パニック障害と覚醒。

読者様からのメールです。

 

>パニックからの回復は「覚醒・アセンション」というように思うんです。

>パニックから回復された方の多くは、

>覚醒したかのように才能を発揮していく方も多いように思います。
とのことです。

 

 

 
覚醒・アセンションの正確な意味がわからなかったので、ちょっと調べてみました。

 

覚醒の基本的な意味は、目を覚ますこと・目が覚めること・迷いからさめ、過ちに気づくこと。

地道な努力や鍛錬の積み重ねによってではなく、何らかのきっかけによって突発的に潜在能力が引き出される現象。

のことを言うそうで、

きっかけは、強い恐怖や怒り、悲しみ、愛などの感情の変化・自身にはどうすることもできない危機的状況に直面・トラウマを克服する・瀕死状態。

などだそうです。

 

アセンションというのは、スピリチュアル用語ですかね。

(一応、軽く意味は知っていますが、今回は説明は省きます。)

 
 

208267_202415736455766_4025703_n

 
 

 
私は常々、パニック障害を克服したら最強になる!と言っていますが、

それは、そういうことかもしれません。

 

パニック障害で、皆さんが1番怖いのは「死ぬかもしれない!という恐怖」だと思います。

 

確かに、めまいがしたり吐き気がしたりするのも不快ですが、怖いわけではありませんよね。
怖い!不安だ!という感情が湧いてくるのは、

やはり、「死ぬかもしれない!」という発想があるからです。

 

 

考えてみて下さい。
(実際、死ぬかどうかは関係ありません。)

 

死ぬかもしれない!という状況になるというのは、ものすごい恐怖です。
例えば、火事とか事故とか、私も何度かヒヤリとした経験はありますが、

あれと同じ状況が、何度も何度も突然襲ってくるわけです。

 

これは、かなりの恐怖です。

 

 

人間にとって、「死」というものほど怖いものはありません。
おそらく、不安や恐怖といったマイナスの感情は、

そもそもは「死」というものから発生しているのだと思います。

 

例えば、どうしてライオンが怖いのでしょう。

吠えるから。追いかけてくるから。咬むから。

突き詰めていけば、咬まれて死ぬかもしれないから。ですよね。

 

そうしたことを日常的に、それも何年間も経験していれば、

克服した時には、相当強くなっていてもおかしくはありません。

 

上記の覚醒のきっかけで、

強い恐怖・自身にはどうすることもできない危機的状況に直面・トラウマを克服する・瀕死状態。

とありましたが、

まさに、パニック発作なんですよね。

 

トラウマを克服する。というのが、

パニック発作を克服する。予期不安を克服する。と同じだと思います。

 

 

「死」の恐怖から逃げずに対峙して、それを克服できたのなら、

それは、覚醒したような状態になってもまったくおかしい話ではないと思います。

 

だから私は、

パニック障害の方には、この病気を乗り越えた時に、素晴らしい可能性があるのではないか?

と思っていますし、

間違った処方などで薬漬けになってしまうのは、非常に勿体ないと思っています。

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ