まずは頓服を目指したらどうでしょう。

Twitterやブログでコメントを下さる方で、

精神薬を飲んでいる自分を責めている方が、時々いらっしゃいます。

 

「早く、薬を飲まなくても良いようになりたい!」とか、「早く、薬を止めたい!」という気持ちはわかりますが、

「また薬が増えてしまいました・・・」とか、「毎食後、飲んでいます・・・」とか、

薬が増えたこと・薬を飲んでいることをマイナスに捉えているといいますか、なんとなく悪いことのように感じているのかな?と思う時があります。

 

処方されている以上に大量に精神薬を飲んでしまったり、過度に薬に依存してしまうのはあまりおすすめできませんが、

普通に処方されている通りに飲んでいる分には、

そんなに自分を責めなくても良いのではないかなぁ~。と思ったりします。

 

 

そういう私も、なるべく薬は飲まないようにしたほうが良い!なんてブログで言っていますから、薬を服用している方を責めているように感じる方もいらっしゃると思います。
(実際、時々反論など頂きますし・・・)

 

ただ、今、飲まなくてはならない状態なのに、その今の状態を責めたりマイナスに考えるのは、精神衛生上あまりよくありません。 

 

嫌だ、嫌だと思いながら飲むよりも、

これを飲むことでよりよい生活を送ろう!と思うほうが、体に与える影響もプラスになるのでは?なんて思います。

 

 

208479_201936566503683_818407_n

 

 

ただ、何度も言いますが、私が経験して思うことは、

 

・病気の症状なのか薬の副作用なのか、よくわからない場合がある。

・薬を服用したことで、悪化したのではないか?と考えられるような場合がある。

・同じ症状でも、もっと軽い薬を処方する医師もいる。

 

こうした場合があるので、ただ盲目的に服用するのではなくて、

ある程度自分で知識をつけて、自分で判断したほうが良いでしょう。

 

信頼できる医師を見つけることも、結局は自分の判断ですよね。

 

 

 

私も一時期は、1日に50錠以上精神薬を服用していた時期がありました。

 

今はまったく服用していませんが、

50錠以上から、いっきに0錠になったわけではなく、段階的に少しずつ少しずつ良くなってきましたから、

今、薬を服用している自分を責めたりしないで、少しずつ量が減るように、少しずつ軽い薬に変わるように、

 

 

そして、最終的には、頓服を目指したら良いのではないでしょうか?

 

 

頓服で大丈夫な状態になったら、パニック障害は克服したようなものだと思います。

 

自分で判断して、必要な時だけ薬の力を借りれば良いわけですから。

 

 

 

精神薬=悪 とか、薬を飲んでいる自分はダメだ・・・とか思う必要はまったくありません。

 

 

パニック障害と腸の関係

パニック障害は、脳の神経伝達物質のバランスが崩れることで発症すると言われています。

交感神経が過剰に優位になることも原因のひとつです。
また、首が凝っていて、神経がつまっていることが原因という説もあります。

 

今日は、もう一つ。
パニック障害は腸が原因だった!というお話をしたいと思います。

 

 

最近は「腸は第二の脳」などと言って、腸の重要性が言われていますよね。

血液でさえも、腸で造られるなどという説もあるようです。

 

腸は、私たちが食べたものを吸収する部位ですから、

重要であることは確かです。

 

腸が綺麗で、私たちが食べたものがそのまま吸収されれば、

良質な栄養が血液となって、全身を回りますが、

腸の中が汚くて溜まっていれば、

私たちが食べたものの吸収も悪くなりますし、

何より、腐敗した栄養が血液となって、全身を回ってしまいます。

 

脳も、体の一部ですから、血液で動いていることを考えると、

良質な血液を脳に送ってあげるのが、脳の健康にとって1番良いことでしょう。

 

そうした観点から、便秘の解消というのはとても大切な問題です。

 

苦しくなるくらいの便秘は、誰しもが解消しなくては!と思うと思いますが、

ちょっとの便秘、それも慢性化してしまうと、

ま、いつものことだし。と放置してしまう方もいるのではないでしょうか。

 

 

215030_203527519677921_7971607_n

 

 

便秘は万病の元です。

 

腸を綺麗にすることは、血液を綺麗にすることですから、

肌も綺麗になりますし、脳に良質な血液が回れば精神状態も良くなります。

 

人それぞれ、合う・合わないはあると思いますが、

私は、便秘対策として、

・バナナ
・プルーン
・セロリ
・リンゴ

などを食べるようにしています。

 
最近便秘がちだな・・・と思ったら、セロリ。

バナナは毎朝、食べるようにしています。

 

「パニック障害、うつ病は腸のバイ菌が原因」

という本があるのですが、近くの図書館にないんですよね。。。
近いうちに取り寄せて、また皆さんにご紹介したいと思います。

 
対症療法(薬物療法)だけではなく、

いろいろな角度から、自分の不調を考えることは大事です。

 

パニック障害と闘うために必要なこと

敵を知り、己を知れば、百戦危うからず という言葉がありますが、

 

敵の実力を見極め、己の実力を客観的に判断して敵と戦えば、100戦したところで、危機に陥るようなことはない。

という意味だそうです。

 

これを、パニック障害の闘病に置き換えると、

パニック障害という病気を知り、自分の体・心というものを知れば、100回発作が起きたところで、怖がることはない。

 

そんな風に置き換えることができると思います。

 

 

パニック発作は、どうして起きるのか?

パニック障害に有効と言われている療法は何ですか?

パニック障害の方が摂取しないほうが良いと言われているものは何ですか?

今服用している薬には、どのような副作用があると言われていますか?

 

これらの質問に、すぐに答えることはできますか?

 

 

私は素人だからわかりません。では、済まされません。

 

 

なぜかと言えば、

パニック障害と闘うのはあなた!だからです。

 

パニック障害になっているのは、あなたの体です。

 

パニック発作が怖いと思うのは、あなたの心です。

 

 

222033_206097529420920_3661866_n

 

 

 

医師・カウンセラー・精神薬は、あくまでも補助役。

パニック障害と闘うあなたを手助けしてくれるものです。

 

 

まずは、知識の習得に励みましょう!

 

 

突然、めまい・吐き気・動悸・発汗・死ぬかもしれないという恐怖に襲われたときは、本当に怖かったことでしょう。

 

これは一体何だろう?

自分はどうなってしまうんだろうか?

どこか体でも悪いのだろうか?

 

でも、それが「パニック発作」というものだと知ってからは、少しだけ怖さは減っているはずです。

 

そして、パニック発作というものが交感神経が過剰に優位になることで生じるということを知れば、

これまた少しだけ、恐怖は減るはずです。

 

どこか体が悪いわけではない。

死ぬわけではない。とわかりますからね。

 

 

そして、交感神経が優位になるということは、自律神経のバランスをとれば良いということがわかれば、

少しずつ、自分がやるべきこともわかってきます。

 

 

ただただ突然の発作に怯えていた頃とは、心持ちが全然違います。

 

 

こうした基本的な努力をしないで、ただ早く治りたい!早く楽になりたい!と思っていても、なかなか良くはなりません。

 

 

パニック障害という病気を知ること。

自分の体と心という仕組みを知ること。

 

これらは、パニック障害と闘う上で、最低限必要なことだと思います。

 

 

パニック発作の時、救急車は呼ぶべきか?

パニック発作が起きた時、救急車を呼んでしまったことがある人はいるのではないでしょうか?

 

私は2回ほどあるのですが、

嘔吐恐怖の中、吐いてしまって、頭が真っ白になってパニックになった時と、書店の喫茶店でコーヒーを飲んだらパニック発作が起きてトイレの前で倒れ込んで痙攣にように震えてしまった時です。

 

運ぶベッド(名前がわかりません。すみません)みたいのに縛られて、震えないように、落ち着くようにと自分に言い聞かせるのですが、ブルブルガクガクしてしまって、発狂にはならないのですが発狂しそうな状態といいますか、よくわからない状態になってしまいました。

 

 

ただ、4軒目に通っていた総合病院の精神科の医師がその地域でのパニック障害の第一人者だったのですが、救急車は絶対に呼ばないように!という方針だったので、なるべく呼ばないように頑張りました。

 

救急車で運ばれるのもたいていその総合病院なので、後で怒られてもイヤだな・・・と思いまして。

 

 

 216000_201627499867923_2086102_n

 

 

パニック障害は発作の激しさに比べ、絶対に死ぬことはないと言われています。

 

動悸や不整脈があると怖いと思いますが、病院で検査をして心臓に異常なしと言われたのなら、やはりパニック発作で死ぬことはないと思います。

 

 

そうしたら、救急車は呼ばない!と決めて頑張ってみるという方法もあるかなと思います。

 

 

もちろん、本当の体調不良で死んでしまったら困りますから、自分で判断しなくてはなりませんが、

パニック発作で救急車を呼ぶ必要はないのかなと思ったりもします。

 

 

経験者としては、あのパニック発作の恐ろしさというのは十分理解していますので、絶対に呼ぶべきではない!とは私は言えません。

 

 

ただ、本当にパニック発作を克服したいのなら、やはり自分の力で克服するしかないと思いますので、救急車を呼べば安心するという状態では、やはり克服には遠いです。

 

 

 

あの恐ろしいパニック発作を一人で切り抜けた!という自信が、パニック発作なんて怖くない!という状態に導いてくれるのだと思います。

 

 

絶対に救急車は呼ぶな!とは言いませんが、
呼ばないで頑張ろう!くらいの心構えは大切だと思います。

 

 

月経の前だけうつ病になってしまう女性たち レビュー

 

 

■内容■

最近になって、PMS(月経前症候群)だと思われていた人の一部に、月経前にうつ病のような重い精神症状を起こす方がいることがわかりました。
月経前不快気分障害(PMDD)についての本。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想

 

基礎知識から、どうしたら信頼できる医師が探せるか?まで

 

PMS(月経前症候群)はよく知られていると思いますが、もっと重い精神症状が現れるPMDD(月経前不快気分障害)に関する本です。
医師にもまだあまり知られていないそうで、他の病気(うつ病・躁うつ病・パニック障害・統合失調症など)と間違えられていることも多いそうです。

 

 

総合得点

 

90点

 

月経前の不調に悩まされている女性へ。

月経前不快気分障害(PMDD)の基本的な説明・月経前症候群(PMS)うつ病との違い・治療法・Q&A・婦人科に行くべきか?精神科に行くべきか?
著者はパニック障害についての本も書いています。

 

 

おすすめの方

 

・月経前の不調に悩まされている女性
・PMS(月経前症候群)の方
・月経前にうつ病のような状態になる方
・パニック障害の方
・うつ病の方

 

 

詳細はこちら

 

月経の前だけうつ病になってしまう女性たち [ 山田和男 ]

 

 

 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ