パニック障害と覚醒。

読者様からのメールです。

 

>パニックからの回復は「覚醒・アセンション」というように思うんです。

>パニックから回復された方の多くは、

>覚醒したかのように才能を発揮していく方も多いように思います。
とのことです。

 

 

 
覚醒・アセンションの正確な意味がわからなかったので、ちょっと調べてみました。

 

覚醒の基本的な意味は、目を覚ますこと・目が覚めること・迷いからさめ、過ちに気づくこと。

地道な努力や鍛錬の積み重ねによってではなく、何らかのきっかけによって突発的に潜在能力が引き出される現象。

のことを言うそうで、

きっかけは、強い恐怖や怒り、悲しみ、愛などの感情の変化・自身にはどうすることもできない危機的状況に直面・トラウマを克服する・瀕死状態。

などだそうです。

 

アセンションというのは、スピリチュアル用語ですかね。

(一応、軽く意味は知っていますが、今回は説明は省きます。)

 
 

208267_202415736455766_4025703_n

 
 

 
私は常々、パニック障害を克服したら最強になる!と言っていますが、

それは、そういうことかもしれません。

 

パニック障害で、皆さんが1番怖いのは「死ぬかもしれない!という恐怖」だと思います。

 

確かに、めまいがしたり吐き気がしたりするのも不快ですが、怖いわけではありませんよね。
怖い!不安だ!という感情が湧いてくるのは、

やはり、「死ぬかもしれない!」という発想があるからです。

 

 

考えてみて下さい。
(実際、死ぬかどうかは関係ありません。)

 

死ぬかもしれない!という状況になるというのは、ものすごい恐怖です。
例えば、火事とか事故とか、私も何度かヒヤリとした経験はありますが、

あれと同じ状況が、何度も何度も突然襲ってくるわけです。

 

これは、かなりの恐怖です。

 

 

人間にとって、「死」というものほど怖いものはありません。
おそらく、不安や恐怖といったマイナスの感情は、

そもそもは「死」というものから発生しているのだと思います。

 

例えば、どうしてライオンが怖いのでしょう。

吠えるから。追いかけてくるから。咬むから。

突き詰めていけば、咬まれて死ぬかもしれないから。ですよね。

 

そうしたことを日常的に、それも何年間も経験していれば、

克服した時には、相当強くなっていてもおかしくはありません。

 

上記の覚醒のきっかけで、

強い恐怖・自身にはどうすることもできない危機的状況に直面・トラウマを克服する・瀕死状態。

とありましたが、

まさに、パニック発作なんですよね。

 

トラウマを克服する。というのが、

パニック発作を克服する。予期不安を克服する。と同じだと思います。

 

 

「死」の恐怖から逃げずに対峙して、それを克服できたのなら、

それは、覚醒したような状態になってもまったくおかしい話ではないと思います。

 

だから私は、

パニック障害の方には、この病気を乗り越えた時に、素晴らしい可能性があるのではないか?

と思っていますし、

間違った処方などで薬漬けになってしまうのは、非常に勿体ないと思っています。

 

 

パニック障害と一生懸命

自分で言うのもヘンですが・・・。

よく、こんなにブログに書くことがあるなぁ~と、自分で少し感心します(笑)

 

 

でも、よくよく考えると、それだけ一生懸命パニック障害と闘ってきたんですよね。

というか、結果的に一生懸命になってしまったわけです。

 

 

一生懸命を辞書で引くと、「命がけで事に当たること」と書いてあります。

 

 

そもそも、パニック発作が死ぬかもしれない!という恐怖と闘うわけですから、

結果として、命がけでパニック発作と闘うことになるわけです。

 

 

怖いですよね!

めちゃくちゃ怖いですよね!

 

 

私は闘病中、誰も理解してくれませんでしたが、

本当に怖かったです。

 

 

216000_201627499867923_2086102_n

 

 

パニック発作というのは、脳の伝達物質が誤作動して、さまざまな症状を起こします。

 

動悸やめまい、吐き気など、身体面の症状もありますが、死ぬかもしれない!という精神的な症状がありますよね。

 

この「死ぬかもしれない!」という状況は、

本当に怖いと思います。

 

 

だって、

死ぬかもしれない! んですよ???

 

 

 

私は重症の時は、家から出ることができませんでした。

 

パニック発作が怖いというのもありますが、

「死ぬかもしれない!」という恐怖と闘うのに疲れ果ててしまっていたというかんじもします。

 

周りが理解してくれないことにも疲れていたかもしれません。

 

 

パニック障害や病気で、家でゆっくりしていたり、ゴロゴロしていると、怠けているように感じるとは思いますが、
一生懸命、パニック発作と闘っているのだと思います。

 

一生懸命取り組んだことというのは、

いつか必ず、結果が出るものだと私は思います。

 

 

少しずつ、ゆっくりと、です。

 

 

パニック障害の死ぬかもしれない!という恐怖

パニック障害で、1番厄介なのは、死ぬかもしれない!という恐怖だと思います。

吐き気・めまい・動悸など、急激に体を襲う症状ももちろん辛いですが、
それらは比較的我慢ができるというか、自分で冷静になだめることも可能だと思うのですが、
「死ぬかもしれない!」という恐怖に襲われた時は、完全に、自分を見失ってしまいます。

とにかく、怖いですよね。

 

パニック発作が生じるのは、交感神経が過剰に緊張して脳が誤作動して発動してしまっている。
ということは頭では理解できますが、実際にその状況になったら、どんな人でも相当な恐怖だと思います。

 

体に異常がなくパニック障害だと診断されている方なら、「実際に死ぬことはない」と言われていますが、

やはり、頭では理解できても、感情としては恐怖だと思います。

 

 

216253_202604223103584_2438493_n

 

 

「死ぬかもしれない!」という恐怖は、人間が持っている1番根源的な恐怖ですよね。

すべての人が、心の奥底には「死」への恐怖を持っています。

本来なら心の奥底に沈めてある「死」への恐怖が、心の表面に出てきてしまい、なおかつそれに捉われてしまうことを、「神経症」というそうですが、

パニック障害が、以前は「不安神経症」と呼ばれていたことを考えると納得することができます。

 

 

まずは、パニック発作を怖れる自分を責めないで下さい。

あれだけの発作を経験すれば、誰だって、怖い・・・と思ってしまうはずです。

また起きたらどうしよう・・・と思い、同じ場面に行くことを尻込みしてしまう。予期不安が起きてしまうのも、当たり前だと思います。

電車に乗れない自分・人込みに行けない自分・閉鎖空間にいられない自分。
そんな自分を責める必要はありません。

あなたが弱いわけではありません。

 

 

そうは言っても、自分を責めちゃうのがパニック障害の方なんですけどね。

自分を責める必要はありません。

 

 

 

死ぬかもしれない!という恐怖と自我の崩壊

パニック障害で最も厄介な症状として、死ぬかもしれない!という恐怖があります。

動悸や息苦しさ、発汗などと共に死ぬかもしれない恐怖は現れますから、肉体的に「死ぬかもしれない!」と思っているわけですが、今日は心の面から、この死ぬかもしれない!という恐怖を考えてみたいと思います。

 

 

人間の心には自我(エゴ)というものがありますが、

自我が崩壊するというのは、自分がこれまで見てきた世界・価値観、そうしたものでは理解できないものと接した時に起こります。

簡単にいえば、カルチャーショックでしょうか。頭をガーン!と殴られたようなかんじですかね。

 

すると心は、自分の自我を守るために防衛反応を起こします。怒ったり・イライラしたり・無反応になったり・拒否したりします。見て見ぬふりをしてしまうわけですね。

でもなぜか気になってしまったり、思い出すたびにドキドキしてしまったりしますよね。

 

 

たぶん人間は、その成長段階において、何度も自我を崩壊させて自分の世界を広げてきているのだと思うのですが、

どうしても自我を守りたい場合やある程度の年齢になると、それまで培ってきた自我を守りたい!という気持ちが強いと防衛反応が激しくなるのかもしれません。

 

 

 

208479_201936566503683_818407_n

 

 

 

最近の私の経験では、このブログを作るのにHTMLというものを書いたりしたのですが、それがアルファベットなんです。なのに、英文ではない。

それで少し頭が疲れてしまって、夜中眠れなかったり・明け方起きてしまったり・鬱っぽくなってしまいました。

要は、これまでの私が培ってきた頭では、アルファベットが並んでいると英文として読もうという気持ちになります。でも、英文ではないので、頭が混乱してしまうわけです。

それに気づいた私は、まずは、これは英文ではない!としっかり自分に言い聞かせて、headとかbodyという文字を目にするとついつい日本語にしてしまうのを止めました。

同じアルファベットでも、今まで自分が接してきた英文の世界ではなく、HTMLというまったく違う世界なんだ!と自分で意識することによって、自我の崩壊を防いだといえます。

(まぁ、この程度で崩壊する人はいないと思いますが・・・)

 

 

ある程度のお年寄りは仕方がないとは思いますが、若い方の場合は、自我を崩壊させて新しい世界を発見したほうがより豊かな人生を歩めるように思います。

しかし、これまで自分が培ってきた自我を壊すというのは、ものすごく怖いことです。

私も、出来ればあまりやりたくはありません。

 

 

先日、スラムドッグ$ミリオネアという映画をテレビで見たのですが、その時も次の日は少し鬱っぽくなってしまいました。

スラムというものの存在は知っていましたし、日本よりもはるかに過酷な環境に身を置いている人は世界にはたくさんいることは承知していたつもりだったのですが、やはりショックだったようで眠れなくなってしまいました。

フィクションである映画でそれですから、ノンフィクションや実際に現地に訪れたりしたら、もっとショックを受けるでしょう。弱い人間です。。。

 

 

自我が崩壊するということは自分の世界も崩壊するということですから、ものすごい恐怖ではあるのですが、一時期なショック状態を過ぎてしまえば、また新たな素晴らしい世界と出会えます。

新しい世界のほうが幅が広がっていますから、より豊かな世界になっているはずです。

 

 

死ぬかもしれない!と怖がっているよりも、人間はどうせ死ぬ!と受け入れてしまうと恐怖はなくなるのですが、

心の死(自我の崩壊)もそれと同じで、何度も自我を崩壊させながら人間は人生を豊かにしていくと考えると、恐怖は少なくなるかもしれません。

 

 

簡単に言ってしまえば、絶対にありえない!なんてことは、ない。

そんなかんじでしょうか。

 

 

 

 

 

 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ