精神薬との上手な付き合い方

パニック障害と闘うにあたり、精神薬との付き合い方は本当に難しい問題です。

 

このブログに訪問下さる方は精神薬を服用している方が多いのではないでしょうか。

 

 

私も以前は服用していました。

 

ベンゾジアゼピン系抗不安薬・三環系抗うつ薬・SSRIなどなど。

 

薬の具体名をあまり覚えていないのが残念なのですが、多い時では1日に50錠以上飲んでいた時もあります。

 

 

結局、SSRIであるパキシルとルボックスの副作用で本当に怖ろしい経験をして、私は薬を飲むのは止めよう!と決意したのですが、

薬を飲むことで症状が楽になることも確かですので、上手な付き合い方はないものかと少し考えてみました。

 

 

226097_206089172755089_6204525_n

 

 

私もそうでしたが、皆さんのお話を聞くと、心療内科や精神科では頓服でお薬を出すというよりも、毎食後・就寝前などに定期的に飲むように処方されることが多いようです。

 

たぶん、処方される薬がそのように服用することで効果を発揮するのでしょう。

 

 

また、うつなどでは、少し良くなったからと自己判断で止めてしまうと再発する恐れがあるので良くなっても少しの間服用しましょうなどとも言われます。

 

 

 

私は医師ではないので、薬に関しては専門的なことはわかりません。

 

基本的には、処方した医師の指示に従うのがベストだと思います。

 

 

 

ただ、薬を少しでも減らしたい! 薬を止めたい!という方が多いのも事実です。

 

 

 

そういう方はどうしたら良いか?

 

 

理想としては、発作が起きそうな時・発作が起きそうな場所に行く時にだけ頓服で薬を飲む。

これだと思います。

 

 

発作が苦しいのも事実ですし、薬によって症状が楽になるのも事実です。

 

いきなり薬を全部やめるのは困難でしょうから、安心のためにも、頓服で薬を持っていたら良いのではないかと思います。

 

そして、それを、かかりつけの医師に相談してみることです。

 

 

 

私も薬を止めたい!と決意してからは、医師に薬に対しての要望をはっきり言うようにしました。

 

それまでは、医師に言われるがまま、処方されるがまま飲んでいたのですが、

 

薬を止める!と決めてからは、

医師が毎食後・就寝前と処方しても「就寝前だけではダメですか?」「調子が良い日は、自分の判断で半分にしてはダメですか?」

などと、なるべく減らすことが出来るように、質問をしました。

 

 

 

おそらく、病気が本当に辛くて大変な時期は、薬を止めたい!という気持ちは湧いてこないと思います。

 

薬を止めたいなという気持ちが湧いてきたということは、少しずつ病気が回復してきたということでしょうから、医師に自分の要望を伝えてみても良いかもしれません。

 

 

 

薬は、薬にもなるし毒にもなりますから、上手に付き合っていきたいですね。

 

 

次回は、6月17日(月)18時更新です。

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
おすすめ克服法

テレビや雑誌に引っ張りだこの「精神科医」が監修

最短9分でパニック障害が改善!


自宅で出来る

『パニック障害改善プログラム』は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ