかもしれません。

ただ、自律神経失調症というのは非常に厄介でして、 ある意味では生活習慣病のような面がありますから、手術や薬で治るものではありません。

 

 
交感神経と副交感神経のバランスを乱さないようにする。
パニック障害の方は、交感神経が優位になりやすい方が多いと言われています。
ですので、意識して、副交感神経を優位にする。
ぬるめのお風呂に入ったり、気持ちが良いマッサージを受けたり、呼吸法などもあります。

 

 

●こちらの爪もみ療法も、自律神経を整えるのには効果的でしょう。

 

奇跡が起こる爪もみ療法

 

 

 

パニック障害の死ぬかもしれない!という恐怖

パニック障害で、1番厄介なのは、死ぬかもしれない!という恐怖だと思います。

吐き気・めまい・動悸など、急激に体を襲う症状ももちろん辛いですが、
それらは比較的我慢ができるというか、自分で冷静になだめることも可能だと思うのですが、
「死ぬかもしれない!」という恐怖に襲われた時は、完全に、自分を見失ってしまいます。

とにかく、怖いですよね。

 

パニック発作が生じるのは、交感神経が過剰に緊張して脳が誤作動して発動してしまっている。
ということは頭では理解できますが、実際にその状況になったら、どんな人でも相当な恐怖だと思います。

 

体に異常がなくパニック障害だと診断されている方なら、「実際に死ぬことはない」と言われていますが、

やはり、頭では理解できても、感情としては恐怖だと思います。

 

 

216253_202604223103584_2438493_n

 

 

「死ぬかもしれない!」という恐怖は、人間が持っている1番根源的な恐怖ですよね。

すべての人が、心の奥底には「死」への恐怖を持っています。

本来なら心の奥底に沈めてある「死」への恐怖が、心の表面に出てきてしまい、なおかつそれに捉われてしまうことを、「神経症」というそうですが、

パニック障害が、以前は「不安神経症」と呼ばれていたことを考えると納得することができます。

 

 

まずは、パニック発作を怖れる自分を責めないで下さい。

あれだけの発作を経験すれば、誰だって、怖い・・・と思ってしまうはずです。

また起きたらどうしよう・・・と思い、同じ場面に行くことを尻込みしてしまう。予期不安が起きてしまうのも、当たり前だと思います。

電車に乗れない自分・人込みに行けない自分・閉鎖空間にいられない自分。
そんな自分を責める必要はありません。

あなたが弱いわけではありません。

 

 

そうは言っても、自分を責めちゃうのがパニック障害の方なんですけどね。

自分を責める必要はありません。

 

 

 

パニック障害とひきこもり

先日、とある質問サイトで、「ひきこもりの人のことが理解できない」という質問がありました。

 

「親や兄弟は、どうして許しているんだ!」

「ひきこもりなんて甘えだろう!」
 

そんなかんじの内容でした。
 
 

私は大学4年生の春から1年半、家から出られなかった時期があります。
 

予備校に通っていたときに始まったパニック障害が重症化し、

大学4年の春に、もう一人暮らしは無理だ・・・と思い地元で就職しようと思ったのですが、

就職活動中に、もう就職して働くのは無理だ・・・とにかく、もう無理だ・・・と思い、

心療内科に通い、そのまま家から出られなくなりました。

 

もしかしたら、もっと早く病院に行って適切な治療を受けていれば、

そんなに重症化せずに、ひきこもることもなく生活できたかもしれません。
 

でも、初めてバスの中でパニック発作に襲われてから、

何度も何度も起きるパニック発作。

めまい・吐き気・動悸・死ぬかもしれないという恐怖・・・。
 

自分の体で何が起きているのか?

どうして、今までは平気だった場所でこうなってしまうのか?
 

人ごみ・乗り物・歯医者・エレベーター・・・。
 

最後は、自分の家で寝ていても、パニック発作が起きるようになってしまいました。
 
 

あの頃の私のことを、「甘えてる!」と思っている人もいたと思います。
 
 

どうしたら、予期不安が解消し、家から出ることが出来るのか?

どうしたら、パニック発作が起きなくなるのか?

どうして、こんなに毎日24時間、体調が悪いのか?

どうして、自分だけこんなことになってしまったのか?
 

そんなことばかり頭の中をグルグル回って、

自分だけが苦しいような気がして、

身近な人に当たってしまったことも実際、あります。
 

おそらく、私に当たられた人は、

「学校も行かないで家で寝ているだけ。

 自分だけが苦しいと思ってる。甘えている」

そう思っていたことでしょう。
 

実際、口に出して言ってきた人もいました。

 
 

208267_202415736455766_4025703_n

 
 

今、パニック障害を克服し、元気になった私が、あの頃の自分をどう思うか?と言えば、

「甘えてる」

なんて、絶対に思いません!!!
 

元気な今よりも、

あの頃のほうが、はるかに大変ですし、

元気な今の苦しさなんて、どうってことはありません。
 

レベルが違います。
 

 

バスに乗れないんですよ?

電車に乗れないんですよ?

人がたくさんいる場所に行けないんですよ?

歯医者・美容院に行けないんですよ?
 

家から一歩も出られないんですよ???
 

あの恐怖の発作が、いつ起こるのか?と毎日ビクビクしているんですよ?
 
 

苦しいに決まってるじゃないですか!
 

大変に決まってるじゃないですか!
 
 

必死になって、自分の体・心の不調と闘っている人に、

表面的な部分だけを見て、

「甘えてる」

なんて、私は言えません。
 

 

もし、そうした人が、甘えてるように見えるとしたら、

甘えてるのではなくて、困っているんです。
 

どうしたら良いかわからなくて、困っている
 

自分でも、どうしたら良いかわからないんです。
 

 

経験したことのない人に限って、テキトーなアドバイスをしてきます。

「気晴らしに、外の空気でも吸ったら?」

「みんな辛いことを我慢して、それでも頑張っているんだよ!」

「親が死んだら、どうするの?」
 

そんな話ではないんです。
 

「じゃあ、この、体と心の不調を治して下さいよ!

そしたら、いくらでも外にも出るし、働くことだって出来ますよ!」
 

そう言いたいのですが、言う気力さえないのです。
 

どうせ、わかってくれないからね。。。
 
 

私がパニック障害と闘っていた頃は、

まだネットがこんなに発達してなかった(ブログもなかったと思います)ので、

経験者の方のお話を聞く機会なんて、まったくありませんでした。
 

周りに経験者もいませんでしたから、

ただただ一人で、壊れそうな体と心と毎日向き合っていました。
 

ブログが出来て、Twitterが出来て・・・。

同じように苦しんでいる人と、苦しさや辛さを共有できることは、

心を軽くしますよね。
 

経験者の話は、医師ではないので専門性には欠けますが、

少しは参考になると思います。
 

特に、

あまり外に出られない・家から出られないという状態にあるパニック障害の方にとって、

ネットはとても貴重なツールだと思うので・・・。

(私が重症のときは、1番の親友の子とお喋りするのにも、

 途中で発作が起きたらどうしよう・・・と思い、会うことも電話することも出来ませんでした)
 

確かに、明確な理由がない、ただの甘えたひきこもりの人もいるのかもしれません。

(私はいないと思いますが・・・)
 

でも、

ほとんどのひきこもりの人は、心が疲れ果てて・・・、体が疲れ果てて・・・。

もう、外に出る気力なんてない・・・そういう状態だと私は思います。
 

足が折れてる人に、走れ!というのは無理です。

脳梗塞で言葉がうまく話せなくなってしまった方に、「それは甘えだ!」なんて言うのでしょうか?
 
 

心は、目に見えません。

心の傷は、目に見えません。
 
 

心ない周りの言葉は上手にスルーして、

ゆっくり疲れをとって、傷を癒してくださいね。
 
 

少しずつ・少しずつ回復すれば良いのです。
 
 
 

パニック障害とアロマ

先日、読者様からのメールで、

「パニック発作にはアロマが効くと聞いて始めたところ、

 加速度的に良くなっています」

というメールを頂きました。

 

どうやら、私のブログを見て、パニック発作にはアロマが効くと知ったわけではないようなので、

他にも、同じようにおっしゃっている方がいるようです。

 

 

私は約4年間の精神薬の服用後、

このまま薬を飲んでいても、良くならないな・・・と思いまして、

薬を止める決意をし、さまざまな代替療法を学びました。

 

薬を服用していた時から、気休めといいますかリラックスのためにアロマを焚いていたりしたので、

なんとなくアロマについて調べてみると、

ヨーロッパでは医師が処方したり、西洋薬が置いてある薬局に同じように置いてあったりするそうで、

その効能は広く知られているとのことでしたので、興味を持ちました。

 

 

208267_202415736455766_4025703_n

 

 

最初は、本当に気休めと言いますか、少しリラックスできたらいいな♪くらいだったのですが、

何本か揃えて、日常的に使用していくうちに、少しずつ、その効果を実感するようになりました。

 

香りというものは、鼻から吸い込みますよね。

すると、その香りは嗅覚を通して、脳に通じるわけです。

 

脳の神経が感じ取っているから、私たちは香りを感じることが出来るわけです。

 

ある意味、香りは脳にダイレクトに働きかけますから、

逆にいえば、悪いように作用してしまうこともあるわけです。

 

リラックスというよりも、リフレッシュの作用の強いものを夜使用すると、

本当に眠れなくなってしまいます。

 

 

なので、
初心者の方は、店頭でお店の人にアドバイスを頂いてから購入したほうが良いと思いますし、

本などでその効能を確かめて、ネットで購入するのも良いでしょう。

 

また、精油は1本ではなく数種類を混ぜて使用したほうが、相乗効果が現れると言われています。

相性の良い精油・悪い精油などもありますから、いろいろと勉強していくと面白いです。

 

 

とはいっても、

パニック発作が怖くてお店に行けない。お店の人とゆっくり話せない。という方もいると思いますので、

私のおすすめ一覧をご紹介しています。

 

健康と幸せを手に入れるために・・・私のおすすめ一覧

 

アロマは医薬品ではないので、すべての方に効果が出るわけではありません。

 

 

 

 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ