パニック障害とアロマ

先日、読者様からのメールで、

「パニック発作にはアロマが効くと聞いて始めたところ、

 加速度的に良くなっています」

というメールを頂きました。

 

どうやら、私のブログを見て、パニック発作にはアロマが効くと知ったわけではないようなので、

他にも、同じようにおっしゃっている方がいるようです。

 

 

私は約4年間の精神薬の服用後、

このまま薬を飲んでいても、良くならないな・・・と思いまして、

薬を止める決意をし、さまざまな代替療法を学びました。

 

薬を服用していた時から、気休めといいますかリラックスのためにアロマを焚いていたりしたので、

なんとなくアロマについて調べてみると、

ヨーロッパでは医師が処方したり、西洋薬が置いてある薬局に同じように置いてあったりするそうで、

その効能は広く知られているとのことでしたので、興味を持ちました。

 

 

208267_202415736455766_4025703_n

 

 

最初は、本当に気休めと言いますか、少しリラックスできたらいいな♪くらいだったのですが、

何本か揃えて、日常的に使用していくうちに、少しずつ、その効果を実感するようになりました。

 

香りというものは、鼻から吸い込みますよね。

すると、その香りは嗅覚を通して、脳に通じるわけです。

 

脳の神経が感じ取っているから、私たちは香りを感じることが出来るわけです。

 

ある意味、香りは脳にダイレクトに働きかけますから、

逆にいえば、悪いように作用してしまうこともあるわけです。

 

リラックスというよりも、リフレッシュの作用の強いものを夜使用すると、

本当に眠れなくなってしまいます。

 

 

なので、
初心者の方は、店頭でお店の人にアドバイスを頂いてから購入したほうが良いと思いますし、

本などでその効能を確かめて、ネットで購入するのも良いでしょう。

 

また、精油は1本ではなく数種類を混ぜて使用したほうが、相乗効果が現れると言われています。

相性の良い精油・悪い精油などもありますから、いろいろと勉強していくと面白いです。

 

 

とはいっても、

パニック発作が怖くてお店に行けない。お店の人とゆっくり話せない。という方もいると思いますので、

私のおすすめ一覧をご紹介しています。

 

健康と幸せを手に入れるために・・・私のおすすめ一覧

 

アロマは医薬品ではないので、すべての方に効果が出るわけではありません。

 

 

 

漢方薬と医食同源

パニック障害の闘病中、私がよく聞いた言葉は、

「慢性の体調不良には、漢方薬」  というものでした。

 

「西洋薬よりも漢方薬のほうが効き目が穏やかだから、慢性の体調不良には良いよ」といろんな知人に言われました。

 

当時通院していた精神科でも「漢方薬はないですか?」と聞いたことはありますが、どこの医師も処方はしてくれませんでした。

 

ただ、月経前症候群で通っていた産婦人科では、漢方を処方してくれて飲んでいた時期もあります。

 

その後、代替療法としてアロマに興味を持ち、アロマの勉強をしたりしたのですが、

ヨーロッパでは、病院がアロマを処方したり薬局に薬として売っていたりもするそうです。

 

 

ただ、今、こうして思いますと、

漢方薬もアロマも、やはり、毎日使うものではないな・・・と思います。

 

頓服といいますか、具合の悪い時だけ使う。

 

これが1番自然で、1番体にも良いのではないかと思います。

 

 

 

218106_203525503011456_301666_n

 

 

 

漢方薬といえば中国ですが、中国には昔から薬食同源思想という考え方があります。

 

医食同源と同じ意味ですが、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し治療しようとする考え方のことを言います。

 

古代中国では、医師を4つのランクに分けていて、

 

最高位が、食医。次が、疾医(今の内科系医師)。次は、瘍医(今の外科系医師)。4番目が、獣医でした。

 

皇帝も病気になった時だけ疾医から漢方薬などを処方されて飲み、それ以外の時は、疾医より位の高い食医が皇帝の食を管理していました。

 

当たり前ですよね。

どんなに素晴らしい皇帝であっても、食事に毒を盛られれば死んでしまいます。

 

食事を提供するということは、そのくらい責任の伴う重要な仕事です。

 

 

 

パニック障害を克服するために、やるべきことは何ですか? と聞かれれば、

 

とにかく、食の改善!と答えていますが、

 

これ以外に方法はないのではないか?と思います。

 

 

「食」と一言で言っても、ものすごく幅広いですし、日々忙しいですし、何から手をつけて良いかわからないとは思いますが、

何から手をつけたら良いかわからないから、何もしないというのは絶対に良くありません。

 

 

パニック障害の方なら、まずは、コーヒーをやめることです。

やめれないのなら、飲む頻度を減らすことです。

 

うつの方なら、白砂糖をやめてみましょう!

もちろん、100%やめることは難しいので、意識して減らす程度で良いんです。

 

 

私だって、コンビニ弁当を食べる時もありますし、ジャンクフードを食べる時もあります。

 

 

ただ、少しだけ、少しだけ意識するだけでも、積み重なると体は変わります。

 

そして不思議なことに、段々と不健康な食べ物は体が受け付けないようになってきます。

食べたい気持ちにならなくなってきます。

 

 

少しずつで良いですから、実践してみてほしいんです。

 

薬を毎日飲むよりも、長い目で見れば、確実に効果はあると思います。

 

 

 

次回は、8月12日(月)18時更新です。

 

 

アールグレイティー レビュー

 

 

■内容■

ベルガモットで柑橘系の香りをつけた紅茶で、フレーバーティーの一種。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想

 

ベルガモットの柑橘系の香りが、気分を前向きにしてくれます。

 

ベルガモットは、自然の抗うつ薬と呼ばれ、気分を前向きにしてくれると言われています。

ベルガモットで香りづけをされたアールグレイティーをうつな気分の朝に飲むと、香りと共に前向きな気持ちにさせてくれるでしょう。

 

 

総合得点

 

85点

 

カップから漂う香りで前向きに。

香りづけに使われているベルガモットは、精神安定作用のあるホルモンのバランスを調整する作用があると言われています。

 

 

おすすめの方

 

・うつな方

・不安感の強い方

・ストレスが溜まっている方

・朝、気分を前向きにしたい方

 

 

詳細はこちら

 

送料無料♪【◎まとめ買い!】アールグレイ(Earl Grey)カップ用△(サンカク)ティーバッグ …

 

 

薬を飲まずにパニック障害を克服する方法

先日、Twitterのフォロワーさんから、

「薬は飲みたくないのですが、何からするべきでしょうか?」

という質問を頂きました。

 

かなり詳しくお返事をしたので、こちらにもまとめたいと思います。

 

 

 

まず、

パニック障害は、心の病ではなく脳機能障害だという説があります。

 

セロトニンやノルアドレナリンといった脳内神経伝達物質の量や質がバランスを崩すことによって発症すると言われています。

 

SSRIという新型抗うつ薬のパキシルがパニック障害に適応すると言われていて、精神科や心療内科に行くと、パキシルを処方される方が多いようです。

 

従来のベンゾジアゼピン系抗不安薬を処方される方もいます。

 

その他の療法としては、認知行動療法が効果があると言われています。

 

 

 

これらをふまえた上で、

それでも薬は飲みたくない!という方に、私の闘病経験からのアドバイスをご紹介させて頂きます。

 

 

 

206432_203526583011348_240223_n

 

 

 

 

まず、外出時、電車・人込み・歯医者など、パニック発作が起きやすい場所に行く場合は、レスキューレメディまたはアロマの精油をハンカチに1滴垂らして携帯します。

 

パニック発作が起きそうになった時、それらを使用して発作を落ち着かせます。

 

アロマ精油は、私のおすすめはラベンダーとオレンジですが、人により合う・合わないがありますので、アロマのお店で店員さんに相談したり実際に香りを嗅いで自分に合う香りを見つけると良いでしょう。

 

・不安感が強い時におすすめの精油は・・・ベルガモット・クラリセージ・ネロリ・オレンジ・サンダルウッド・イランイラン・シダーウッド・ゼラニウム・フランキンセンス・ラベンダー

 

 

また、手軽にできるものとして爪もみ療法というものがありますので、小指の爪の先をマッサージし副交感神経を優位にします。

(パニック発作は交感神経が優位になることで起きるため)

 

 

これらについて、詳しい説明はこちら→電車に乗る時・歯医者に行く時・パニック発作が起きそうな時におすすめグッズ

 

 

 

また、日常的に体と心を整える方法としては、

 

・日光に当たる。

・ウォーキングをする。

・食生活に気をつける。

・発酵食品を食べる。コーヒー、白砂糖は止める。

・化学物質の摂取に気をつける。

・入浴を心がける。

・精神薬以外の薬もなるべく服用しないようにする。

・自然に触れる(森林浴など)

・陰気な人、マイナス思考の人に近づかない。

・パニック発作が起きた時のことではなく、大丈夫だった時のことを意識的に思い出す。

・人間は、いつかは必ず死ぬと腹をくくる。

 

などなど。

 

 

1番のおすすめは、食生活の改善です。

 

 

私たちの体は私たちが食べたもので出来ています。

 

それは、脳も同じです。

 

 

 

パニック発作が辛いと、どうしても、この辛い発作をどうにかしよう!という方向に気持ちが行くと思うので、とりあえず薬で・・・となると思いますが、

抜本的に治したいのなら、日常的に様々なことに取り組むしかないと思います。

 

時間はかかると思いますが、少しずつ効果は出てくると思います。

 

 

 

詳しい内容や理由に関しては、またこちらのブログで記事を書きたいと思います。

 

 

おすすめのアロマ使用法

第1位 アロマバス

 

体も温まり、精油の効果も!

 

体がリラックスすることで、精油の成分も浸透しやすくなる。

 

アロマバス:アロマ使用法

 

 

第2位 アロマポット、アロマディフューザー等

 

熱を加えることで精油の成分を拡散

 

スタンダードな使用法。

リラックスしたい時、就寝前など、部屋で使う場合に。

 

アロマポット、アロマディフューザー等:アロマ使用法

 

 

第3位 ハンカチ、ティッシュに垂らす

 

最も簡単で手軽な方法

 

アロマテラピー超初心者へ。

外出時のパニック発作対策にも。

 

ハンカチ、ティッシュに垂らす:アロマ使用法

 

 

1 / 3123
 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ