薬は病気を治さない!

薬では病気は治らない!というのは、最近はよく聞きますね。
 

これは、別に、驚くことでもなんでもなくて、当たり前のことですよね。

今日は、病気と薬の関係のお話です。

 

 

簡単なお話をします。

 

 

以前、虫歯がものすごく痛くなった私は、かかりつけの歯医者に行きました。

前日の夜中から痛くなり、ほとんど眠れないまま、朝一番で行ったのですが、 なんと! 先生が高熱で、急遽歯医者さんがお休みでした。

詳しいことは忘れましたが、 仕方がないので、次回の予約をし、その日は痛み止めをもらって帰ってきました。

家に着き、もらった痛み止めの薬を飲んで少しすると、歯が痛いのが収まりました。

 

 

さて、ここで問題です。

 

 

私の虫歯は治ったでしょうか?

答えは、わかりますよね。

 

 

治っていません。

薬を飲んだので、痛いのは治りましたが、虫歯は治っていません。

 

 

222033_206097529420920_3661866_n

 

 

こうした治療を、対症療法といいます。

症状を抑える療法です。

解熱剤なんかも同じですね。

解熱剤を飲むと熱は下がりますが、

そもそも熱を出している根本の問題は治ってはいません。

 

 

医師もそのつもりで処方していると思います。

 

 

時々、処方された薬で病気が治らないと、その医師を詐欺呼ばわりしてしまう人がいますが、 詐欺ではありません。

まあ、腕は良くないとは思いますが・・・。

 

 

医師は、患者さんも対症療法だということがわかった上で、薬を求めてきていると思っています。

患者さんは、医師が治してくれると思って、病院に行きます。

 

ここで誤解が生じているのですが、

医師は患者さんの無知に気づいていなかったりします。

 

 

たまに善良な医師がいて、
「薬は症状を抑えるだけで、根本的には治してくれない」
という話をしてくれる人もいます。

まあ、ほとんどいませんけれども…。

 

 

 

症状が激しい時は、薬で軽くするのが賢明でしょう。

何でもかんでも我慢すれば良いというものでもありません。

 

ただ、

薬は病気を、根本的には治してはくれない。
ということは覚えておいたほうが良いでしょう。

 

 

完治への道は、そこから始まると言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

薬は病気を治さない!

 

覚えておきましょう。

 

 

知らないでは済まされないクスリの話。

精神科や心療内科、メンタルクリニックに関して、わかりやすい動画を見つけました。

 

 

私は精神医療について、ここまで否定的ではありませんが、

多方面から考えることは重要でしょう。

 

 

 

 

パニック障害とパキシル

パニック障害の方で、パキシルを処方されている方は多いと思います。

それは、パキシルが適応症としてパニック障害が認められた国内初の薬であることから、パニック障害の方にパキシルを処方する医師が多いことと思われます。

 

私も一時期、飲んでいました。

 

 

このパキシルという薬・・・ネットではたくさんの悪評を読むことが出来ますね。

有名なのは、離脱症状の激しさとシャンビリと呼ばれる頭の中がシャンシャンすることでしょうか。

 

パキシルを服用して、パニック障害が治った!軽くなった!という方もたくさんいるんだと思います。

ただ、そうした方はわざわざネットに書き込まないでしょうし、私のブログを見に来ることも少ないと思いますので、

この記事は、パキシルを飲んでいるのだけど良くならない・副作用がキツイ・離脱症状がツライ・・・そういう方に向けての記事となります。

 

 

薬の詳しい作用や効能については私は医師ではないのでわかりませんので、詳しいことは医師に質問して下さい。

あくまでも、私がお話できるのは私の体験談です。

 

 

 

215030_203527519677921_7971607_n

 

 

 

 

まず、私がパキシルを処方されたのは、その地域でパニック障害治療の第一人者の医師がいる病院に行ったことでした。

 

それまで飲んでいた抗不安薬(こちらを処方していたのは、その地域で1番大きな精神病院の元院長だった医師)がベンゾジアゼピン系抗不安薬だったことから常用量依存があるとのことで、依存性のないSSRIに薬を替えたほうが良いとの説明を受けました。

常用量依存とは、その薬を治療効果の期待できる量で最も普通に使われた場合でも依存を起こしてしまうことを言います。医師から処方された通りに服用していても、依存を起こしてしまうということですね。

 

それは大変だ!ということで、当時(2003年)まだ新しかったSSRI(2000年認可)では依存は生じないということでしたので、パキシルに切り替えました。

 

 

服用して2週間で、手のふるえが起こりました。

また、常時ペットボトルを所持していないと耐えられないくらいの喉の渇きが起こりました。

また、手が異常に冷え、常にホッカイロか温かい飲み物のペットボトルを所持していました。

 

それまでも2年間精神薬を服用していたのですが、初めてその時、「薬の副作用では・・・?」という疑問が頭に浮かんだのですが、親類の医療関係者に聞いたところ「大丈夫」という答えでしたので、そのまま服用を続けました。

 

また、処方した医師に話したところ、「ベンゾジアゼピン系抗不安薬の離脱症状だ」という説明だったと思います。

 

とにかく、パニック障害にはパキシルが効くと聞いていましたので、治ることをひたすら願いそのまま服用していると、3か月後くらいには、なんともいえないだるさ・頭痛、そして、変な汗をかくようになりました。

 

この変な汗と先ほどの喉の渇きは、説明するのが難しいのですが、通常の汗や喉の渇きとは違うのです。
何とも気持ちが悪い。イメージですが、ヌメヌメした感じ(清潔さとはほど遠い)そういう感じでした。

 

この頃はもう、着替えるのも面倒になっていましたしお風呂に入るのも億劫だったので、夏なのに1週間くらいお風呂に入らなかったような気がします。

とにかくだるくて、起き上がっているのも面倒で、ゴロゴロしていました。

 

 

その後、服用して半年くらいでしょうか。

自殺衝動他殺衝動、暴力性、抑えきれないイライラなど、感情的にすさまじいことになりまして、医師に話すと、「パキシルが合わなそうだ」ということで、他のSSRI(ルボックス)に変更してもらいました。

 

この自殺衝動と他殺衝動、暴力性というのは、理屈ではなく、体の奥底から湧き上がってきてしまうので本当に危険な状態だったと思います。

自殺願望ではありません。自殺衝動なのです。

当時マンションの6階に住んでいたのですが、下の通りを通る車の音が聞こえるとマンションの窓から飛び降りたくなってしまうのです。
飛び降りたい!という衝動が体の中から湧き上がってきますが、自分の意識は飛び降りたくないため、ベッドにしがみついて耐えました。(起き上がらなければ、飛び降りることはありませんからね)

他殺衝動は、申し訳ないのですが父親に対して芽生え、「同じ家にいると、殺してしまいそうだ」と母親に訴え、一時期別の家に暮らしてもらったこともあります。

 

 

その後、あることがきっかけで薬を飲んでも病気は治らない!ということに気づき、薬を止めることにしました。

 

が、そこからが、本当の地獄でした。

 

離脱症状というものだと思いますが、
めまい・頭痛・吐き気・手足のしびれ・朝起きられない・夜眠れない。
不安・恐怖・マイナス思考・自殺願望・・・。

 

そして、シャンビリ。

 

シャンビリとは、パキシルの離脱症状として有名な症状で、脳の中でシャンシャンビリビリという音がするのです。

 

私の場合は、それが2週間ほど続きました。
頭の中でシャンシャンシャンという音がして、頭の中がビリビリビリ。
もちろん夜は眠れないし、脳の中から「薬!」「薬!」という声がするので、ベッドにしがみついて耐えました。

 

頭が割れるような頭痛がした日は、もうこのまま死んだとしても仕方がない!このまま気が狂ってしまっても仕方がない!と覚悟して寝ました。

 

それでも薬を飲まなかったのは、どうしても精神薬を止めたい!と思ったからです。

 

 

本当に死ぬほどつらい離脱症状は、約2週間。
まあまあつらい症状は、その後1ヶ月。
軽い不調は、その後、数年続きました。

 

正直、病気中の苦しさよりも、薬を飲むのを止めてからの苦しさのほうがつらかったと思います。

 

精神薬は一度飲むと止められないとよく言われるのは、この離脱症状のつらさに耐えられないからだと思います。本当に、キツイです。

 

 

※パキシルが効いた!という方も、もちろんいらっしゃいます。
 この記事は、あくまでも私個人の体験です。
 薬を止める・止めないは、主治医と相談の上、ご自分でご判断下さい。

 

 

 

私と同じように、パニック障害・うつ・自律神経失調症を経験されて、薬を飲んでも病気は治らない!という結論に至った整体師の方がいます。
パニック障害やうつ・自律神経失調症の本当の原因を突き止め、克服する方法を開発してくれました。

 

パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法についてはこちらの記事にまとめましたので、ぜひお読みください。

 

首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

 

 

 

パニック障害と漢方薬

以前買った本が出てきたので、少しまとめます。

 

ちなみに私はパニック障害の治療に漢方薬を飲んだことはなく、いろいろな人に勧められましたが、結局処方してくれる医師には出会えませんでした。

ただ、月経前症候群の治療に飲んでいたことはあります。

 

効果があったかどうかは・・・・・・正直、わかりません。

 

 

 

普段、私たちが病院・医師・医学という場合の医学とは、西洋医学ですよね。

 

現代ですと、体に不調が起きた場合には、ほとんどの方が西洋医学の病院に行くのではないでしょうか。

 

もちろん、違う方もいます。

私の知人にも、風邪になった場合にも西洋医学の病院ではなく整体に行くという人がいます。

 

 

西洋医学と東洋医学の違いは、

西洋医学は健康状態を数値で測る医学なんですよね。

 

私は肺炎で死にそうになった経験があるのですが、最初に行った病院で「異常なし!」と判断されたのは、炎症があると増えるはずの白血球の数値が異常ではないからという理由でした。

 

これに比べ、東洋医学は体を全体として診ます。

また、病気になる前の未病のうちに体の調子を整えることで、病気になりにくい体をつくっていくのが東洋医学の目的です。

 

どちらが良い・どちらが悪いということではなくて、

それぞれの長所と短所を自分の健康管理にうまく利用したら良いと思います。

 

 

東洋医学が好きな方からは何かと批判される西洋医学ですが、救急や怪我の場合には本当に必要な医学ですし、新生児医療にも必要な医学だと思います。

 

 

ただ、西洋医学では治らないのではないか?と思われるような病気も昨今は増えているように思いますので、予防医学なんていう言葉もありますが、東洋医学の考え方を取り入れて健康管理をすることも大事なことでしょう。

 

 

 

漢方薬のことだけではなくて、東洋医学の健康の捉え方はとても興味深いですし、パニック障害やうつ・自律神経失調症の方には非常に役立つものだと思います。

 

漢方ではパニック障害を、「気」や「血」の異常からくると考えるそうです。

 

 

東洋医学は奥が深く、なかなか面白いですよ。

 

 

 

次回は、8月26日(月)18時更新です。

 

 

 

 

精神薬との上手な付き合い方

パニック障害と闘うにあたり、精神薬との付き合い方は本当に難しい問題です。

 

このブログに訪問下さる方は精神薬を服用している方が多いのではないでしょうか。

 

 

私も以前は服用していました。

 

ベンゾジアゼピン系抗不安薬・三環系抗うつ薬・SSRIなどなど。

 

薬の具体名をあまり覚えていないのが残念なのですが、多い時では1日に50錠以上飲んでいた時もあります。

 

 

結局、SSRIであるパキシルとルボックスの副作用で本当に怖ろしい経験をして、私は薬を飲むのは止めよう!と決意したのですが、

薬を飲むことで症状が楽になることも確かですので、上手な付き合い方はないものかと少し考えてみました。

 

 

226097_206089172755089_6204525_n

 

 

私もそうでしたが、皆さんのお話を聞くと、心療内科や精神科では頓服でお薬を出すというよりも、毎食後・就寝前などに定期的に飲むように処方されることが多いようです。

 

たぶん、処方される薬がそのように服用することで効果を発揮するのでしょう。

 

 

また、うつなどでは、少し良くなったからと自己判断で止めてしまうと再発する恐れがあるので良くなっても少しの間服用しましょうなどとも言われます。

 

 

 

私は医師ではないので、薬に関しては専門的なことはわかりません。

 

基本的には、処方した医師の指示に従うのがベストだと思います。

 

 

 

ただ、薬を少しでも減らしたい! 薬を止めたい!という方が多いのも事実です。

 

 

 

そういう方はどうしたら良いか?

 

 

理想としては、発作が起きそうな時・発作が起きそうな場所に行く時にだけ頓服で薬を飲む。

これだと思います。

 

 

発作が苦しいのも事実ですし、薬によって症状が楽になるのも事実です。

 

いきなり薬を全部やめるのは困難でしょうから、安心のためにも、頓服で薬を持っていたら良いのではないかと思います。

 

そして、それを、かかりつけの医師に相談してみることです。

 

 

 

私も薬を止めたい!と決意してからは、医師に薬に対しての要望をはっきり言うようにしました。

 

それまでは、医師に言われるがまま、処方されるがまま飲んでいたのですが、

 

薬を止める!と決めてからは、

医師が毎食後・就寝前と処方しても「就寝前だけではダメですか?」「調子が良い日は、自分の判断で半分にしてはダメですか?」

などと、なるべく減らすことが出来るように、質問をしました。

 

 

 

おそらく、病気が本当に辛くて大変な時期は、薬を止めたい!という気持ちは湧いてこないと思います。

 

薬を止めたいなという気持ちが湧いてきたということは、少しずつ病気が回復してきたということでしょうから、医師に自分の要望を伝えてみても良いかもしれません。

 

 

 

薬は、薬にもなるし毒にもなりますから、上手に付き合っていきたいですね。

 

 

次回は、6月17日(月)18時更新です。

 

 

1 / 212
 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

テレビや雑誌に引っ張りだこの「精神科医」が監修

最短9分でパニック障害が改善!


自宅で出来る

『パニック障害改善プログラム』は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ