首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

3回にわたり、首こりを解消することで、精神科・心療内科の治療では長年治らなかったパニック障害・うつ・自律神経失調症・不定愁訴というさまざまな不調が改善されるお話をしました。

 

首こりは万病のもと【第1回】
パニック障害・うつ・自律神経失調症と首のこり【第2回】
ストレス時代を生き抜くための首こり解消法【第3回】

 

パニック障害・うつ・自律神経失調症で苦しんでいた私が、精神薬を止めてから病気を克服するまでにとても良かったと思うものに、整体があります。

 

 

Twitterや以前のアメブロでも何度か整体をおすすめしているのですが、

 

体の歪みを整え、神経や気の流れを正常に戻すことは健康を維持するために非常に重要だと痛感しました。

 

 

それまでは体の具合が悪いと、すぐに通常の病院(西洋医学の病院)に通って薬を服用していたのですが、 整体で体の歪みを整えることが健康に良いと気づいてからは、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服した後も、体に不調を感じると整体に通うようになりました。

 

 

ただ、1度の施術で体の歪みが解消されることは少なく、何度か続けて通わなくてはなりません。

 

たいてい私は、最初の3日間は毎日通い、次から1日おき、2日おき、3日おきと間を空けて、10回~12回位は通います。

 

整体は保険が適応されないので1回の施術に5000円近くかかり、私の場合でも1回の不調に、5万円~6万円は費用がかかってしまいます。

 

 

整体が、パニック障害やうつ・自律神経失調症はもちろん、健康を維持するのにとても良いということはわかっているので、どうしても高くなってしまう費用がどうにかならないか・・・と思っていたところ、 ある整体師の方のサイトを見つけました。

 

 

その整体師の方(金本博明先生)も、 ご自身がうつ・自律神経失調症の症状に悩まされた経験があり、薬は病気を根本的には治さないと気づいてから、 あらゆる流派の整体法を始め、鍼灸・マッサージ・漢方・心理療法・認知療法・森田療法・自律訓練療法・カウンセリング・心理分析・呼吸法・サプリメントなどなど、さまざまなことを試してみたそうです。

 

7年間の試行錯誤の結果、辿り着いた答え・・・、

 

 

それは、

 

 

 

 

・首がこると交感神経が刺激されるため、パニック障害が起こる。

 

・首がこると副交感神経の働きが低下し、自律神経失調症が起こる。

 

・首がこると脳への血流も悪くなるため脳内の神経伝達物質の働きが低下し、うつ病になる。

 

 

これが、2000人以上のパニック障害・うつ・自律神経失調症の方を改善に導いた金本整体師の持論だそうです。

 

 

30年以上首の研究を続け、自律神経失調症の治療法を世界で初めて完成させた『首こりは万病のもと』の著者である脳神経外科医・松井孝嘉医師が至った結論と同じです。

 

 

金本先生の元には、全国から患者さんが来院しているそうですが、もちろん通うことができない方もいます。

 

 

そうした方のために、金本整体師がパニック障害・うつ・自律神経失調症改善プログラムを開発してくれました。

 

 

全206ページのテキストとDVD、そして頸椎の歪みを調整する美骨枕を使って、美骨マッサージ・美骨ストレッチを行うことで、 頭痛・動悸・不眠・倦怠感などの不定愁訴から、パニック障害・うつ・自律神経失調症などの辛い症状までが治まり、 病気で苦しむ前の状態にまで戻ることができるそうです。

 

また、こちらのプログラムは再発予防にもなり、日々の健康維持に役立つそうです。

 

 

002

 

 

早速購入し、試してみたところ・・・・・・。

 

 

まず、テキストが素晴らしい!!!

 

美骨枕を使って首の歪みを解消してパニック障害・うつ・自律神経失調症を克服することを中心として、

パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服するためにやるべきさまざまなことが解説されており、

金本先生自身、病気を経験されているので、病気で苦しんでいる方の状態をとてもよく理解されていて、とても読みやすい構成となっています。

 

テキストにもこの美骨枕を使ったストレッチの方法が書いてあるのですが、わかりづらい方のためにDVDで解説してくれています。

 

毎日30分行うのは大変かもしれませんが、DVDを見ながら、真似して行えばそんなには苦ではないと思います。

 

 

とにかく、テキストが素晴らしく、

私の約8年間の闘病生活の間、このテキストに書かれているようなことをすべて教えてくれる医師はいませんでしたし、整体にもずいぶん通いましたが、説明してくれる方はいませんでした。

 

その後、自分でいろいろと勉強し、
パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服するにはやるべきことがたくさんあるということがわかりましたが、私が何十冊(いや、百冊を超えるかも?)という本を読んで、自分で勉強して辿り着いた答えと同じことが、このテキストにはすべて書かれています。

 

やはり、経験し、なおかつ克服した人は、同じ答えに辿り着くのだな~と思いました。

 

 

 

枕は医療器具ではないので、すべての方に必ず効果が出るとは限らないようですが、

テキストを読むだけでも十分価値があると私は思いました。

 

 

 

闘病生活を経て、私が感じたのは、

健康を維持するためには、これを飲めば良い!とかこれをやれば良い!ということではなく、

毎日、自宅で、自分で行うことが非常に重要!ということです。

 

 

体も心も、結局は自分で作っていくしかありません。

 

 

自分で自分の体と心をメンテナンスする。

そのお手伝いをしてくれるプログラムだと思いました。

 

 

私もこの美骨枕を使ってストレッチをし、首に疲れを溜めないようにしたいと思います。

長時間PCを使ったりスマホを見ていたりしても、首が凝りますよね。

現代にうつが多いのは、そうした時間が増えたことも原因かもしれませんね。

 

 

パニック障害・うつ病・自律神経失調症改善プログラム

 

 

 

【読者様レビュー】首こりを解消して、パニック障害を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

先日、全4回にわたり連載しました「パニック障害・うつ・自律神経失調症と首こりの関係」

 

お読み頂けたでしょうか?

 

Twitterやメールなどで、たくさんの方から反響を頂き、

やはり、皆さん、パニック障害と首の関係について薄々気づいていたという方が多いようです。

 

経験から得られた感覚は大事ですよね!

 

現代人はPCに向かっての作業やデスクワークが多いので、首がこってしまう人が多いようです。

 

休職するまでになってしまった不調の原因がわかった!という方もいらっしゃいましたよ。

 

 

今日は、頂いた反響の中から、興味深かったものをご紹介したいと思います。

 

 

※全4回の連載をまだお読みでない方は、こちらからすべてお読み頂けます。
首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

 

 

 

タマネギマさんからのコメントです。

 

金本先生のセット、私昨年購入しました!

 

返金保証もついていますよね。私の場合、一時期調子が上がったのにまた不調になったのは、美骨枕は毎日使っているのですが、首こりを取る体操を今年に入ってからさぼり気味だったからかなとも思っています。

 

とにかく私の肩こりその他はもう20年以上の筋金入りなので、しっかりやった方がいいと思いました。

 

ちなみに、金本先生もおっしゃっているのですが、枕がいくらストレートネックなどの矯正に効果があるからと言って、いきなり長時間使うと陽転反応と言うか、調子が悪くなることがあるようです。私もうっかり、そのまま朝まで寝てしまったことがありますが、余程慣れてこない限りは先生のご説明通りやった方がいいようで、やや調子が落ちる日もありました。

 

多分、軽度の人やもう寛解している方がメンテナンスで行うなら、効果は早いと思います。重症の人は根気がいると思いますが、基本「筋弛緩法」の動きに似ていますので、とっつきやすく、継続は力なりですね。

 

金本先生のセットを買ったのに、ちょっとおもしろそうな接骨院を見つけたので行ってみましたが、そこはそこで良かったです。でも、やはり保険がきかないのが痛すぎて、連続で通えそうにないです。

 

ブログを拝見し、もう一度金本先生の体操を、しっかりやろうと決意しました。

 

 

 

私がこちらの金本先生のプログラムに注目したのは、

 

やはり、自宅で毎日できるという部分にあります。

 

もちろん、世界で初めて自律神経失調症の治療法を開発した松井医師の病院に通い首の治療をしたり、

金本先生の整体院に通い、首の施術をしてもらうことがベストですが、すべての人が通えるわけではありません。

 

それに、こうした治療は、1回施術すればすぐに治るというものではなく、

継続して通う必要が出てきます。

 

ただでさえ、1回の施術料が約5000円の整体ですから、

私は毎回、1回の不調に5万円~6万円くらいのお金を使っています。

 

 

だったら、この金本先生のプログラムを購入して、

毎日自宅で、継続して首のメンテナンスをして自律神経を整えたほうが、

 

より安価で、健康を維持できるのではないかな?と思いました。

 

美容院でトリートメントしてもらう時もあるけど、毎日はお金もかかって大変だから、
毎日自宅で、髪のケアをするのと似ていますね。

 

 

自律神経については、またの機会に詳しく記事を書こうと思っていますが、
体全体を正常に機能させる非常に重要な神経ですよね。

 

私はパニック障害は克服しましたが、

少し無理をすると、やはり自律神経が乱れて軽い不調が起きるので、

 

日常のメンテナンスとして、こちらのプログラムを試してみたいと思います。

 


パニック障害・うつ病・自律神経失調症改善プログラム

 

 

もし、他にも、試されたことがある方がいらっしゃいましたら、ぜひ感想を聞かせて下さい!

 

 

 

パニック障害と背中の痛み ~自律神経と背中~

パニック障害の方で、背中が痛いという方は多いでしょう。
私もそうで、背中はいまだに痛いです。

 

パニック障害の方は、自律神経失調症も併発している方が少なくありません。
病院で診断はされていなくても、自律神経失調症のような症状がある方もいるでしょう。

パニック発作という症状が、交感神経が優位になって交感神経が緊張することによって起こる症状ですから、
自律神経のバランスが悪い方が多いかもしれません。

 

活動・緊張・ストレスなどを司る交感神経は、背中にあります。

背骨の左右に沿って、首からおしりまで流れています。

そうしますと、パニック障害と背中の痛みの関係はわかりますよね。

 

背中が凝っていたり、緊張していたり、姿勢が悪かったりすると、自律神経の流れがスムーズではなくなってしまいます。
すると、情報の伝達がうまくいかなくなってしまいますから、さまざまな不調が生じます。

 

 

 

215869_203527903011216_364506_n

 

 

 

パニック障害やうつ、自律神経失調症の方には、整体をおすすめしているのですが、
背中は自分では手が届きませんから、整体やマッサージでほぐしてもらうのは良いでしょう。

 

背中の緊張をとるために、シャワーなどを当てて背中を温めることも大事です。

 

 

また、脳と背中を繋いでいるに注目することも大事です。

 

首がこると、自律神経のバランスが崩れて、パニック障害・うつ・自律神経失調症などの不調の原因になるという説があります。

 

首と背中は繋がっていますし、大事な神経が通っていますから、
首の筋肉がこっていることで、背中が痛いのかもしれません。

 

 

 

首こりを解消することで、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服した!という話を聞き、
首こりとパニック障害・うつ・自律神経失調症の関係を全4回の連載にまとめました。

 

非常にたくさんの方から反響を頂きました。

 

背中の痛みにお悩みの方は、ぜひ!お読み下さい。

 

 

その不調、が原因かもしれません!

 

こちらから、全4回お読み頂けます。

 

1日30分、自宅で毎日できるパニック障害・うつ・自律神経失調症克服法

 

 

 

ストレス時代を生き抜くための首こり解消法【第3回】

前回、前々回と首の疲労が副交感神経の働きを抑え、さまざまな不調を招いているというお話をしました。

 

首こりは万病のもと【第1回】
パニック障害・うつ・自律神経失調症と首のこり【第2回】

 

 

自律神経というものは私たちの体の生命を維持している神経ですが、環境の変化・不測の事態にすみやかに対応するための神経システムでもあります。

 

自分にとって大変な状況の変化に見舞われた時、速やかに反応して対応することができる順応力や適応力を司っているのが自律神経システムです。

 

 

これからというのは、何が起きるかわからない時代です。

 

 

どんな時代の変化にも速やかに反応していくためには、自律神経を整える・正常に保つことが重要でしょう。

 

そのためには、首。

 

知らず知らずのうちに溜め込んでいる首の疲労をしっかりととり、首こりを解消することで副交感神経を正常に働かせ、
さまざまなストレスから身を守る「生きる力」を獲得しましょう!

 

 

副交感神経は私たちに幸せをもたらす神経です。

 

 

首のこりを解消し副交感神経を正常に働かせることにより、精神科や心療内科では治らなかったパニック障害やうつ、何年も悩まされた自律神経失調症や不定愁訴が治っています。

 

松井孝嘉著『首こりは万病のもと』の中には書かれていませんでしたが、
パニック障害の方に多いヒステリー球も、首こりと関係があるのでは?と私は思っています。

 

 

では、首のこりを解消するためにどうしたら良いのでしょうか?

 

もちろん、『首こりは万病のもと』の著者である松井孝嘉医師の病院に通うことができれば、そこで治療して頂くことができるでしょうが、
すべての方が通えるわけではないと思いますので、有効な首こり解消法を探してみました。

 

 

首こり解消法

 

1、首を休ませる

 

2、首を温める

 

3、首のストレッチ

 

 

一つ一つ解説していきます。

 

 

<1、首を休ませる>

 

人間の首は、頭と体を繋いでいるというだけではなく、脳から体に繋がっている神経や動脈・静脈などの大事な血管がすべて通っている、いわば命の要所です。

 

人の頭の重さは約4~6kg。
デスクワークやパソコン作業など、うつむくだけでその約3倍もの負荷が首にかかります。

 

 

まずは、首を休ませることが大事です。

 

 

1日8時間は、低い枕で横になりましょう。

 

睡眠をとらなくても結構です。
横になって本を読んだり音楽を聴いたりするだけでも、首を休ませることができます。

 

その時、なるべく低い枕を使用すると良いでしょう。

 

 

<2、首を温める>

 

首には、脳から体に繋がっている神経や動脈・静脈などの大事な血管がすべて通っています。

 

首が冷えると、神経や血液の流れが悪くなって、スムーズに全身に流れていきません。

 

また、首が冷えると首の筋肉が固くなりますから、首のこりに繋がります。

 

 

冬でしたら、首が寒風にさらされないようマフラーを巻く。

 

夏も意識して、首を冷やさないようにしましょう。

 

 

気をつけたいのは、入浴後の濡れた髪です。

 

入浴後、髪が濡れたままでいますと、頭皮だけではなく首も冷えます。

 

なるべく早めにドライヤーで温めましょう。

その際に、ドライヤーで首を温めても良いですね。

 

 

入浴する際は半身浴ではなく、首までしっかり浸かりましょう。

 

ホットタオルを首に巻いても良いですね。

 

とにかく、首を冷やさないように気をつけましょう!

 

 

<3、首のストレッチ>

 

デスクワークやパソコン作業のように、一つに姿勢を長時間とっていると、首の筋肉が固定し血流が悪くなり、首のこりに繋がります。

 

デスクワークやパソコン作業の多い方は、15分に1度は首を動かしましょう。

 

オフィスですとなかなか大きな運動はできないと思いますので、少し首や肩を動かす程度で大丈夫です。

 

 

帰宅したら、ラジオ体操小学校の体育の授業でやったような首の体操をしてみましょう。

 

 

とにかく、首を柔軟に保つことが大事です。

 

 

出来ることから始めましょう!

 

 

次回は、1日30分、自宅で毎日できるパニック障害・うつ・自律神経失調症克服法【最終章】です。

 

 

 

パニック障害・うつ・自律神経失調症と首のこり【第2回】

前回は、世界で初めて自律神経失調症の治療法を完成させた松井孝嘉医師の『首こりは万病のもと』という本を紹介しました。
(前回の記事→首こりは万病のもと【第1回】

 

 

今回は、もう少し詳しく、

パニック障害・うつ・自律神経失調症と首のこりの関係をお話したいと思います。

 

 

パニック障害と首のこり

 

パニック障害とは緊張・集中などを司る交感神経が過剰に優位になることで生じると考えられています。

 

電車や人ごみで突然起こるめまい・吐き気・発汗・死ぬかもしれないという恐怖などのパニック発作は、
交感神経が過剰に優位になったときに生じる症状です。

 

通常、精神科や心療内科で治療を受けるのですが、これらの科で施される薬物療法や心理療法では治らないことが非常に多いのです。

 

というのも、
パニック発作は「自律神経発作」と言っていいほど、自律神経失調症の不調からくる症状を主体としており、
ストレスなどの精神的な問題から引き起こされているものではないからです。

 

 

現在の医療では、交感神経が過剰に働いているとして交感神経の働きを抑える薬が投与されるのですが、
実は、副交感神経(交感神経とは逆の作用・リラックスさせる神経)を正常に働かせることが重要なのです。

 

 

首のこりという首の筋肉疲労を解消することで副交感神経が正常に働くようになり、何年かかっても症状がとれなかった患者さんの90%以上が松井医師の病院では完治しています。

 

 

うつと首のこり

 

本物のうつ病、正式には「大うつ病」といわれる精神疾患は精神科における専門治療が必要ですが、
最近では、仮面うつ・軽症うつ・新型うつといわれるうつが急増しています。

 

医学的に見て、本物のうつ病「大うつ病」の発症が急増することはそうは考えられないため、
昨今急増している仮面うつ・軽症うつ・新型うつは、明らかに大うつ病とは別ものだと考えることができます。

 

 

肩こりや腰痛はその部位に痛みが起こりますが、
首こりは首は痛くありませんが他の部位、不眠やめまいを始め自律神経失調症の症状や慢性疲労、精神症状なども起こります。

 

首疲労により首の筋肉がこり副交感神経が阻害され、その働きが鈍ることによって自律神経が失調をきたした状態が続くと、うつ・慢性疲労・パニック障害といった病気に進行し、精神科や心療内科に通院しても何年も治らないという人がたくさんいます。

 

 

ストレスという「精神的な原因」ではなく、首の筋肉疲労・首のこりという「肉体的な原因」を解決することにより、
精神科や心療内科で診断されたうつ・うつ病から回復された人がたくさんいます。

 

 

自律神経失調症と首のこり

 

自律神経とは、交感神経と副交感神経からなる生命を維持するうえで重要な体の機能をコントロールしている神経です。

 

交感神経は緊張・集中・興奮などストレスを感じると活発になり、副交感神経はリラックスしストレスがなくなると活発になります。

 

交感神経と副交感神経がバランス良く働いていると私達は健康で快適に暮らせるのですが、バランスが崩れると様々な不調が心身に現れます。

 

それを、自律神経失調症といいます。

 

 

現在の医療では、交感神経が過剰に働いているとみなし交感神経の働きを抑える薬が投与されるのですが、実は、副交感神経を正常に働かせることが重要です。

 

首がこっていると、ブレーキである副交感神経が働かなくなり、アクセルを踏みっぱなしの状態=交感神経が活動しっぱなしの状態になってしまうため、

首の筋肉異常→自律神経を圧迫→自律神経失調状態に陥ります。

 

不調は、まず身体症状に現れ、うつなどの精神症状は最後に現れます。

 

 

改善するためには、ブレーキである副交感神経をしっかりと機能させて体を休ませることが大事です。

 

 

副交感神経を正常に働かせるためには、首の筋肉疲労を取り除き、首のこりを解消することによって、
まずは精神症状が先に消え、続いて身体症状が消失していきます。

 

 

 

●首のこりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法については・・・、

 

首こりを解消して、パニック障害・うつ・自律神経失調症を克服する方法 ~1日30分、自宅で毎日できる!~

 

 

1 / 212
 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ