パニック障害と睡眠障害

パニック障害の方で、睡眠障害も抱えている方は多いのではないでしょうか?
 

私もパニック障害の間は、夜、まったく眠れず・・・そのまま朝を迎えるなんてことが

たびたびありました。
 

今、思い出すと、

初めて心療内科に通い、抗不安薬をもらってからですから、

おかしいといえばおかしいですね。
医師には「副作用で眠くなりますよ」と言われましたが、

最初は、どちらかというと冴えてしまう感じでした。

 

パニック障害は、脳の神経伝達物質のバランスが乱れて、
自律神経のバランスも乱れることで生じます
から、

睡眠も乱れてしまうのは仕方がないように思います。

 
 

うつを併発する方も多いと思うのですが、

うつになると、夜眠れないのに朝起きれなかったり、

昼間や夕方に急激に眠くなったり、

また、一度寝ると16時間くらい寝てしまったりと、

睡眠のリズムが狂ってしまいますよね。

 

私もこうした症状に悩まされ、ずいぶんと思い悩んだのですが、

途中で発想を変え、開き直ったことで少しだけ心が楽になりました。

 
 
216253_202604223103584_2438493_n
 
 

闘病中、働いていない時期もありましたから、

別に、昼間寝ていても差し障りはありません。
朝起きれなくても、16時間寝てしまっても、特に困ることはないわけです。
そうしたら、別に、寝ててもいいじゃないか!

と発想の転換をしました。
また、夜眠れないのも、

朝、どうしても起きなくてはならない用事もないわけですから、

別に、夜眠れなくてもいいじゃないか!

と開き直り、

眠れない・・・眠れない・・・と布団の中で鬱々とするのなら、

いっそのこと起きてしまって、楽しいことをしたほうが良いだろう!

と思い、

眠れない夜は、起きて、本を読んだりネットをしたりしていました。

 

あと、これは私も感覚なのですが、

やはり、うつの方いうのは、心が疲れています。
表面的にはわからなくても、心の奥のほうに精神的な疲労が溜まっています。
だから、たくさん寝てしまうのかな。と思いました。

 

疲れている時は、寝るのが1番です!

 

体が疲れてヘトヘトの時に、倒れこむように寝てしまう時ってありますよね。
それと同じで、精神がヘトヘトの時も、
まったく起き上がれないということがあってもおかしくありません。

 

パニック障害の方は、真面目な方が多いですから、

昼間から寝てしまう自分を責めてしまったりする場合もあると思いますが、

足を骨折して走れない人に、「走れ!」なんて言わないですよね。

それと同じです。
 

疲れている時は、寝て下さい。
 

それが、疲労回復の1番の方法だと思います。
 
 

 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
 
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ