パニック障害とひきこもり

先日、とある質問サイトで、「ひきこもりの人のことが理解できない」という質問がありました。

 

「親や兄弟は、どうして許しているんだ!」

「ひきこもりなんて甘えだろう!」
 

そんなかんじの内容でした。
 
 

私は大学4年生の春から1年半、家から出られなかった時期があります。
 

予備校に通っていたときに始まったパニック障害が重症化し、

大学4年の春に、もう一人暮らしは無理だ・・・と思い地元で就職しようと思ったのですが、

就職活動中に、もう就職して働くのは無理だ・・・とにかく、もう無理だ・・・と思い、

心療内科に通い、そのまま家から出られなくなりました。

 

もしかしたら、もっと早く病院に行って適切な治療を受けていれば、

そんなに重症化せずに、ひきこもることもなく生活できたかもしれません。
 

でも、初めてバスの中でパニック発作に襲われてから、

何度も何度も起きるパニック発作。

めまい・吐き気・動悸・死ぬかもしれないという恐怖・・・。
 

自分の体で何が起きているのか?

どうして、今までは平気だった場所でこうなってしまうのか?
 

人ごみ・乗り物・歯医者・エレベーター・・・。
 

最後は、自分の家で寝ていても、パニック発作が起きるようになってしまいました。
 
 

あの頃の私のことを、「甘えてる!」と思っている人もいたと思います。
 
 

どうしたら、予期不安が解消し、家から出ることが出来るのか?

どうしたら、パニック発作が起きなくなるのか?

どうして、こんなに毎日24時間、体調が悪いのか?

どうして、自分だけこんなことになってしまったのか?
 

そんなことばかり頭の中をグルグル回って、

自分だけが苦しいような気がして、

身近な人に当たってしまったことも実際、あります。
 

おそらく、私に当たられた人は、

「学校も行かないで家で寝ているだけ。

 自分だけが苦しいと思ってる。甘えている」

そう思っていたことでしょう。
 

実際、口に出して言ってきた人もいました。

 
 

208267_202415736455766_4025703_n

 
 

今、パニック障害を克服し、元気になった私が、あの頃の自分をどう思うか?と言えば、

「甘えてる」

なんて、絶対に思いません!!!
 

元気な今よりも、

あの頃のほうが、はるかに大変ですし、

元気な今の苦しさなんて、どうってことはありません。
 

レベルが違います。
 

 

バスに乗れないんですよ?

電車に乗れないんですよ?

人がたくさんいる場所に行けないんですよ?

歯医者・美容院に行けないんですよ?
 

家から一歩も出られないんですよ???
 

あの恐怖の発作が、いつ起こるのか?と毎日ビクビクしているんですよ?
 
 

苦しいに決まってるじゃないですか!
 

大変に決まってるじゃないですか!
 
 

必死になって、自分の体・心の不調と闘っている人に、

表面的な部分だけを見て、

「甘えてる」

なんて、私は言えません。
 

 

もし、そうした人が、甘えてるように見えるとしたら、

甘えてるのではなくて、困っているんです。
 

どうしたら良いかわからなくて、困っている
 

自分でも、どうしたら良いかわからないんです。
 

 

経験したことのない人に限って、テキトーなアドバイスをしてきます。

「気晴らしに、外の空気でも吸ったら?」

「みんな辛いことを我慢して、それでも頑張っているんだよ!」

「親が死んだら、どうするの?」
 

そんな話ではないんです。
 

「じゃあ、この、体と心の不調を治して下さいよ!

そしたら、いくらでも外にも出るし、働くことだって出来ますよ!」
 

そう言いたいのですが、言う気力さえないのです。
 

どうせ、わかってくれないからね。。。
 
 

私がパニック障害と闘っていた頃は、

まだネットがこんなに発達してなかった(ブログもなかったと思います)ので、

経験者の方のお話を聞く機会なんて、まったくありませんでした。
 

周りに経験者もいませんでしたから、

ただただ一人で、壊れそうな体と心と毎日向き合っていました。
 

ブログが出来て、Twitterが出来て・・・。

同じように苦しんでいる人と、苦しさや辛さを共有できることは、

心を軽くしますよね。
 

経験者の話は、医師ではないので専門性には欠けますが、

少しは参考になると思います。
 

特に、

あまり外に出られない・家から出られないという状態にあるパニック障害の方にとって、

ネットはとても貴重なツールだと思うので・・・。

(私が重症のときは、1番の親友の子とお喋りするのにも、

 途中で発作が起きたらどうしよう・・・と思い、会うことも電話することも出来ませんでした)
 

確かに、明確な理由がない、ただの甘えたひきこもりの人もいるのかもしれません。

(私はいないと思いますが・・・)
 

でも、

ほとんどのひきこもりの人は、心が疲れ果てて・・・、体が疲れ果てて・・・。

もう、外に出る気力なんてない・・・そういう状態だと私は思います。
 

足が折れてる人に、走れ!というのは無理です。

脳梗塞で言葉がうまく話せなくなってしまった方に、「それは甘えだ!」なんて言うのでしょうか?
 
 

心は、目に見えません。

心の傷は、目に見えません。
 
 

心ない周りの言葉は上手にスルーして、

ゆっくり疲れをとって、傷を癒してくださいね。
 
 

少しずつ・少しずつ回復すれば良いのです。
 
 
 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール

未来@パニック障害を克服!

桜


約15年の闘病生活を経て、

パニック障害・うつ・自律神経失調症克服しました!

薬なし・発作なし・通院なしで、約8年となります。

闘病生活の中で役立った情報を紹介したいと思います。

ブログ村ランキング

アメブロ時代、

ブログ村・パニック障害人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・パニック障害注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村・うつ状態

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

人気ランキング

【第1位】

ブログ村


ブログ村自律神経失調症

注目記事ランキング

【第1位】

ブログ村

サイト内検索
メタ情報
おすすめ克服法

長年病院に通っても一向に回復しなかった人々が続々と回復!


パニック障害・うつ・自律神経失調症

本当の原因は、

⇒こちら!

おすすめグッズ

強いストレス・不安・緊張を感じる時に・・・

緊急用のフラワーエッセンス。

ブログ記事は、

⇒こちら!

おすすめ本

私はこの本を読んで、

薬を止めることを決意しました。

「薬をやめる」と

病気は治る。

カテゴリ一覧
未来@パニック障害を克服!
ブログ村ランキング

ページの先頭へ