うつと冷えの関係

パニック障害になったばかりの頃は、「冷え」についてなんて、まったく考えなかったのですが、

薬を飲んでいても良くならないということに気づいてから、

健康になるための方法をたくさん勉強しました。

その中でも、「冷え」は、すごく重要な項目に思います。

 

冷えは万病の元

などと言って、女性は特に、「体を冷やしちゃいけない!」なんて言われたことがあるかもしれません。

 

冷え取り療法で有名な石原結寛先生という方は、うつも冷えが原因だ!とおっしゃっています。

 

確かに、

寒い時と暑い時期、どちらがうつっぽいか?と言ったら、寒い時期に思いますよね。

実際、北欧の日照時間の少ない地域はうつ病が多いと言われますし、

冬は、うつっぽい人が多いとも言われます。

 

また、

体温が下がると、人間は免疫力が下がるそうで、

風邪などをひきやすくなりますし、いろいろな不調が表れてきます。

 

 

226097_206089172755089_6204525_n

 

イメージですが、

寒い環境の中にいる時よりも、

ポカポカとした暖かな場所にいるほうが、

心もポカポカとしてきますよね。

南国に陽気な人が多いのも、それが理由かもしれません。

 

私は、闘病から得られた知恵として、

「入浴」を強くおすすめしますが、

それも、

血行を良くしたり、毒素を排出したりという理由もありますが、

1日に1度、体を温めるのは、パニック障害やうつ、自律神経失調症など、心の病にも有効だと思います。

 

パニック障害は、交感神経が優位になることで生じます。

 

交感神経が優位になるとは、

簡単に言ってしまえば、体がギューっと固くなるということです。

1日の終わりに、しっかりと湯船につかって入浴することで、

交感神経の逆、副交感神経(リラックスする神経です)を優位にして、

そのまま寝ることができれば、

日中のストレスも、少しは解消することができるでしょう!

 

冷え取りには、入浴以外にも日光浴や靴下、食事法など、いろいろと方法があります。

またの機会に、お話したいと思います。

 

うつな気分が治る食べ物、生き方 レビュー

 

 

■内容■

予約3年待ちの著者が、ストレッチなしの運動・食事方法・生活習慣など具体的な実践方法を紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想

 

非常に素晴らしい、うつに関して完璧な本です。

 

うつの原因から症状、西洋医学の対症療法から東洋医学の漢方まで。

うつを改善する食生活や生活習慣など、うつに関する情報がすべて詰まっています。

これ1冊あれば、うつを完璧にマスターできるでしょう。

 

 

 

総合得点

 

100点

 

うつな気分になるすべての方へ

うつの原因として、西洋医学では人間関係・過重労働・経済苦などのストレスが指摘されていますが、人間はこれまでも莫大なストレスの中で生きてきました。

ですが、近年はうつ病・神経症・統合失調症などの精神疾患が増加しています。

これはストレス以外の大きな要因が「うつ」には潜んでいるのではないか?と考えた著者が辿り着いたうつの原因とは・・・。

 

 

おすすめの方

 

・うつ病の方

・うつな気分になる方

・パニック障害の方

・冷え性の方

・自律神経失調症の方

 

 

詳細はこちら

 

【送料無料】うつな気分が治る食べ物、生き方 [ 石原結實 ]

 

 

 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

テレビや雑誌に引っ張りだこの「精神科医」が監修

最短9分でパニック障害が改善!


自宅で出来る

『パニック障害改善プログラム』は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ