パニック障害と低血糖とレスキューレメディ

パニック障害と低血糖には何か関係はあるのではないか?ということで、少し調べていたりしますが、

実際、みなさん、診断名よりもパニック発作が起きないことのほうが重要ではないでしょうか。

 

パニック発作の症状と低血糖の症状が似ているというのもありますし、

Twitterのフォロワーさんで、病院の医師に「本当は低血糖なのに、パニック障害と誤診されている人が多い」と言われたという話を聞いたからです。

 

以前書いた記事は、こちら→パニック障害と低血糖

 

 

電車に乗る時・歯医者に行く時・パニック発作が起こりそうな時におすすめグッズで、
第1位で紹介している「バッチフラワー レスキュー・レメディ」ですが、ホメオパシーという、同種療法・同毒療法・同病療法で用いられます。

 

このホメオパシーというのは、数年前、乳児の死亡事件が起こり社会問題にもなりました。

 

このレメディですが、ただの砂糖玉ではないか!という論もあるそうで、プラセボ効果しかない!という説もあります。

 

 

ipp

 

 

レメディは飴タイプもあるのですが、私の紹介しているレメディはシロップタイプで、かなり濃縮されたタイプです。

 

私もなんとなく、これ、ただの砂糖水じゃないかな? と思った時がありますが、

自分では作れないくらい濃縮されているのと、パニック障害と低血糖の関係を考えると、砂糖水でも十分良いわけです。

 

そして何より、携帯に便利なので、外出時に多いパニック発作にはピッタリです。

 

 

パニック障害と低血糖の関係ははっきりしませんが、

調子が悪くなった時に、甘いものを少し摂取すると落ち着くというのは、やはり少し低血糖ぎみなのかもしれません。

 

何事も試してみなくてはわかりませんので、一度、パニック発作が起きそうな時に試してみてもらいたいものの一つです。

 

 

バッチフラワー・レスキューレメディ レビュー

 

 

 

次回は、8月19日(月)18時更新です。

 

 

精神薬との上手な付き合い方

パニック障害と闘うにあたり、精神薬との付き合い方は本当に難しい問題です。

 

このブログに訪問下さる方は精神薬を服用している方が多いのではないでしょうか。

 

 

私も以前は服用していました。

 

ベンゾジアゼピン系抗不安薬・三環系抗うつ薬・SSRIなどなど。

 

薬の具体名をあまり覚えていないのが残念なのですが、多い時では1日に50錠以上飲んでいた時もあります。

 

 

結局、SSRIであるパキシルとルボックスの副作用で本当に怖ろしい経験をして、私は薬を飲むのは止めよう!と決意したのですが、

薬を飲むことで症状が楽になることも確かですので、上手な付き合い方はないものかと少し考えてみました。

 

 

226097_206089172755089_6204525_n

 

 

私もそうでしたが、皆さんのお話を聞くと、心療内科や精神科では頓服でお薬を出すというよりも、毎食後・就寝前などに定期的に飲むように処方されることが多いようです。

 

たぶん、処方される薬がそのように服用することで効果を発揮するのでしょう。

 

 

また、うつなどでは、少し良くなったからと自己判断で止めてしまうと再発する恐れがあるので良くなっても少しの間服用しましょうなどとも言われます。

 

 

 

私は医師ではないので、薬に関しては専門的なことはわかりません。

 

基本的には、処方した医師の指示に従うのがベストだと思います。

 

 

 

ただ、薬を少しでも減らしたい! 薬を止めたい!という方が多いのも事実です。

 

 

 

そういう方はどうしたら良いか?

 

 

理想としては、発作が起きそうな時・発作が起きそうな場所に行く時にだけ頓服で薬を飲む。

これだと思います。

 

 

発作が苦しいのも事実ですし、薬によって症状が楽になるのも事実です。

 

いきなり薬を全部やめるのは困難でしょうから、安心のためにも、頓服で薬を持っていたら良いのではないかと思います。

 

そして、それを、かかりつけの医師に相談してみることです。

 

 

 

私も薬を止めたい!と決意してからは、医師に薬に対しての要望をはっきり言うようにしました。

 

それまでは、医師に言われるがまま、処方されるがまま飲んでいたのですが、

 

薬を止める!と決めてからは、

医師が毎食後・就寝前と処方しても「就寝前だけではダメですか?」「調子が良い日は、自分の判断で半分にしてはダメですか?」

などと、なるべく減らすことが出来るように、質問をしました。

 

 

 

おそらく、病気が本当に辛くて大変な時期は、薬を止めたい!という気持ちは湧いてこないと思います。

 

薬を止めたいなという気持ちが湧いてきたということは、少しずつ病気が回復してきたということでしょうから、医師に自分の要望を伝えてみても良いかもしれません。

 

 

 

薬は、薬にもなるし毒にもなりますから、上手に付き合っていきたいですね。

 

 

次回は、6月17日(月)18時更新です。

 

 

【読者様レビュー】首こりを解消して、パニック障害を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

先日、全4回にわたり連載しました「パニック障害・うつ・自律神経失調症と首こりの関係」

 

お読み頂けたでしょうか?

 

Twitterやメールなどで、たくさんの方から反響を頂き、

やはり、皆さん、パニック障害と首の関係について薄々気づいていたという方が多いようです。

 

経験から得られた感覚は大事ですよね!

 

現代人はPCに向かっての作業やデスクワークが多いので、首がこってしまう人が多いようです。

 

休職するまでになってしまった不調の原因がわかった!という方もいらっしゃいましたよ。

 

 

今日は、頂いた反響の中から、興味深かったものをご紹介したいと思います。

 

 

※全4回の連載をまだお読みでない方は、こちらからすべてお読み頂けます。
首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

 

 

 

タマネギマさんからのコメントです。

 

金本先生のセット、私昨年購入しました!

 

返金保証もついていますよね。私の場合、一時期調子が上がったのにまた不調になったのは、美骨枕は毎日使っているのですが、首こりを取る体操を今年に入ってからさぼり気味だったからかなとも思っています。

 

とにかく私の肩こりその他はもう20年以上の筋金入りなので、しっかりやった方がいいと思いました。

 

ちなみに、金本先生もおっしゃっているのですが、枕がいくらストレートネックなどの矯正に効果があるからと言って、いきなり長時間使うと陽転反応と言うか、調子が悪くなることがあるようです。私もうっかり、そのまま朝まで寝てしまったことがありますが、余程慣れてこない限りは先生のご説明通りやった方がいいようで、やや調子が落ちる日もありました。

 

多分、軽度の人やもう寛解している方がメンテナンスで行うなら、効果は早いと思います。重症の人は根気がいると思いますが、基本「筋弛緩法」の動きに似ていますので、とっつきやすく、継続は力なりですね。

 

金本先生のセットを買ったのに、ちょっとおもしろそうな接骨院を見つけたので行ってみましたが、そこはそこで良かったです。でも、やはり保険がきかないのが痛すぎて、連続で通えそうにないです。

 

ブログを拝見し、もう一度金本先生の体操を、しっかりやろうと決意しました。

 

 

 

私がこちらの金本先生のプログラムに注目したのは、

 

やはり、自宅で毎日できるという部分にあります。

 

もちろん、世界で初めて自律神経失調症の治療法を開発した松井医師の病院に通い首の治療をしたり、

金本先生の整体院に通い、首の施術をしてもらうことがベストですが、すべての人が通えるわけではありません。

 

それに、こうした治療は、1回施術すればすぐに治るというものではなく、

継続して通う必要が出てきます。

 

ただでさえ、1回の施術料が約5000円の整体ですから、

私は毎回、1回の不調に5万円~6万円くらいのお金を使っています。

 

 

だったら、この金本先生のプログラムを購入して、

毎日自宅で、継続して首のメンテナンスをして自律神経を整えたほうが、

 

より安価で、健康を維持できるのではないかな?と思いました。

 

美容院でトリートメントしてもらう時もあるけど、毎日はお金もかかって大変だから、
毎日自宅で、髪のケアをするのと似ていますね。

 

 

自律神経については、またの機会に詳しく記事を書こうと思っていますが、
体全体を正常に機能させる非常に重要な神経ですよね。

 

私はパニック障害は克服しましたが、

少し無理をすると、やはり自律神経が乱れて軽い不調が起きるので、

 

日常のメンテナンスとして、こちらのプログラムを試してみたいと思います。

 


パニック障害・うつ病・自律神経失調症改善プログラム

 

 

もし、他にも、試されたことがある方がいらっしゃいましたら、ぜひ感想を聞かせて下さい!

 

 

 

パニック障害は心の病? 脳の病?

パニック障害は、心の病なのか? 脳の病なのか? と思う方がいるでしょう。

 

 

私は当初、心の病だと思っていました。

 

心療内科や精神科に行くことから考えて、心の病なのかな。と・・・。

 

 

でも闘病生活を続けていくうちに、脳の病ではないか?と思い、脳についても少しですが勉強しました。

 

 

 

Wikipediaによると、近年の研究では心の病ではなくて脳機能障害と扱われているとのことですので、脳の病なのかもしれません。

 

 

 

脳の病というとなんだかすごく大変そうと言いますか、大変な病気だと思いがちですが、

私は、心の病よりは大変ではないのではないか?と思ったりもします。

 

 

そもそも、心というものがどこに存在しているのか? 心の病なんてものはないのではないか? と思ったりもしますし、実際そうおっしゃっている方はいますよね。

 

 

すべては脳の作用と考えれば、脳の病ということになります。

 

 

223176_206091452754861_7404575_n

 

 

私は、パニック障害は交感神経の暴走と考えています。

 

 

何らかの原因で、交感神経のスイッチがオンになってしまう。

 

すると、動悸・息切れ・吐き気・めまいなど、交感神経が過剰になった時の症状が体に現れます。

 

 

MAXの状態が、このまま死ぬのではないか?という状態です。

 

 

 

おそらく、パニック障害の方は交感神経が過剰になるような生活をこれまで送ってきたのではないでしょうか。

 

少なくとも私は、心当たりがあります。

 

 

交感神経が過剰になるというのは、緊張・不安・集中など戦闘態勢のような状態を言います。

 

 

逆に、副交感神経が優位になるというのは、ぼぉ~とした状態・リラックスした状態・ほんわかした状態を言います。

 

 

交感神経と副交感神経のバランスがとれているのが健康な状態で、このバランスが崩れると、様々な病気が発現します。

 

 

 

パニック障害の方は、自分が交感神経が優位になりやすいとまずは自覚しましょう!

 

 

そして、副交感神経をもう少し優位にするように、意識してみましょう!

 

 

副交感神経を優位にするのは、

ぬるめのお湯に浸かったり、気持ちが良いマッサージを受けたり、ぼぉ~っとリラックスした状態を作ることです。

 

 

 

副交感神経を優位にする方法は、他にも思い出しましたら、またメルマガでお知らせしたいと思います。

 

 

次回は、6月10日(月)18時更新です。

 

パニック障害と背中の痛み ~自律神経と背中~

パニック障害の方で、背中が痛いという方は多いでしょう。
私もそうで、背中はいまだに痛いです。

 

パニック障害の方は、自律神経失調症も併発している方が少なくありません。
病院で診断はされていなくても、自律神経失調症のような症状がある方もいるでしょう。

パニック発作という症状が、交感神経が優位になって交感神経が緊張することによって起こる症状ですから、
自律神経のバランスが悪い方が多いかもしれません。

 

活動・緊張・ストレスなどを司る交感神経は、背中にあります。

背骨の左右に沿って、首からおしりまで流れています。

そうしますと、パニック障害と背中の痛みの関係はわかりますよね。

 

背中が凝っていたり、緊張していたり、姿勢が悪かったりすると、自律神経の流れがスムーズではなくなってしまいます。
すると、情報の伝達がうまくいかなくなってしまいますから、さまざまな不調が生じます。

 

 

 

215869_203527903011216_364506_n

 

 

 

パニック障害やうつ、自律神経失調症の方には、整体をおすすめしているのですが、
背中は自分では手が届きませんから、整体やマッサージでほぐしてもらうのは良いでしょう。

 

背中の緊張をとるために、シャワーなどを当てて背中を温めることも大事です。

 

 

また、脳と背中を繋いでいるに注目することも大事です。

 

首がこると、自律神経のバランスが崩れて、パニック障害・うつ・自律神経失調症などの不調の原因になるという説があります。

 

首と背中は繋がっていますし、大事な神経が通っていますから、
首の筋肉がこっていることで、背中が痛いのかもしれません。

 

 

 

首こりを解消することで、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服した!という話を聞き、
首こりとパニック障害・うつ・自律神経失調症の関係を全4回の連載にまとめました。

 

非常にたくさんの方から反響を頂きました。

 

背中の痛みにお悩みの方は、ぜひ!お読み下さい。

 

 

その不調、が原因かもしれません!

 

こちらから、全4回お読み頂けます。

 

1日30分、自宅で毎日できるパニック障害・うつ・自律神経失調症克服法

 

 

 

 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ