パニック障害と背中の痛み ~自律神経と背中~

パニック障害の方で、背中が痛いという方は多いでしょう。
私もそうで、背中はいまだに痛いです。

 

パニック障害の方は、自律神経失調症も併発している方が少なくありません。
病院で診断はされていなくても、自律神経失調症のような症状がある方もいるでしょう。

パニック発作という症状が、交感神経が優位になって交感神経が緊張することによって起こる症状ですから、
自律神経のバランスが悪い方が多いかもしれません。

 

活動・緊張・ストレスなどを司る交感神経は、背中にあります。

背骨の左右に沿って、首からおしりまで流れています。

そうしますと、パニック障害と背中の痛みの関係はわかりますよね。

 

背中が凝っていたり、緊張していたり、姿勢が悪かったりすると、自律神経の流れがスムーズではなくなってしまいます。
すると、情報の伝達がうまくいかなくなってしまいますから、さまざまな不調が生じます。

 

 

 

215869_203527903011216_364506_n

 

 

 

パニック障害やうつ、自律神経失調症の方には、整体をおすすめしているのですが、
背中は自分では手が届きませんから、整体やマッサージでほぐしてもらうのは良いでしょう。

 

背中の緊張をとるために、シャワーなどを当てて背中を温めることも大事です。

 

 

また、脳と背中を繋いでいるに注目することも大事です。

 

首がこると、自律神経のバランスが崩れて、パニック障害・うつ・自律神経失調症などの不調の原因になるという説があります。

 

首と背中は繋がっていますし、大事な神経が通っていますから、
首の筋肉がこっていることで、背中が痛いのかもしれません。

 

 

 

首こりを解消することで、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服した!という話を聞き、
首こりとパニック障害・うつ・自律神経失調症の関係を全4回の連載にまとめました。

 

非常にたくさんの方から反響を頂きました。

 

背中の痛みにお悩みの方は、ぜひ!お読み下さい。

 

 

その不調、が原因かもしれません!

 

こちらから、全4回お読み頂けます。

 

1日30分、自宅で毎日できるパニック障害・うつ・自律神経失調症克服法

 

 

 

「首の後ろを押す」と病気が治る レビュー



■内容■

日本で整形外科の医師をしていた後渡米し、ガンステッド・カイロプラクティックを学んだ著者は、西洋医学の医師でありながら、薬を使わず、手術をせずに、手を使うだけで、肩こり・腰痛・耳鳴り・めまいといった症状から関節リウマチ・ガン・心臓病・脳梗塞・アトピー・膠原病といった難病まで治療することができる。
パニック障害やうつなど心の病も治療できるそうで、自分で自宅で出来るマッサージの方法と、それに関する神経のお話。





感想

 

わかりやすい本です。


パニック障害の方は、首が凝っている方が多いです。
全身にはりめぐらされている神経は脳からの指令を体の各部分に伝える器官ですが、脳と体を繋いでいるのは、ズバリ!首です。
この本では、脳と体を繋ぐ第一頸椎の神経の流れを良くすれば、病気や症状の根本的な原因である神経のつまりがなくなり、健康になるという方法が紹介されています。
私も紹介されている方法を数日行ってみましたが、確かに体の具合が良くなりました。
(一時期は、浄化現象といって、下痢や鼻水、痰など体の中から不要な毒素が排出されました)




総合得点

 

90点


パニック障害の方・自律神経失調症の方に、オススメの本です。

パニック障害というと、どうしてもあの激しいパニック発作に意識が向いてしまうと思いますが、実際は、自律神経が乱れていたり体全体が歪んでいる場合があります。
整体やカイロプラクティックに行くのも良いと思いますが、やはり毎日自宅で行えるほうが効果も出やすいと思います。
まずは、首の第一頸椎を調整することから始めてみてはどうでしょうか?



おすすめの方

 

・パニック障害の方
・首が凝っている方
・自律神経失調症の方
・体がなんとなくだるい方
・肩や背中が凝っている方




詳細はこちら

 

【送料無料】「首の後ろを押す」と病気が治る [ 松久正 ]

 

 

●同じく首に注目している整体師の方が開発したプログラムは、こちら→
1日30分、自宅で毎日できるパニック障害・うつ・自律神経失調症克服法

 

 

幸せの定義

前回は、健康の定義についてお話しました。

 

今日は、幸せの定義についてお話したいと思います。

 

 

パニック障害を克服して、私が手に入れたものは健康と幸せでした。

 

幸せを手に入れたってことは、結婚したの? 子供ができたの? 玉の輿に乗ったの? 大きな家を建てたの?

 

幸せほど、よくわからないものはありません。

 

 

ちなみに私は、結婚して、もうすぐ子供も産まれますが、それが幸せだとは思っていません。

 

実際、結婚する数年前にパニック障害が落ち着きましたが、その時から私は幸せでした。

 

 

218106_203525503011456_301666_n

 

 

要は、幸せとは心の健康なんです。

 

 

自分の中の状態であって、外の状態は関係ありません。

 

 

だって、結婚してたって、子供がいたって、お金持ちだって、大きな家に住んでいたって・・・幸せではない人が世の中にはたくさんいるということを、私たちは知っています。

 

 

ただ、結婚していたり、子供がいたり、お金持ちだったりすると、自分の心の不幸から目を逸らしやすいということはあります。

 

 

病気で朝起きられない、家からも出られない、仕事も出来ない・・・そうした状態だと、嫌でも自分の不幸を感じてしまいます。

 

 

でも、一応結婚している、一応子供がいる、一応お金持ちであるという状態は、自分の不幸から目を逸らす手段が山ほどあるわけです。

 

 

 

体を整えて、健康な身体を手に入れたら、心の健康=幸せも手に入ります。

 

 

これは、本当です。

 

 

心身共に健康という言葉がありますが、心身共に健康だと下らないことは考えなくなるのです。

 

 

下らないことというのは、人と自分を比べたり、自分より裕福そうな人を羨んだり・・・という、どうでもいいことです。

 

 

今、下らないことを考えてしまうのは仕方がありません。

 

具合が悪いからです。

 

体のバランスが整っていないからです。

 

自分を責める必要はありません。

 

 

 

まずは、体を整えましょう!

 

体を整えるとは、自律神経を整えることです。

 

パニック障害の方は、交感神経が緊張しやすいということは何度も言いましたね。

 

 

交感神経と副交感神経のバランスがとれるように工夫しましょう。

 

 

そうすれば、自然と、幸せは心から湧いてきます。

 

 

健康と幸せは同時に手に入れることが出来るのです。

 

 

次回は、6月3日(月)18時更新です。

 

自律神経・内分泌・免疫の関係

自律神経・内分泌・免疫の間には、密接な関係があるそうです。

 

 

パニック障害を克服するには自律神経を整えることが大事だ!と気づいた私も、その後勉強をすすめることによって、内分泌・免疫を鍛えることも必要ではないか?と思い、いろいろと調べてみました。

 

ちなみに克服した後、一度だけ行った心療内科で自律神経と内分泌の検査をしてもらったのですが、数値的には異常はありませんでした。

数値的には異常はなくても不調がある場合は、自律神経・内分泌・免疫の関係にも注目すると良いでしょう。

 

 

自律神経についてはこちらのブログでも何回かお話していますが、活動・緊張・ストレスを司る交感神経と休息・修復・リラックスの副交感神経で成り立っています。

 

内分泌とは、簡単にいってしまえば、ホルモンのことですね。

このホルモンというのは非常に微量で作用しまして、ほんの少しホルモンのバランスが崩れるだけで病気になったりします。

なじみがあるのは、甲状腺・副腎・卵巣などでしょうか。

 

免疫というのは、 「自分と違う異物」を攻撃し、排除しようとする人間の体の防御システムのことです。

一旦ある病原菌に感染するとその病気に対する抵抗力ができ、次からはかかりにくくなることを言うそうです。

 

 

 

217092_203525299678143_4385160_n

 

 

 

自律神経の働きが改善すると内分泌・免疫の働きも向上するそうで、自律神経を整えることは、体全身の働きを向上させるのに非常に重要です。

 

 

以前から私は、添加物や保存料は出来るだけ避けたほうが良い・女性の場合は化粧品にも気をつけたほうが良いと書いていますが、

内分泌攪乱物質といって、環境中に存在する化学物質のうち生体にホルモン作用を起こしたり、逆にホルモン作用を阻害するものがありますから、要注意です。

 

 

免疫を高めるためには、まずは体を温めることです。

 

 

自律神経・内分泌・免疫については、これからもお話することになると思います。

 

 

 

 

「薬をやめる」と病気は治る レビュー



■内容■

ベストセラー「免疫革命」で有名な安保徹医師による具体的な病気の治し方。

現代医療による薬漬け対症療法から、免疫力に注目した根本的原因解決療法へと新たな視界を開く!

自律神経の仕組み・免疫力を上げて病気を治すコツをわかりやすく説明。





感想

 

非常にわかりやすい本です。


交感神経・副交感神経という自律神経の仕組みから、病気のメカニズム、ストレスがかかると体がどう反応するのか、その時私たちはどのように対処したら良いのかなど、病気が治る仕組みをとても丁寧に説明してくれています。

また、現代医療で安易に処方される薬について、薬の服用は一時的に症状を抑えることはできますが真の治癒はもたらさず、免疫力を高めることが病気を根本的治癒へと導くとおっしゃっています。
強い薬を使用すれば、その薬の成分自体がストレスとなる場合もあるそうで、処方薬を服用されている方には必読の書だと思います。



総合得点

 

98点


パニック障害の方には、オススメの本です。

パニック障害は交感神経が優位になり交感神経が緊張することにより、めまい・吐き気・動悸・死ぬかもしれない!という恐怖など、全身症状が表れます。
この本は、交感神経と副交感神経という自律神経の仕組みを丁寧に一からわかりやすく説明してくれていますし、処方された薬を飲むことによる交感神経への影響も記されています。




おすすめの方

 

・どうしてもパニック障害を治したい方。
・今飲んでいる薬を止めたい方。
・このまま薬を飲み続けても良いのだろうか?と不安な方。
・自律神経失調症の方。
・病気になるメカニズムを知りたい方。




詳細はこちら

 

「薬をやめる」と病気は治る



 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

テレビや雑誌に引っ張りだこの「精神科医」が監修

最短9分でパニック障害が改善!


自宅で出来る

『パニック障害改善プログラム』は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ