パニック障害と仕事

労働政策審議会が、企業などに新たに精神障害者の雇用を義務付けることが必要とする意見書をまとめた。という記事を読みました。

躁鬱病・統合失調症・てんかんなどと一緒に、パニック障害も入っていました。

 

近年、パニック障害は増加しているようで、周りにも少しずつ認知が広がってきたと思います。

パニック障害という病気が多くの人にどういう病気か?ということを知ってもらい、理解してもらうことは、パニック障害の方も生活がしやすくなることだとは思いますが、仕事に関しては、少し思うことがあります。

 

 

 

247001_214172958613377_6875158_n

 

 

 

まず、パニック障害が重症化してしまうと、「また起きたらどうしよう・・・」という予期不安が大きくなり、家から一歩も出られない・お風呂に入れない・美容院に行けないなどの状態に簡単になります。

私は、家から一歩も出られない・美容院に行けないという時期が1年半も続きました。

 

次に、外に出られるようになっても、スーパーのレジに並んでいられない・渋滞に耐えられない・人込みに耐えられない・電車に乗れないという状態がありますよね。

調子が良いと思って外出しても、コンビニのレジで突然ドキドキしてきて、急いで商品を棚に戻し店から飛び出してきたことなんて何回もあります。

同じパニック障害の人で、そのままカゴを置いて逃げてきたという人もいました。

 

 

また、パニック障害になる方は真面目で完璧主義の方が多いです。

仕事中にパニック発作が起きることが怖い・・・というよりも、、仕事中にパニック発作が起きて周りに迷惑をかけたらどうしよう・・・など、周りのことを考え、益々不安をつのらせる方もいます。

 

 

おそらく、パニック障害を抱えながら働くことが出来ている方はかなり状態は良い方で、

家から出られない・家族がいてくれないとパニック発作が起きるなど、深刻な方もたくさんいるのではないか?と思います。

 

 

1番良いのは、重症化する前に病院に行き、治療をしながら仕事を続けることです。

 

でも、すでに重症化してしまった・治療に専念しているといった方は、余計なことは考えないで、治療に専念したほうが良いと思います。

 

パニック障害になったという経験は、社会的な立場や仕事上の出世などには役立たないかもしれませんが、

他の面で、あなたの人生を豊かなものにし、また周りの人を豊かにする場合もあります。

 

 

少しずつ認知されてきたとはいえ、まだまだマイノリティですよね。。。

ネットがある時代に生きることができて、本当に良かったと思います。

 

 

 

 

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ